Course in Tourism

小学校教育分野

4年間の学び

カリキュラム

在学生の学び方事例

3年次前期時間割(例)

1 総合演習 算数科教育法 保育内容(音楽表現) 相談援助演習Ⅱ
2 社会福祉概論 生活科教育法 教育方法論 相談援助の理論と方法Ⅱ 小学校英語指導法
3 道徳教育指導論 体育科教育法 精神保健 理科教育法 卒業研究Ⅰ
4 国語科教育法 教育実習指導 人間と宗教 家庭科教育法 (自主学習)
5 特別活動論 富山に学ぶ
インターンシップⅠ
キャリア支援講座Ⅱ 社会科教育法 相談援助実習指導
5 (サークル活動) (サークル活動)
中谷 実郁 子ども育成学部 4年

保育分野にも通じた教諭をめざして

2年次で印象に残っているのは教科の授業。よりよい指導について児童と教諭の両方の立場で考えるのは楽しかったです。また私は幼保連携にも通じた教諭をめざしているので保育所での実習も経験しました。3年次は教育実習をはじめ、指導案作成や模擬授業などの演習にも力を入れて取り組みました。今後は道徳教育をテーマに卒業論文を進めながら、学びを深めていきたいです。

少人数のゼミクラス・教養演習(1・2年次)

ゼミ担当教員ごとに少人数のゼミクラス( 1・2年生合同)を編成し、学習・生活のための導入教育、教育・保育・福祉の課題についての調査研究と発表(共同・個人)などを行います。

卒業研究

ゼミ担当教員ごとに少人数のゼミクラス( 3・4年生)を編成し、子ども育成をめぐるテーマについて調査研究を行い、4 年次に卒業研究論文(個人)を提出します。卒業研究要旨集を作成し、卒業研究発表会において口頭発表を行います。

過去の研究テーマ(抜粋)

ICT教育の現状 ~とやま帰農塾の取り組み~
小学校における外国語教育 ~子どもの必要感が生まれる単元計画~
生きるための教育と生活をより良くするための教育 ~SDGsの17の目標を生かして~
一人ひとりが楽しみながら参加できる授業づくり ~ユニバーサルデザインを基にした授業の在り方~
通常の学級における特別支援教育とは ~みんなにとって居心地の良い学級にするために~
教師による非言語コミュニケーションとユーモアの表出について ~好かれる教師像と嫌われる教師像~
小学校の授業における板書の在り方とノートテイキング、学習成績との関係について ~板書の仕方で子どもの成績が変わる~
富山県氷見市乱橋池におけるトンボ研究の小説形式論考 ~教師の「書くこと」の技能向上~
幼児の遊びの中での音楽表現について
自己肯定感を高める活動とは ~国立能登青少年交流の家での活動に焦点を当てて~
  1. 4年間の学び
大学案内等の資料請求はこちらから
資料請求
Translate »