20年03月26日(木)

新型コロナウイルス感染予防対策について(重要) [学生課]

学生のみなさんへ

新型コロナウイルス感染拡大にともない、次の点に注意して行動してください。


1.手洗いやアルコール消毒を励行してください。

2.不要不急な外出は避けてください。

3.「密閉」「密集」「密接」という3つの条件が重ならないようにし、こまめな換気を実施してください。

4.追い出しコンパや新入生歓迎会等、飲食をともなうイベントの実施や参加を自粛してください。

5.体調に異変(味覚・嗅覚等に異常)があった場合は、外出を控えてください。

6.毎日検温し、微熱もしくは通常の体温より高い場合は、自宅待機をしてください。


他人事ではないことを自覚し、じゅうぶん注意して行動してください。


関連タグ :

Posted   パーマリンク

20年03月25日(水)

日本酒造りプロジェクトの作業がいよいよスタート!! [現代社会学部]

 酒米づくりのフィールドとなる桐谷地区で初めての農作業を開始しました。この日は、堆肥を運搬し、田んぼに撒く作業。農業法人にご指導いただきながら、美味しい酒米づくりのための土壌づくりを学生、教員が共に汗を流しながら実施しました。大自然の中での作業ということもあり、心地よい環境の中で、みんなの笑顔が溢れるとても良い機会となりました。5月中旬の田植えに向け、楽しみながら今後も作業を進めていきます。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

【初めての運搬車の操作でしたが、すぐに慣れていました…】

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

【農業法人アイフィールファインさんの指導を受けながら堆肥を田んぼに撒く学生たち】

画像(180x134)・拡大画像(640x479)

【作業後の記念撮影。初めての作業を無事に終え、笑顔があふれました。】


Posted   パーマリンク

20年03月19日(木)

令和元年度富山国際大学学位記授与式を挙行いたしました。 [総務課]

 令和2年3月18日(水)に富山国際会議場に於いて第27回富山国際大学学位記授与式を挙行いたしました。卒業生189名(現代社会学部97名(9月卒業7名を含む)・子ども育成学部92名)が、社会人としての一歩を踏み出しました。
 高木利久学長が、現代社会学部代表の高田瞳さん、子ども育成学部代表の青山祥子さんに学位記を授与し、「世界のさまざまな課題を解決し、素晴らしい未来を切り開いてほしい」と祝辞を述べました。また、金岡克己富山国際学園理事長が告辞で卒業生を激励しました。
 答辞では、現代社会学部の高林祐実さんと子ども育成学部の青木英里奈さんが大学生活で学んだことや将来への決意を語りました。
 保護者の方は別室モニターにて温かく見守っておられました。

画像(180x135)・拡大画像(461x346)

高木学長祝辞

画像(180x120)・拡大画像(600x400)

金岡克己理事長告辞


画像(180x135)・拡大画像(461x346)

会場様子


Posted   パーマリンク

富山国際大学オリジナルブランドの日本酒造りプロジェクトがスタート! [現代社会学部]

 酒米づくりに始まり、大学オリジナルブランドの日本酒づくりを手掛ける学生主体のプロジェクトがいよいよスタートします。1つのプロダクトを生み出す過程には、多くの人の手や自然の力、その土地独特の文化性などがかかわっています。同様に、私たちの暮らす社会も実に多くの人によって支えられ、成り立っています。社会との関係性をイメージしながら、現代社会学部の学生たちの造り上げるプロダクトがどのようなものになるのか、その過程を通じて学生たちにどのような変化が生まれるのか、とても楽しみです。また、こうした活動が地域活性化の一助になればと考えています。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 富山テレビ・夕方の報道番組『報道ライブBBT』の企画「ライブ農園」の岡部アナウンサーも一緒に酒造りに携わっていただきます。ミーティングの様子は、3月23日(月)夕方18:00過ぎのコーナーで紹介される予定です。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

酒米づくりのフィールドで参加学生がテレビ取材を受けている様子。北日本新聞2020年3月19日朝刊にも関連記事が掲載される予定です。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

玉旭酒造さんに作っていただいた容器の試作品。あとは美味しい日本酒を丹精込めて作っていきます!!

Posted   パーマリンク

20年03月16日(月)

「社会福祉分野の就職に関する懇談会」を開催 #47 [子ども育成学部]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

  2020(令和元)年2月26日(水)、富山国際大学呉羽キャンパスにて、「社会福祉分野の就職に関する懇談会」を開催しました。

  この懇談会は、子ども育成学部のキャリア関連事業として、毎年、福祉・保育・教育の専門分野ごとに行われています。
  今回ご参加いただいたのは、本学部が、長年「施設実習」や「相談援助実習」でお世話になってきた、(福)射水福祉会いみず苑・苑長の岸谷茂氏、(福)富山呉西愛育会高岡愛育園・園長の清水康男氏、(福)戸出福祉会だいご苑・苑長の野村幸伸氏、(福)富山県社会福祉協議会・地域福祉部長の古野智也氏、富山県リハビリテーション病院・こども支援センター・相談支援課長の山本浩二氏です。

 

画像(180x135)・拡大画像(640x481)

  懇談会では、辻井学部長の開会挨拶に続き、川辺参事から「子ども育成学部のキャリア支援の概要及び進路状況」が、また、室林教授から「資格取得状況について」説明を行いました。
  意見交換では、「マンパワーが足りない」、「(児童相談所の場合)施設自体が入所措置を勧めてくれないと、児童数も増えないし、採用枠も増えないのが悩ましい」といった、社会福祉分野全体が抱える問題を確認しながら、卒業生の現時点での活躍、今後の指導上の課題について話し合いました。
  なかでも、「レジリエンス(困難な状況の中でもしなやかに対応しようとする適応力等)の低さ」を克服するため、「学生時代にいろいろな経験、活動を通じて、挫折してきてほしい」、「チャレンジ精神をもっともって、自分で工夫してやってほしい」など、福祉分野に進む学生に限らず、全体で共有したいご意見がありました。

  2020(令和2)年4月から、新たに16名が富山県内外の福祉分野で活動します。先般発表された社会福祉士国家試験でも、現役生が90%の合格率を達成しましたが、後輩たちもこれに続けと頑張っています。
  今後、社会福祉分野が抱える課題はますます複雑になっていくでしょうが、学生の夢を叶え、地域に貢献できる人材育成に努めていきたいと思います。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

3

2020


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

PHOTO

富山国際大学とオスカーホームとの協働による秋の森づくり活動

富山国際大学とオスカーホームとの協働による秋の森づくり活動

オスカーホームとの協働森づくり実施

オスカーホームとの協働森づくり実施

第10回 子ども育成フォーラムが開催されました  #55

第10回 子ども育成フォーラムが開催されました  #55

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog

[東黒牧キャンパス] 〒930-1292 富山県富山市東黒牧65-1 TEL:076-483-8000 FAX:076-483-8008

[呉羽キャンパス] 〒930-0196 富山県富山市願海寺水口444 TEL:076-436-2570 FAX:076-436-1530

Copyright©2006-2012. Toyama University of International Studies. All rights reserved.