20年07月03日(金)

【緊急・重要】7月6日(月)からの授業等に関する方針変更について [教務課]

富山国際大学の学生の皆さんに、学務部よりお知らせします。
報道にもありましたように、7月2日(木)に富山県内で新たな感染者が出ました。今のところ感染経路が特定されていないこともあり、本学としましては感染の拡大防止の観点から、来週からの授業については、面接授業を実施していた、また実施予定だった授業を原則として遠隔授業(Zoom等)で行うこととします。
なお、学生の課外活動について、以下の事項を確認し、感染拡大に繋がらないよう、自覚を持って行動してください。

1.授業について
(1)7月6日(月)から当面(7月17日(金)までを目途とする)、面接授業から遠隔授業に変更します。
(両キャンパスの構内には、原則出入り禁止とします。入構する際は、ゼミ担当教員に相談し、
了解を得て入構してください。)
(2)時間割については、メールにて後日お知らせします。

2.実習について
実習に関しては、ホームページやメールにて別途お知らせします。

3.期末試験について
面接式で実施する予定にしていましたが、県内の状況を見ながら判断し、ホームページやメール
にて別途お知らせします。

4.課外活動について
課外活動については、当分の間、全面禁止とします。
活動再開については、県内の状況を見ながら判断し、ホームページやメールにて別途お知らせします。

5.その他
(1)新型コロナウイルスの感染防止対策のための活動制限指針のレベルは、現時点でレベル3に引き上げます。
(2)感染予防のために、次の注意事項を必ず守ってください。
 @ 不要不急の外出は避けること。止むを得ず外出する際は、マスクを必ず着用すること。
 A「3密」行動を避け、手洗い・消毒を励行し、感染拡大防止の意識を徹底して持つこと。
 B 体調管理に努め、通学前に検温するなどし、発熱(通常の体温より高い場合)、倦怠感や息苦しさ、味覚・嗅覚に異常を感じる症状など感染症が疑われるものが見られる場合は、各管轄市町村の帰国者・接触者相談センターへ連絡するとともに、大学に必ず連絡し、自宅待機すること。
《連絡先》東黒牧キャンパス 教務課  076-483-8002  hk-kyoumu@tuins.ac.jp
      呉羽キャンパス   事務室  076-436-2570  kurehac@tuins.ac.jp
       (※電話受付 8:30〜17:00(土日祝日を除く平日))

以上

Posted   パーマリンク

20年06月26日(金)

令和2年度 後援会定期総会中止のお知らせ [総務課]

 例年6月下旬に開催を予定しておりました定期総会につきまして、新型コロナウィルス感染拡大防止並びに後援会会員の皆様のご健康と安全に鑑み、今年度は集会形式での開催は中止し、書面での決議とさせていただくこととしました。
 また、例年同時開催しておりました保護者懇談会も中止することとなりました。
 何卒、ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。
 つきましては、総会資料等を各御家庭にお送りさせていただきましたので、資料をご確認
のうえ、「Microsoft Forms」、「メール」、または「同封のハガキ」にて、7月10日(金)までに、ご回答くださいますようお 願いいたします。
なお、令和2年6月18日(木)に開催しました理事会において、各議案については審議済みであることを申し添えます。
 今後とも皆様のご理解とご協力を賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

後援会事務局(富山国際大学総務課)

Posted   パーマリンク

20年06月14日(日)

Zoomによる意見交換会「観光はパンデミックにどう立ち向かうか」を開催! [現代社会学部]

画像(180x121)・拡大画像(640x431)

 現代社会学部観光専攻では、Zoomによる意見交換会「観光はパンデミックにどう立ち向かうか」を開催しました。
 観光専攻3年生の必修科目「観光実習」は、例年観光地や観光施設の活性化に向けた提案を行うために、フィールドワーク主体の実習を行っています。しかし、今年度は新型コロナウイルスの感染が拡大。「遠隔授業での実習は無茶では?」という意見もある中、遠隔だからこそできる実習の方法を模索した結果、観光関連の現場におられる方々と共に、コロナ禍の経験を活かしてパンデミックの再来に耐えうる新しい観光の姿を考えることにしました。
 第1回の6月9日(火)は、金沢市観光協会の米田 泰弘様、南砺市観光協会の山崎 友紀恵様、朝日町観光協会の上澤 聖子様の3名に、各地域でのコロナの影響や感染防止対策について報告いただいた後、意見交換会を行いました。参加者からは「きちんと対策をしているというメッセージの発信が大切」「観光客の数にこだわらない観光への転換が必要」「人口が少ない=密でないことを強みとすべき」「地域で知恵を出し合うことが重要」といった意見が出ました。
 ご多忙にもかかわらず参加していただいた米田様、山崎様、上澤様には厚く御礼申し上げます。なお、6月23日(火)には九州や北海道の観光地からもゲストスピーカーにご参加いただき、第2回の意見交換会を開催します。

