1. 子ども育成学部

子ども育成学部

Faculty of Child Development & Education

子ども育成学科

呉羽キャンパス

  • 教育と福祉の
  • 両方を学べる
  • 全国でも希少な学部

子ども育成学部では、小学校教育、保育・幼児教育、社会福祉、
それぞれの分野における高い専門性と
その基盤となる優れた人間性を養います。

Child Development & Education

夢をかなえる3つの分野

子ども育成学部の3つの特長

01 複数の資格・免許取得が可能

– Feature

3つの分野から複数の資格・免許が取得で き、幅広い分野の知見を自分の専門分野で活 かすことができます。

02 地域とつながる実践的な学び

– Feature

子ども育成学部の学びのステージは、教室の中にとどまらず、地域社会とつながる実践的な学びを重視しています。

03 豊富な実習プログラム

– Feature

教育・保育・福祉の各分野の専門家になるために必要となる実地での実習プログラムを豊富に用意しています。

Acquire Skills
子ども育成学部で身につく力

乳幼児から児童期にかけての子どもを連続した発達主体として捉え、年齢的区分を超えて一貫した教育指導を行う「保・幼・小の連携」を重視。子どもが育つ環境としての家庭・地域・社会との関係の中で子どもの姿を理解し、「より良い育ちの環境」を整えていく課題に対応できる優れた人材の育成をめざします。

専門性

人間性

子どもへの
愛情・尊重
家庭・地域
からの信頼
専門的な
知識・技術
地域への
愛着と誇り

教育と福祉のハイブリッド視点

子どもの育ちとその環境を一体的に捉えます。

効果的な実践的専門教育

少人数・実習重視の専門教育を推進します。

時代の要請に応える複数資格

幅広い視野から、子どもの育成の課題に取り組みます。

地域に学び地域で育つ体験活動

地域での体験を通じて、生きた実践力を養います。

教育目的

教育と福祉のハイブリッドの視点に立ち、確かな資質能力と学びの精神をもった教育・保育・福祉の専門職として、心身共に健やかな子どもの育成を通して、地域社会の発展に貢献できる人材の育成を目標としています。

学部が求める人物像アドミッション・ポリシー(入学者受入方針)

  • 1.

    子どもの生活と遊び、発達と学習に高い感心を持ち、生きる力を育てる教育・保育・福祉の専門家をめざす人。

  • 2.

    心身ともに健やかな子どもを育てる家庭や地域づくりに、高い関心を持つ人。

  • 3.

    地域に愛着と誇りを持ち、地域の教育・保育・福祉の実践活動に、高い関心を持つ人。

学部長挨拶
教員紹介
卒業後の進路データ
  1. 子ども育成学部
Translate »