20年07月21日(火)

富山県国際交流奨学金交付式に参加しました [国際交流センター]

画像(180x135)・拡大画像(576x432)

2020年度の富山県国際交流奨学金受給者に、本学現代社会学部の留学生3名(韓国人留学生1名、中国人留学生2名)が選ばれました。
3名は、7月21日(水)11時より、富山県民会館701号室にて挙行された奨学金交付式に臨みました。
式では3名が1人ずつ紹介された後、奨学金受給通知決定書を受け取っていました。
この奨学金に対する謝意を示すため、本学を代表して現代社会学部 観光専攻の姜さんが一言スピーチを行い、式は無事終了しました。

この場をお借りして、奨学金支給の労を取ってくださる、富山県及び公益財団法人とやま国際センターの皆様に厚く御礼申し上げます。

Posted   パーマリンク

20年07月20日(月)

(公財)朝日国際教育財団奨学生に本学から5名が選ばれました [国際交流センター]

画像(145x180)・拡大画像(517x640)

公益財団法人朝日国際教育財団の一般奨学生として、2020年度は、本学現代社会学部留学生5名(ベトナム1名、中国4名)が選ばれました。
推薦者全員が採用されるという快挙です。
今年度は、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、残念ながら奨学金受給者決定通知書交付式は行われませんでしたが、5名ともより一層学業に励む決心を固めたようです。

この場をお借りして、朝日国際教育財団の御篤志に対し、奨学生ほか本学一同、厚く御礼申し上げます。

Posted   パーマリンク

20年07月18日(土)

ご当地×SDG’s商品企画プロジェクトがスタート [現代社会学部]

 2020年7月17日、潟fンソーソリューション北陸支店と本学学生による連携事業のキックオフミーティングを開催しました。本連携事業では、地域×大学×企業×SDGs=新しい価値の創造をテーマとし、デンソーソリューションが自動車ディーラー等に提案する来場記念品や成約記念品といったノベルティ商品を開発します。
 本事業には、現代社会学部の1年生〜4年生の15名が参加することになりました。今後、デンソーソリューション自動車営業課スタッフとの合同チームで商品の企画・提案を行い、10月の商品化を目指します。企業の方と連携してプロジェクトに取り組むことは、学生たちにとって貴重な実践の機会となります。学生ならではの視点で、地域の資源・魅力・強みを発掘することで、地域の自動車業界活性化に貢献したいと思います。(文責:伊藤葵)

画像(180x135)・拡大画像(640x480)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

学生たちの自己紹介と意見交換


Posted   パーマリンク

20年07月17日(金)

コロナを吹き飛ばせ! [総務課]

 段階的に対面授業が再開され、学生がキャンパスに戻ってきました。この度、新型コロナウイルス感染症防止対策強化のため、東黒牧キャンパスに大型扇風機を設置いたしました。
 学生が、安心して学校生活を送れる様今後も必要な対策や支援を継続してまいります。

画像(180x135)・拡大画像(400x300)
画像(180x135)・拡大画像(400x300)

Posted   パーマリンク

20年07月10日(金)

JAF(日本自動車連盟)との連携事業の成果発表会を開催 [現代社会学部]

画像(180x119)・拡大画像(640x426)

 2020年7月7日、JAF(日本自動車連盟)と伊藤ゼミによる連携事業の成果発表会を開催しました。連携事業は、JAFのスタンプラリーシステムを活用したドライブコースを作成する内容で、2020年5月からスタートしました。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で対面でのゼミ活動が実施できない中、Microsoft Teamsを活用したWEBミーティングを重ねることで、学生の視点を生かした魅力的なドライブコースの作成を目指してきました。6月中旬に入り、対面でのゼミ活動も実施できるようになりましたが、自主ミーティングをオンラインで行うなど、新しい学習スタイルも活用するようになりました。
 成果発表会については、当初、富山市赤田のJAF富山支部で開催予定でしたが、新型コロナウイルスの感染防止のため、学生はビデオ会議形式で発表となりました。発表した3グループからは、クイズ形式で道の駅や水族館、食堂などの呉東地区を巡るドライブコース、上市町を舞台としたアニメの聖地巡礼をテーマとしたドライブコース、テイクアウトと富山の景色を融合したドライブコースと、それぞれの異なる個性のコースが提案されました。審査の結果、テイクアウト×富山の景色をテーマとし、富山市の富岩運河環水公園や市内のカフェなどを巡る案が最優秀賞に選ばれました。
 同案は、今後、JAFが行うドライブスタンプラリーのコースとして実現化を目指し、関連施設への企画・提案などの営業活動や利用者に向けた宣伝活動を、JAFの担当者と共同で実施します。また、ドライブスタンプラリー実施後も、利用者の分析やスタンプラリーの効果の分析、課題の抽出などを行う予定です。
 学生たちにとっては、改めて地元富山の魅力や資源について考えるきっかけとなったり、ビデオ会議形式での報告会を実施したりと、本連携事業を通じて貴重な経験をすることが出来ています。最後になりますが、このような機会を与えてくださったJAF(日本自動車連盟)様に心から感謝申し上げます。(文責:伊藤葵)

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

7

2020


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

PHOTO

子ども育成学部 第2回「学生・教職員懇談会」を行いました。  #27

子ども育成学部 第2回「学生・教職員懇談会」を行いました。 #27

暮らしの中の放射線を学ぶ

暮らしの中の放射線を学ぶ

富山県寄附講義(幼保分野)を開催  #40

富山県寄附講義(幼保分野)を開催  #40

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog

[東黒牧キャンパス] 〒930-1292 富山県富山市東黒牧65-1 TEL:076-483-8000 FAX:076-483-8008

[呉羽キャンパス] 〒930-0196 富山県富山市願海寺水口444 TEL:076-436-2570 FAX:076-436-1530

Copyright©2006-2012. Toyama University of International Studies. All rights reserved.