Posted   パーマリンク

20年06月11日(木)

【重要】6月15日以降の子ども育成学部にかかる授業及び学生生活についてのお知らせ [教務課]

学生の皆さんへ

ご案内が遅くなりましたが、子ども育成学部の授業等について、詳細をお知らせします。
なお、下記の記載事項について確認してください。

面接授業再開に際して新型コロナウイルス感染防止のために
Risk is not 0 感染リスクがゼロではないから我々ができることを

1.授業方法について
(1) 学籍番号の奇数・偶数で分かれた登校と、自宅でのオンライン授業とを同時併用します。
(2) 登校の場合においても、非常勤講師等が大学内でZoomを使って遠隔授業をする場合があります。
(3) 受講場所は、原則として時間割に記載された教室となります。なお、面接・遠隔の方法の詳細については、科目の担当教員の指示に従ってください。
(4) 授業資料が事前にデータで配信されることがありますので、ノートパソコン、タブレット端末やスマートフォンを必ず持参してください。
(5) ノートパソコン等を持参する際は、自宅でしっかりと充電をしてきてください。
(6) 大学内においてオンライン授業を受ける際は、周囲の迷惑をかけないためにもイヤホンを持参してください。
(7) E館施設内のコンセントは、使用を許可します。

2.登校について
登校の際は、感染予防のため次の注意事項を必ず守ってください。
(1) マスクの着用をお願いしますが、暑い時や密接でない場合など、時と場合に応じて外しても構いません。
(2) 感染拡大防止の意識を徹底し、一人ひとりが「3密」行動を避け、手洗い・消毒を励行してください。
(3) 通学前に検温するなど体調管理に努め、発熱(通常の体温より高い場合)、倦怠感や息苦しさ、味覚・嗅覚に異常を感じる症状などが見られる場合は、大学に連絡し、登校を控え、自宅待機してください。その際、感染症が疑われる場合は、各管轄市町村の帰国者・接触者相談センターへ連絡するとともに、大学に必ず連絡してください。
(4) 新型コロナウイルス感染(疑いも含む)による欠席は、富山国際大学子ども育成学部授業科目の履修に関する規程第8条第2項に準じ期末試験の受験資格について配慮しますので、無理して登校しないでください。
《連絡先》 呉羽キャンパス  事務室 076-436-2570 kurehac@tuins.ac.jp
         ※電話受付 8:30〜17:00(土日祝日を除く平日)
(5) 実際の登校日については、別途メールで案内します。

3.施設の利用について
大学として、感染予防の一環としての対策を講じていますので、下記のとおり施設利用に注意してください。
(1) 教室・トイレ・事務室等に消毒液を設置しています。これらへの入退室に伴い、手指の消毒のお願いをします。
(2) 教室・ラウンジは3密を避けるために、机や椅子が配置されています。机や椅子などは移動してないでください。
(3) 教室などにおいては換気機能を「高」に設定しています。設定を変えないでください。
(4) 教室に出入り口が2か所あるところに関しては、入室する際は前のドアから入り、退出するときは後ろのドアから出るようにしてください。
(5) 手指乾燥機の使用は禁止します。各自手拭き等を持参して確実に手を拭き乾燥させてください。

4.昼食に関する注意事項ついて
食堂・コンビニの営業は6月16日(火)より開始します。
15日はコンビニ、及び食堂が閉まっているため、カップ麺の利用はできません。
(生ごみやマスクは感染リスクを考えて、当面は持ち帰ってください。)
(1) 場所について
空き教室をうまく利用して、密にならないように昼食をとってください。学年ごとに教室を指定しますが、状況により空いていれば、どの教室を使用しても構いません。
(2) 食堂利用時間について
当面以下の時間帯で使用を分けます。この時間帯は食事以外の利用をしないでください。
・大学生・短大生・・・・・12時20分〜12時50分
・高校生・・・・・・・・・・・・・12時50分〜13時20分
(3) 利用方法等について
@ 昼食の前後には手洗い、手指消毒を励行してください。
A G館学生ホール・E館ラウンジのレイアウト変更や座席等の追加はしないでください。
B 昼食が終わったら、速やかに片付け、机・椅子の清拭消毒を行い離席・退室してください。
C 食堂・コンビニ購入以外の食事で出たゴミは、食べ残しも含めて感染予防のため当面の間、持ち帰ってください。

