Career Development
  1. インターンシップ

キャリア・就職

インターンシップ

本学においてインターンシップとは、「学生が在学中に自らの専攻、将来のキャリアに関連した就業体験を行うこと」を指し、事前に学生が取り組む課題を設定し、それに基づいて企業や各種機関において短期間の実習・研修を行う制度のことです。
インターンシップによって、実社会の職場で、どんなことが起こり、何を求められるかが実感できます。大学での学びを、本物のスキルに結び付けられる教育として重視しています。
インターンシップの申込手続き等について、詳しくは実施要領を確認してください。

インターンシップの大まかな流れ

4月

オリエンテーション・ガイダンス

6〜7月

事前研修

8~9月

【受入先実習・研修】

9~10月

事後研修

11月

インターンシップ学内報告会

海外でインターンシップ

夏休みや春休み期間中に、海外の事業所や開発関係のNGOなどで職場体験を行います。期間は2週間程度で、単位取得可能。事前研修、事後研修、報告会などがあり、異文化環境でコミュニケーション能力をフル稼働する体験は、就活で大きな力になります。2019年度はベトナムとカナダで実施し、3名の学生が参加しました。

受け入れ先(実績)

  • HIS(カナダ)
  • HIS、JTB(ベトナム)
  • 公益法人OISCA Thailand(タイ)
  • 南通東レ株式会社(中国)
Student’s Voice

学生の声

インターンシップ
鉄山 朋美現代社会学部 3年

なりたい職種の醍醐味を、
ダイレクトに感じられる。

3年次の夏にカーディーラーでの5日間インターンシップに参加しました。事前に大学のキャリア支援講座を受けていたので、安心して臨むことができました。インターンシップでは見積書の作成や営業同行も体験でき、営業職のやりがいを直に感じられた機会でした。

  1. インターンシップ
Translate »