Tourism

観光専攻

4年間の学び

1年次の教養科目や観光概論で観光の基礎を学んだ学生たちが、2年次から観光専攻の扉を開きます。観光専攻ではどんな4年間を過ごすのか、学びのステップを確認してみましょう。

カリキュラム

在学生の学び方事例

1年次前期時間割(例)

1 ビジネス情報演習Ⅰ 教養演習Ⅰ 生活の科学 TOEICⅠ
2 キャリア・デザイン講座 コミュニケーションの基礎 現代社会概論 心理学の基礎
3 地域づくり実習 韓国語Ⅰ 数学 韓国語Ⅰ 経営の基礎
4 地域づくり実習 (自主学習) (イングリッシュカフェ) 英語Ⅰ
5 (サークル活動) (サークル活動)
石坂 渚 現代社会学部 3年

3年次でがんばりたいこと

観光専攻の授業の面白い点は「観光」を旅行者の立場からだけではなく、企業や行政の立場でも捉えられるようになること。今はユニバーサルツーリズムやロケツーリズムに興味があり、さらに学びを深めたいと思っています。また、1年次から中国語や英語の勉強にも力を入れてきたので、3年次にある「観光中国語」の授業も受けて語学力を高めていきたいです。

卒業論文

ゼミ教員ごとに少人数のゼミクラスを編成し、専攻に即したテーマについて調査研究を行い、 4 年次に卒業論文(個人)を提出します。また、卒業研究発表会において口頭発表を行います。

グリーンツーリズムの現状と課題 ~とやま帰農塾の取り組み~
ワインツーリズムでの地域活性化 ~富山県と山梨県を比較して~
現代におけるスピリチュアルツーリズムの存在意義について ~大岩山日石寺を中心として~
とやまの産業観光 -北九州市との比較-
富山から見た中日観光 -富山空港を通じた中日交流の現状と課題-
火山災害に対する観光客の認識と避難誘導の課題 -富山県弥陀ヶ原と長崎県雲仙を事例として-
人が旅に出る契機とその後の旅行行動への影響
富山県における地域スポーツの発展とその基盤 -朝日町のビーチボール・小矢部市のホッケーを事例として-
富山のアウトバウンド実態と課題
地方においてのミュージックツーリズム ~音楽イベントが地域の観光振興に結び付くには~
  1. 4年間の学び
大学案内等の資料請求はこちらから
資料請求
Translate »