現代社会学部 現代社会学科

観光専攻

Tourism

めざすは、世界と地域をつなぐ観光のプロ
スキルを身につけ、夢をかなえる

「生まれ育った地域を観光で盛り上げたい」「旅行プランナーになりたい」「ホテルで働きたい」「世界遺産を学びたい」…そのような夢をかなえるのが観光専攻です。また、観光のプロになるために「旅行業務取扱管理者」資格取得やTOEICなど英語のスキルアップに向けたプログラムと、さまざまな留学プログラムも用意しています。このように観光専攻では、国際社会に必要な語学やコミュニケーションスキルを学びながら、地域をフィールドにした教育・研究を通じて、企画力、プレゼンテーション力を修得していきます。世界と地域を「つなぐ」観光のプロをめざしましょう。

Tourism

観光専攻のイメージ

入学時

観光を学びたい!

1

一般教養を学ぶ

2

語学を学ぶ

・英語 ・中国語 ・韓国語
・ロシア語 ・フランス語
3

現代社会の基礎を学ぶ

・地域づくり
・国際交流 ・情報
4

観光学の基礎を学ぶ

2年次

1

語学のレベルアップ

2

観光学の専門を学ぶ

● 海外留学
● 海外留学

専門内容の充実(実践力の強化)

・多様な講義科目
・観光実習(地域での実習)
・専門分野の長期インターンシップ
・海外での実習
・専門ゼミでのディスカッション
・卒業研究

● 資格取得(国家試験)

国内・総合旅行業務取扱管理者

観光業界で働く

○ ホテル ○ 公務員 ○ 旅行会社
○ 観光協会 ○ 鉄道

ホスピタリティ・マインドを持って一般企業で働く

○ 企業の多角化で観光分野に進出 ○ 観光分野の専門家として活躍
○ サービス業 ○ 製造業 ○ 情報通信業 ○ その他

学びの目標

観光ビジネスを学ぶ。

企画力やプレゼンテーション力を修得する。

国際社会に必要な語学やコミュニケーションスキルを学ぶ。

取得を目指す資格・免許

旅行業務取扱管理者(国内・総合)

旅行業法に定められている旅行業者および代理業者の営業所における、顧客との旅行取引の責任者になるための国家試験。

ホテルビジネス実務検定

ホテルの実務知識の体系的理解度を測定するための検定試験。

語学検定

英語・中国語・韓国語・ロシア語・フランス語の語学検定の取得をめざしています。

特色ある授業

観光中国語

近年、訪日外国人観光客のなかで中国人が一番多く訪れます。少しでもコミュニケーションが上手くできるように実践的な中国語を習得し、中国人留学生とお互いに学びあうことで、異文化への理解も深められます。

観光サービス論

サービスとホスピタリティという言葉の違いについて考え、観光におけるサービス形態やホスピタリティの実践について学びます。また、ユニバーサルツーリズムの視点から観光サービスの新たな可能性について考えます。

世界遺産論

2019年現在(2020年の世界遺産委員会は開催されず)、世界遺産の数は、1121件です。この授業では、日本や世界の世界遺産を取りあげ、遺産研究の最先端を紹介し、保全や活用について考えます。

Student’s Voice
観光専攻の学生たちの声

青石 歩実

現代社会学部 4年

現状分析と解決能力。
これからに必要な力が養える。

3年次の実習では、石川県の輪島市におけるGoTo トラベルの利用状況のアンケート調査をすることに。観光客の方々に旅行動機や現地に対するイメージなどを聞く中で、リアルな観光地の現状を知ることができました。調査後はレポートを作成し、それをもとに具体的な観光プランを考案するなど、とても実践的な内容で勉強になりました。

実践力を養う
現地実習

中川 翔

現代社会学部 3年

資格対策もしっかりできて、
観光への知識も深められる環境。

私の夢は、旅先での体験を演出する観光アプリをつくること。そのために観光地の勉強はもちろん、観光心理学や現地調査なども積極的に取り組んでいます。また観光の知識をより深めるために、2年次には国内旅行業務取扱管理者を取得。次は総合旅行業務の資格をめざして、資格講義の授業を活用しながら対策をしていきたいです。

島田 千乃

現代社会学部 4年

現地の空気にふれた経験が、
その後の学びを変える。

2年次にオーストラリア研修に参加。1週間ほどの滞在期間中はさまざまな日系企業に訪問させてもらったり、現地の大学生とも交流できたりなど、とても刺激的な毎日でした。帰国後に総合旅行業務取扱管理者の資格試験に取り組んだのですが、実際に現地の空気や文化にふれたからこそ理解も深まり、無事合格することができました。

4年間の学び

観光専攻ではどんな4年間を過ごすのか、学びのステップを確認してみましょう。

想定される進路

「ホスピタリティ・マインド」を身につけた学生は、観光業界の各分野はもちろん、公務員、金融業、サービス業、製造業でも活躍しています。

  1. 観光専攻
大学案内等の資料請求はこちらから
資料請求
Translate »