5.部、サークル、ボランティア、学友会活動について
(1) 6月15日より、感染に留意し、対策を講じたうえでの活動再開を許可します。時、場所、周囲の状況、必要性などを充分考えて、活動してください。
(2) 新入部員を迎えるにあたり、見学、体験等迎え入れる準備をしっかり行ってください。
(3) 3密の可能性があるのではないか、など判断しかねるようなことに関しては、呉羽キャンパス事務室や担当教員に相談してください。

6.アルバイトについて
様々な状況があるので、一概には判断できませんが、自分の身に危険を感じるようなことがある場合は中止するなどの対応をしてください。雇い先が辞めることに応じない等がある場合は呉羽キャンパス事務室や担当教員に相談してください。

7.通学について
他人と接触しないように、またむやみにいろいろな所を触らないように気を付けて登校し、大学に到着したらまず手指の消毒を行ってください。公共交通機関での登校の場合は、この点について特に注意を払ってください。
(1) 定期券購入は、通学が変則となることから各自で判断してください(距離等によって金額の割引条件が異なるため)。
(2) 学割定期券について、地鉄定期は学生証で証明できますが、JR・あいの風鉄道は通学証明書が必要になりますので、呉羽キャンパス事務室で申し込んでください(昨年度までの定期券を所有していても本年度最初の購入は証明書が必要となります)。
(3) 朝の小杉駅発8:23分発の地鉄バスは、高校生が多く乗車するため、8:35発のバスを利用してください(高校生は8:23発に乗車しないと授業開始に間に合わないため)。

以上

Posted   パーマリンク

20年06月05日(金)

【重要】 大学での授業再開 [子ども育成学部]

学生の皆さんへ

  6月15日(月)から大学へ登校しての授業を開始します。

  当面は、3密を避けるために分散登校にします。
  分散登校は、学籍番号の奇数と偶数で登校する日を決めます。奇数の日は、奇数の人が大学で授業を、偶数の人は家で遠隔授業を同時に受けます。偶数の日は、偶数の人が大学で授業を、奇数の人が家で遠隔授業を同時に受けます。
  登校する際は、健康管理と3蜜を避ける行動をお願いします。

  登校日は、第1週6/15(月)奇数、6/16(火)偶数、6/17(水)奇数、6/18(木)偶数、6/19(金)奇数、6/20(土)登校せず全員が家での遠隔授業、第2週6/22(月)偶数、6/23(火)奇数、6/24(水)偶数、6/25(木)奇数、6/26(金)偶数、6/27(土)登校せず全員が家での遠隔授業です。
  その後は、状況により「第1週と第2週の2週間」のサイクルを繰り返します。なお、土曜日はすべて遠隔授業になります。
  詳細については、来週、通知します。

  さらに、富山県の状況がよくなれば、全員登校になります。その時は、改めて通知します。

  なお、体調のすぐれない人や通学時に3密に不安な人は、遠隔の授業に切り替えが可能ですので、ゼミ担任に相談してください。


 学部長 辻井満雄


Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

7

2020


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

PHOTO

子ども育成学部第15回研究交流サロンを開催しました  #31

子ども育成学部第15回研究交流サロンを開催しました  #31

「戦後70年」取材の思いを聞く--「日本の動き」(1年生)in北日本新聞・越中座  #8

「戦後70年」取材の思いを聞く--「日本の動き」(1年生)in北日本新聞・越中座  #8

富山県こどもみらい館で児童文化に触れる  #47

富山県こどもみらい館で児童文化に触れる  #47

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog

[東黒牧キャンパス] 〒930-1292 富山県富山市東黒牧65-1 TEL:076-483-8000 FAX:076-483-8008

[呉羽キャンパス] 〒930-0196 富山県富山市願海寺水口444 TEL:076-436-2570 FAX:076-436-1530

Copyright©2006-2012. Toyama University of International Studies. All rights reserved.