Campus Life
  1. 学納金・奨学金

キャンパスライフ

学納金・奨学金

学ぶ心を支える充実の学費支援制度

4年間でかかる費用はいくらなの? 奨学金制度はないの? そんな疑問にお答えします。

学納金について

現代社会学部

4年間合計

3,920,000

  • 1年次  980,000円
  • 2年次  980,000円
  • 3年次  980,000円
  • 4年次  980,000円

(単位・円)

学納金など 1〜4年次
前期 後期 年額
授業料 340,000 340,000 680,000
教育環境充実費 150,000 150,000 300,000
合計 490,000 490,000 980,000

子ども育成学部

4年間合計

4,120,000

  • 1年次  1,030,000円
  • 2年次  1,030,000円
  • 3年次  1,030,000円
  • 4年次  1,030,000円

(単位・円)

学納金など 1〜4年次
前期 後期 年額
授業料 365,000 365,000 730,000
教育環境充実費 150,000 150,000 300,000
合計 515,000 515,000 1,030,000

※入学手続き時には、前期学納金に入学金200,000円+後援会費(1年分)20,000円+学生教育研究災害傷害保険料(4年分)3,300円+学友会費[現代社会学部2,000円、子ども育成学部10,000円]を加えた金額(現代社会学部715,300円、子ども育成学部748,300円)が必要です。

※2年次以降は、表の合計金額に後援会費20,000円 (1年分)を加えた金額/年になります。

※4年次には同窓会終身会費20,000円を加えた金額になります。

※2年次以降の学納金などについては、物価の変動などにより変更することもあります。

※富山国際大学付属高等学校、富山短期大学、富山国際大学の卒業生は、入学金が免除されます。

特別奨学生選抜について

富山国際大学では、教育目的やアドミッション・ポリシーなどを正しく理解し、なりたい自分をめざして本学で学びたいという意志が強い方に対し、年60万円または30万円の奨学金を給付する制度を設けています。

対象学部 子ども育成学部
試験種別 特別奨学生選抜(前期・後期)(併願制)
出願資格 評定平均値4.0以上で人物評価が高く、かつ本学で学ぶ明確な目的を持ち、その意志が強い者
選考方法 書類審査…出願書類である調査書を審査
筆記試験…2科目型で英語と国語が必須
面接…個人面接

※令和3年度入学試験より、現代社会学部は、特別奨学生選抜を実施しませんが、一般選抜(前期・後期)上位合格者が特別奨学生候補者となります。

特別奨学生選抜入学試験の過去4年間の合格者数(受験者数)

募集人員 2020年度
入試
2019年度
入試
2018年度
入試
2017年度
入試
現代社会学部 若干名 0(5) 3(12) 4(13) 5(8)
子ども育成学部 若干名 5(20) 4(19) 13(37) 17(32)

富山国際大学独自の奨学金・奨励金制度

経済支援奨学金[形態:給付]

金額 学費の全部もしくは一部
期間 最長4年間
選考 書類審査·面接
対象 在学生
応募資格 学資負担者の死亡等による家計の急変または風水害の被災者
採用人数 該当者(2019年度実績有)

留学奨励費[形態:給付]

金額 月額5万円・4万円・3万円(留学先別)
期間 3ヶ月以上の留学
対象 在学生
応募資格 大学で定めた留学プログラムを活用して海外の大学へ留学するため学長の許可を得た者
採用人数 10名程度(2019年度実績:7名)

特別奨学生奨学金[形態:給付]

金額 現代社会学部:年30万円
子ども育成学部:年60万円または30万円
期間 最長4年間
選考 現代社会学部:一般選抜
子ども育成学部:特別奨学生選抜
対象 新入生
応募資格 現代社会学部:一般選抜成績上位者
子ども育成学部:評定平均値4.0以上で人物評価が高く、かつ本学で学ぶ明確な目的を持ち、その意思が強い者
採用人数 該当者(2019年度実績:新入生3名、2年生以上34名)

諸活動特待生奨学金[形態:給付]

金額 入学金と授業料の全部もしくは一部相当額
期間 最長4年間
対象 学校推薦型選抜諸活動型で入学した新入生
(所定の基準を満たす者)
応募資格 学校推薦型選抜諸活動型で入学し、入学後も諸活動で優秀な成績を収め、かつ一定の学業成績基準を満たし、他の在学生の模範になると認められ、監督・部長・顧問等の推薦がある者
採用人数 該当者(2019年度実績:新入生23名、2年生以上30名)

学外の各種奨学金制度

富山国際大学では独自の多様な奨学金制度を設けているほか、日本学生支援機構や各地方自治体、民間育英団体など学外の奨学金制度も数多く取り扱い、学生生活を経済面から支援しています。

大学で取り扱いしている奨学金制度(2020年度)

名称 金額(月額)等 返還義務の有無
日本学生支援機構
※下記参照
●第一種 ●第二種
●入学時特別増額貸与奨学金 ●給付型
有(無利子)
有(有利子)
給付型無
富山第一銀行奨学財団 自宅4万5千円、自宅外5万1千円(入学祝金7万円給付) 有(無利子)
富山県奨学資金 自宅4万5千円、自宅外5万1千円 有(無利子)
滑川市奨学資金 2万円 有(無利子)
高岡市人づくり奨学資金 年額70万円(年2回に分けて) 有(無利子)
石川県育英資金 4万4千円 有(無利子)
上越市奨学金 4万円 有(無利子)
あしなが育英会
(病気・災害・自死)
一般4万円 特別5万円 書類審査に合格した者に対し、面接試験にあわせた簡単な筆記試験があります。 有(無利子)
保育士修学資金
(子ども育成学部対象)
5万円以内 入学準備金20万円以内 就職準備金20万円以内(貸与期間は2年間) 有(無利子)
保育士として富山県内で5年間勤務すると全額返還免除

日本学生支援機構奨学金について

詳細は日本学生支援機構のホームページでご確認ください。

教育ローン

本学では、学費納入者の一時的な経済的負担を軽減するため、教育ローンを紹介しています。詳細は各ホームページでご確認ください。

国の教育ローン

提携教育ローン

  1. 学納金・奨学金
Translate »