先頭へジャンプ

地(知)の拠点事業とは

地(知)の拠点(COC:Center of Community の略)

平成27年度文部科学省「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」において、富山国際大学は「地(知)の拠点大学」に認定されました。 これは、富山大学を申請校とし、本学を含む県内高等教育機関を参加校として申請した事業が採択されたことに伴い、併せて本学が申請していた事業「地域課題探求型学習を核としたとやま地域創生人材育成プログラム」(平成31年度までの5年間の事業計画)が「地(知)の拠点大学」の取組として認定されたものです。 これにより、県内で「地(知)の拠点大学」に認定された大学は、一昨年に認定された富山県立大学、今回認定された富山大学、富山国際大学と合わせて3大学となります。 地(知)の拠点大学として認定された本学の申請概要を掲載しています。

一年間の成果報告書は事業報告書として公開しています。

1.「副専攻プログラム」最初の修了生2名誕生

■副専攻プログラムとは
 課題解決型人材を育成することを目指して正課課程科目を体系化した「とやま地域創生人材育成プログラム」を基に、学部の専門分野に加えて、特定の分野やテーマ・学際的な分野等について、体系的に教育プログラムをまとめ、「副専攻プログラム」と定義しました。
 本プログラムは「グローバル人材育成プログラム」と「地域創生人材育成プログラム」に大別して、2017度在籍者から適用しています。
 幸先よく2年目で、各プログラムの修了要件をクリアした学生がそれぞれ1名ずつ誕生し、2019年3月20日(水)の卒業式において、学長より2名に「修了認定書」が授与されました。

・グローバル人材育成プログラム…現代社会学部 布施 和佳奈さん(第1号)
・地域創生人材育成プログラム……子ども育成学部 二橋 萌莉さん(第1号)

2.ALL富山COC+合宿型セミナー

(1)開催済「とやま塾 in HIMI 2019」に本学学生が10名参加
 ALL富山COC+の合宿型セミナー「とやま塾 in HIMI 2019」が9月18日から20日まで、2泊3日の日程で行われました。富山大学・富山県立大学の学生とともに、本学から10名、全体で20名が参加しました。氷見市の地域課題に対する認識を深め、その解決策を探りました。

■1日目
 開講式のあと、氷見市の地域課題について基礎学習をし、グループワーク(アイスブレイク、まちなか発想ゲーム「メイキット※」、氷見に関する情報収集)に取り組みました。夕食では、氷見市長、富山大学・富山県立大学、富山国際大学の3学長を交えた懇親会が行われました。 ※「メイキット」とは、まちの中にある『資源』や『魅力』を使って、 様々な要望が書かれた『まちの声』にこたえるアイディアを発表するゲームです。
とやま塾 in HIMI 2019
■2日目
 早朝、有志の学生らによる島尾海岸の清掃活動が行われた後、6つの小グループに分かれて、グループごとに与えられた課題に対するフィールドワークに取り組みました。帰着後は研修先での学びや課題解決策の提案をまとめ、引き続き情報収集を行いました。夜はメンバーで花火を楽しみ、親睦を深めました。
とやま塾 in HIMI 2019

■3日目
 2日間で学び、体験したことをもとに、グループごとに地域課題解決策について話し合い、成果発表会でグループごとに課題解決策のプレゼンテーションを行いました。研修先の皆さん、氷見市役所の皆さんも参加し、学生の視点から考える解決策に耳を傾けました。閉塾式では、3学長名による「とやま塾 in HIMI 2019 修了証」が授与されました。
とやま塾 in HIMI 2019


(2)開催済「とやま塾 in ASAHI 2018」に本学学生6名参加

(3)開催済「とやま塾 in TOGA 2017」に本学学生4名参加



[東黒牧キャンパス] 〒930-1292 富山県富山市東黒牧65-1 TEL:076-483-8000 FAX:076-483-8008

[呉羽キャンパス] 〒930-0196 富山県富山市願海寺水口444 TEL:076-436-2570 FAX:076-436-1530

Copyright©2006-2012. Toyama University of International Studies. All rights reserved.