Contemporary Society

  1. 現代社会学部の特長
現代社会学部

現代社会学部の特長

01 グローバル人材の育成

– Feature
多様な価値観を学び、
国際的視野を広げていく、
充実の育成プログラム
  • 外国語コミュニケーション能力を有する人材
  • 国際的に活躍できる実践能力を有する人材
  • 地域の国際化に貢献できる人材

地域社会のグローバル化や国際社会で活躍できる力、コミュニケーション力や異文化理解を磨くために さまざまなプログラムを用意しています。
たとえば、英語をいつでもどこでも勉強できる「クラウド型英語プログラム=チエルネット」を全学生 に無料提供し、インターネットがつながる場所であればいつでもどこでも勉強できます。
英会話力を磨くならイングリッシュカフェでネイティブ教員や留学生と過ごしましょう。本学にはフラ ンス、ベトナム、ネパール、中国、韓国などからの留学生が学んでおり、キャンパス内で異文化を感 じ、多様な価値観に気づくと共にコミュニケーション力が自然と身につきます。

海外協定校への長期留学、
海外研修・実習

語学力はもとより、広い視野と多様な価値観を磨くため、本学では在学中の海外体験を勧めています。留学先は12ヵ国25校、期間は1ヶ月から最長1年間まで可能で、留学先での取得単位は卒業単位に認められます。また3ヶ月以上の留学には大学独自の奨学金が支給されます。海外研修も異文化研修・国際交流実習やグローバルキャンパス、海外インターンシップなどさまざまなプログラムを用意しています。

日常的に英会話を楽しむ
English cafe

食堂の一角に、英語を楽しむためのカフェ「English cafe」を設置しています。コーヒーなどを飲みながら、ネイティブの先生方や留学生たちと英語による会話を楽しみ、英語でのコミュニケーション力を磨くことができます。また英語でのゲームやビデオ鑑賞も可能で、English cafeを会場にさまざまなイベントも開催されています。

ベトナムでの
海外インターンシップ開始

2019年度よりベトナムでの海外インターンシッププログラムをスタートしています。ベトナム・ハノイで始まった第1回目のプログラムには、現代社会学部から3年生2名が参加しました。ベトナムにおける企業の活動状況などの研修、タンロン大学観光学科・日本語学科の授業への参加を経て、大手旅行会社の現地事務所にて1~2週間の就業体験を行いました。

青木 志峰

現代社会学部 観光専攻 4年

留学で得た経験を活かして、
新しいことに挑戦していきたい。

2年次の夏から約8ヶ月、カナダのレスブリッジ大学に留学をしました。留学をしてよかったのは、語学力のレベルアップはもちろん、自分に自信をつけられたこと。言語や文化も違う環境では、自ら動いて言葉にしないと伝わりません。間違いを恐れずに、一歩を踏み出すことの大切さを実感しました。帰国後に所属している大学祭実行委員で新企画を立ち上げたのですが、それも留学の経験があったからこそ。今後も留学で培った積極性と忍耐力を活かして、新しいことにどんどん挑戦していきたいと思います。

インタビューをもっと読む

カナダ留学

02 地域を担う人材の育成

– Feature
地域社会の発展に
貢献できる人間力を養う
実践的なカリキュラム
  • 地域創生で活躍できるリーダーとなり得る人材
  • 課題解決力と実践能力のある人材

現代社会学部では、学生の地域貢献活動を積極的に推進しています。それぞれが学んでいる知識を活かしながら、どうすれば地域とそこに暮らす人たちの生活をよりよいものにしていけるかを考え、実践するプロジェクトが多数活動しています。学生自身が主体的に活動できる環境を整えることで一人ひとりの実践力の向上を図り、数多くの取り組みを通じて、地域創生を牽引できるリーダーシップを備えた人材、地域のさまざまな課題を発見し解決に導く実践力のある人材の育成をめざします。

「大学生観光まちづくり
コンテスト2019」で全国第2位

「大学生観光まちづくりコンテスト2019」の「訪日インバウンドステージ」本選に観光専攻3年生が進出し、総得点第2位で優秀賞(JTB賞)と審査員特別賞(日本政府観光局賞)の2賞を受賞しました。全国から64大学128チームが参加し、今回受賞したプランは、南砺市を調査地域に五箇山・井波・城端の地域住民と繰り広げる生活体験を提案。その実現性が高く評価されました。

