1. 環境デザイン専攻

現代社会学部 現代社会学科

環境デザイン専攻

Environmental Designing

環境を学ぶことは、未来をつくること
身のまわりの社会を科学的に理解する環境学を学ぶ

21世紀は環境の時代。それは地域の資源を活用して生活を豊かにする「仕組み」をデザインする時代といえます。太陽光や水力、森林など、私たちの身のまわりには利用できる自然資源がたくさんあります。人口減少にともなう空き家や耕作放棄地の増加など社会問題も起きています。環境デザイン専攻では、住環境・生活と水・資源エネルギー・バイオマス・環境リスク評価・環境政策など、地域の未来づくりに関連する環境学を学び、また海外活動を通して国際理解も実践的に学びます。世界と日本の動きを理解し、自分の住む地域の未来を世界の視点から眺めることのできる環境学のプロをめざします。

Environmental Designing

環境デザイン専攻のイメージ

入学時

環境を学びたい!

1

一般教養を学ぶ

2

語学を学ぶ

・英語 ・中国語 ・韓国語
・ロシア語 ・フランス語
3

環境学の基礎を学ぶ

2年次

1

環境学の専門を学ぶ

2

地球環境を知る

インターンシップ (タイ・中国) 環境先進国での研修 (デンマーク・イギリス)

専門内容の充実
(実践力の強化)

・環境デザイン実習 ・多様な講義科目
・地域での実践活動や海外体験
・専門ゼミでのディスカッション
・英語 ・卒業研究

資格取得(国家試験) エコ検定
危険物取扱者乙種
インテリアコーディネーター
公害防止管理者 など

卒業後

環境分野で働く

○ インテリア・住宅関連企業
○ エネルギー・リサイクル関連企業
○ 環境サービス業
○ 環境NPO・NGO

企業などで環境の知識を活かしたい

企業内の多彩な分野での 環境に関する提案

○ 製造・サービス・販売・その他の一般企業 ○ 公務員

海外で働く

海外拠点を持つ
富山の企業からの出向
東南アジア・中国などの
開発途上国との国際協力

学びの目標

身近な「生活の中の環境学」を学ぼう 暖かい家の作り方や省エネ方法、安全で安心な水や空気とは何かということがわかります。

日本と富山の動きを地球環境の視点で学ぼう エネルギーの未来、農村の未来、企業の未来が見えてきます。

国際環境協力を実践的に学ぼう 世界の文化と生活スタイルは日本とはとても異なります。異文化を理解して国際感覚を身につければ世界を舞台に活躍できます。

取得を目指す資格・免許

環境社会検定(エコ検定) カラーコーディネーター 危険物取扱者(乙種)

特色ある授業

グローバルキャンパス

世界の最も幸福な国「デンマーク」を訪問して、風力発電や廃棄物発電、地域熱供給、バイオマス利用などの実態を視察します。また幸せな国を生み出す学校教育と、老後の福祉政策にも触れてより良い国造りについて考えます。

資源・エネルギー論

まず富山県で実施されている環境活動を見学して現実を理解します。さらに身近な自然環境・社会環境が抱える課題を用いて実態分析と問題点の明確化を行う手法を学び、解決方法の策定と提案の実践を行います。

環境デザイン実習

現代社会を支える資源とエネルギーの供給と消費を量的に把握し、食料や人口問題との関係にも目を向けながら、枯渇性資源から脱却した持続可能な再生可能エネルギー社会への転換を考えます。

Student’s Voice
環境デザイン専攻の学生たちの声

京角 裕紀

現代社会学部 4年

最先端の事例に触れながら、
実践力を養える

これまでで特に印象に残っているのは、3年次の夏に行ったデンマーク研修です。デンマークといえば、再生可能エネルギーの先進国。実際に現地の電力プラントや農場、建設会社をめぐり、環境に対する姿勢や技術の日本との違いをリアルに感じることができました。今はそこで得たものを日本で応用できないかを考え、日々勉強を進めています。

デンマーク研修

柘植 実

現代社会学部 4年

現場を訪れた経験が、
問題意識を高めてくれる

2年次の学外実習では、私は志賀原子力発電所を見学 しました。エネルギーへの理解を深めたかったのと、何より火力発電が主体の日本で、いかに温暖化を抑えていくかに関心があったからです。現地では実際に発電所内をめぐり、発電の仕組みから緊急時の対策まで伺うことができ、自分の環境に対する問題意識もさらに高まりました。

山口 菜々子

現代社会学部 4年

検定前後で変わった、
自分の学ぶ意欲と姿勢

検定受験のメリットは、何より自分の意識が変わることだと思います。私は2年次にエコ検定を受けてから環境により関心を持ち、住宅分野の勉強に力を入れるようになりました。3年次には海外の住宅事情を調べにロンドンを訪れたり、「日本と海外の住宅産業の違い」をテーマに卒業論文研究を進めたりするなど、主体的に学びを深められるようになった実感があります。

4年間の学び

環境デザイン専攻ではどんな4年間を過ごすのか、学びのステップを確認してみましょう。

想定される進路

快適な生活環境や空間デザインを創造する能力を活かし、国際的に、あるいは地域のリーダーとして活躍することができます。

  1. 環境デザイン専攻
Translate »