ボランティア活動

Local Reportage 03

ボランティア活動でのリーダー経験を
小学校教員の仕事に活かしていく。

地域社会参加活動で「YMCA富山」のボランティア活動をスタートさせた斉藤さん。野外活動を通して子供たちと触れ合い、多くの経験値を積んできたよう。斉藤さんが夢中になっている活動についてうかがいました。

Reporter

子ども育成学部 小学校教育分野4年
斉藤 春菜さん

富山市生まれ。小学校教員を目指し富山国際大学へ。残りわずかな学生生活は友人との時間、何気ない日常の時間を大事に過ごしている。現在は1年後の教員最終試験に向けた勉強に打ち込み中!

ボランティア活動を始めたきっかけ

多岐にわたる活動内容と、
先輩の温かさが決め手に。

「地域社会参加活動という講義があり、ボランティア活動を行いながらそこで学んだことをプレゼンしレポート提出する課題が与えられたんです。ちょうど家の近くに『富山YMCA』があったので訪ねてみると、活動の種類も多く楽しそうに見えたので所属を決めました。先輩のみなさんが温かく出迎えてくれたのも嬉しかったですね。」

所属先での主な活動内容

野外活動を通して、
子供たちに自然と季節の楽しみ方を教える。

「活動内容は多岐に渡りますが、私は野外活動のリーダーとして主に海や川、公園といった季節を感じられる場所での遊びや活動の引率・指導、そしてメンタル的なサポートを行ってきました。キャンプをすることも多く、学校で学ぶことのできない野外での遊びや学びが子供たちにも私にとっても成長できる場になっていると感じています。」

印象に残っているできごと

スキーキャンプで、 子どもたちの頑張る姿にやりがいを感じた。

「冬のスキーキャンプで、子供たちに技術面でのサポートをする機会があったんです。なかなか滑ることのできない子供たちのやる気を損なわないよう励まし応援し、また怪我をしないようサポートしたりと気力、体力を使う活動でした。ただ、子供たちの楽しんでいる姿や頑張る姿を1日を通して見たときに、自分の中で大きなやりがいを感じられたんです。今でもスキーキャンプはとても良い思い出になっています。」

ボランティア活動で得られたこと

授業では教わらない、課外活動ならではの経験値を得られた。

「私は小学校の教員を目指していますが、課外活動で培ってきた経験は、授業では決して教えてもらえることではなかったと思っています。富山YMCAでの活動は、私が将来教員になれたとき、自分の授業の中で活かせられることを目標にしています。また自分に子供ができたときには、キャンプを一緒に楽しみたいですね。仕事でもプライベートでも活かしていける意味ある経験ができました。」

富山国際大学への進学を考えている人へ

挑戦することが、なりたい自分を見つける方法。

「時間はあっという間に過ぎていきます。なので、自分が今やりたいと思っていることや興味があることは進んでやってみることが本当に大切。その行動はお金では買えない経験値となり、自分の財産にもなっていきます。苦しいことや悩むこともありますが、必ず自分の将来に活きると信じて頑張ってほしいです!」

OtherReportage

その他の体験記

Special Contents

  1. ボランティア活動
大学案内等の資料請求はこちらから
資料請求
Translate »