富山県青年議会で
学生たちが活躍

富山県議事堂で開催された第63回富山県青年議会の本会議に現代社会学部から学生5名が参加、本会議では3名が代表質問に立ち知事より答弁を受け、1名が一般質問に立ちました。「現代社会へのAI普及によるこれからの高校教育について」や「富山県サイクリングアプリの開発やサイクリングコースの充実」、「県産米『富富富』の高価格帯ブランド化の取り組み」などについて提言しました。

03 社会が求めるIT人材の育成

– Feature
情報社会で活躍できる
知識とスキルを修得する
先進的なカリキュラム
  • 情報社会で必要な知識とスキルを有する人材
  • ITやデータを活用した課題解決力を有する人材
  • AIなど先端技術の知識を有する人材

ITの知識とスキルがますます重要となる現代社会。本学では、情報社会で活躍できる知識とスキルを備えたIT人材の育成を推進しています。学生は全員がノートPCを持ち、1年次からワード・エクセルを使いこなす情報リテラシーはもちろんのこと、さまざまな情報科学の基礎を学びます。さらに、より専門的に学びたい学生には、プログラミングやAI、ビッグデータやロボティクス、CAD、GIS、ドローンといった先進技術を学べる環境とカリキュラムを整えています。ITの幅広い知識とスキルを備え、それらを活用して社会・地域・企業の課題を解決できる。そんな優れたIT人材を育成します。

2021年、情報スペシャリスト養成プログラム始動‼

※国家試験

ITパスポートを皮切りに
基本情報技術者合格をめざします。

2021年度より「情報スペシャリスト養成プログラム」がスタート!就職活動にも利用可能な国家試験の合格を目標に、1年次から試験合格に向けた講義を受講、2年次には「ITパスポート試験」、3年・4年次に上位試験である「情報セキュリティマネジメント試験」、「基本情報技術者試験」の合格をめざします。デジタルトランスフォーメーションを実現するための基本的な知識を学びながら、現場で必要なスキルも身につけることが可能です。

情報システム論
情報技術論
eマネジメント論
情報メディア論
情報ネットワーク論
プログラミング基礎
情報システム開発技術 新規開講
情報セキュリティマネジメント 新規開講
デジタルトランスフォーメーション特別講義 新規開講

富山国際学園情報教育研究センター
が学園の情報教育・研究を推進

テクノロジーが急速かつ継続的に変化し、グローバリズムによって今までにない相互依存性が求められるこれからの社会。富山国際学園では、新しい技術への対応力を備えた人材の育成をめざし、「富山国際学園情報教育研究センター」を開設しました。センターは学園内の情報基盤の整備とともに情報関連の教育および研究・調査活動の推進などを行い、IT人材の育成をバックアップしています。

デジタルトランスフォーメーション
(DX)を担う人材を育成

AI、IoT(モノのインターネット)などITの発展により、従来の社会や経済システムの大変革が始まりつつあります。今後すべての企業や組織で、ITを活用したビジネスモデルの変革や業務・組織改革の取組みが加速されます。本学は社会の最前線で取り組みをされている方々を講師に迎え、企業や組織のデジタル化をけん引できる人材を育成します。
出典:「令和元年版情報通信白書」(総務省)より作成

ドローンや小型コンピュータを
使って思考力と実践力を磨く

ドローンや小型コンピュータと各種センサー(カメラ、マイク、温湿度センサーなど)を組み合わせてさまざまなデータを取得し、得られたデータを解析した結果から、指定した処理を実行するための実習を行っています。センサーとコンピュータを配線したり、受け取ったデータを処理するプログラム、処理した結果からアクションを起こすためのプログラムを作成します。実習での作業を通じて、論理的思考力や実践力を養います。
協力:佐藤工業株式会社

瀬川 拓海

現代社会学部経営情報専攻 3年

大学の環境を存分に活用しながら、
自分の専門性を高めたい。

入学当初は金融業界に進みたいと思っていたものの、1年次に受けた授業をきっかけに、WebやAIの分野に興味を持つようになりました。現在はHTMLやCSSなどを勉強中で、わからないことがあればゼミの先生に個別で指導してもらっています。プログラミングのスキルをもっと身につけたいので、3年次以降は実習系の授業をたくさん取ることに加えて、企業でのインターンシップも考えています。これからもこの大学の環境を存分に活用して、自分の専門性を高めていきたいです。

  1. 現代社会学部の特長
大学案内等の資料請求はこちらから
資料請求
Translate »