19年09月30日(月)

【続報】公立学校教員選考検査2次試験(小学校)の合格者について  #31 [子ども育成学部]

  2019(令和元)年9月30日(月)現在、新潟県公立学校教員採用検査の第2次合格者の発表があり、子ども育成学部では、4年生2名(1次試験は5名合格)、既卒者1名が合格しました。
  また、富山県小学校教員選考検査では、子ども育成学部の既卒者が10名合格したことがわかりました。

  現在、すでに100名を超える卒業生が、富山県内外の小学校教員として勤務しています。現場で頑張る先輩たちに続き、子どもたちのこころと身体の成長に寄り添って学びあいができる教員として、活躍してほしいと願っています。


  ❏小学校教員採用試験合格者 4年生22名
   〔内訳〕富山20名、新潟2名 : 現役合格率64.7%

Posted   パーマリンク

TUINS推薦入試直前説明会を開催しました! [入試広報課]

9月28日(土)、富山駅前CiCビル5階大学コンソーシアム富山 駅前キャンパス研修室で『TUINS推薦入試直前説明会』を開催しました。
13:30から16:00まで約2時間半にわたり、学部ごとに分かれて入試概要の説明、学部の紹介、小論文・面接対策、在学生による受験体験談、大学生活の紹介、進学相談などを行いました。

◇当日の様子
http://www.tuins.ac.jp/exam/20190928event.html

次回、10月20日(日)は『TUINS大学祭オープンキャンパス in 呉羽キャンパス』
10月26日(土)は『TUINS大学祭オープンキャンパス in 東黒牧キャンパス』
12月7日(土)には『TUINS一般入試・特別奨学生選抜入試直前説明会』を実施します。
是非、ご参加ください!

Posted   パーマリンク

住宅史海外研修(ロンドン・グラスゴー編)NO1 [現代社会学部]

 現代社会学部環境デザイン専攻の授業には、「生活環境論U」「都市空間デザイン」という授業があります。「生活環境論U」では世界の住宅の歴史を学び、「都市空間デザイン」では、現代日本の住宅事情と住宅産業の国際比較を学んでいます。2019年9月19日〜9月26日には、住宅史に関する海外研修が実施し、参加した学生たちは、ロンドンとグラスゴーを訪問し、授業で学んだ世界の住宅の歴史やイギリスの住宅事情について調査を行いました。
 9月20日、ロンドンでは、「Model Projects」という建築デザイン会社を訪問し、最新技術であるBIMを用いた住宅設計の進め方について、事務所内を案内してもらいながら、スタッフ方に話を聞きました(写真1、写真2)。また、日本の現代インテリアデザインにも大きな影響を与えている「ウイリアムモリス」の「レッドハウス」を視察しました(写真3、写真4)。参加した学生は、初めてのロンドンであり、学生の時にしか経験できない海外での貴重な体験を通して、これからの彼らの進路にきっと役立ててくれることでしょう。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

写真1

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

写真2


画像(180x135)・拡大画像(640x480)

写真3

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

写真4


Posted   パーマリンク

19年09月26日(木)

観光専攻3年「大学生観光まちづくりコンテスト2019」で全国第2位 [現代社会学部]

 現代社会学部観光専攻3年の谷脇茂樹ゼミは9月24日、東京都で開催された「大学生観光まちづくりコンテスト2019」の訪日インバウンドステージ本選(成果発表会)に進出し、総得点第2位で優秀賞(JTB賞)と審査員特別賞(日本政府観光局賞)の2賞を受賞しました。
 この訪日インバウンドステージは、訪日外国人観光客が少ない潜在的な地域を対象に、誘客するターゲット国の分析、特性を踏まえた観光まちづくりプランの作成をテーマにしたもので、全国から64大学128チームが参加しました。今回の本選は、予備審査を通過した10チームで競われたものです。
 谷脇ゼミでは、南砺市を調査地域に、五箇山・井波・城端の地域住民と繰り広げる生活体験プランを提案し、その実現性が高く評価されました。ゼミ生からは、「特別賞に加え、まさかこんないい賞を取れるとは思わなかった」「自分たちの思いが伝わってよかった」「他大学のプレゼンに圧倒されたが、自分たちのプランを最後まで信じてよかった」などのコメントがありました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

プレゼンテーションの様子

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

日本政府観光局賞も受賞

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

第2位(優秀賞:JTB賞)を受賞


Posted   パーマリンク

富山市の保育所で教員2名が講義しました #30 [子ども育成学部]

画像(180x134)・拡大画像(640x479)

通常勤務が終わってからの勉強会

  2019(令和元)年9月21日(土)と24日(火)、富山市立古沢保育所で、同市内の有志保育所長、副所長10数名を対象に、保育に関する法制度についての研修会を開催しました。
  講師は、第1回が竹田好美講師、第2回は彼谷環教授が担当しました。
  研修会を主催された大村純子古沢保育所長のお話では、平成29年に関連法規の大改定があったことを受け、法規を学ぶ必要性を感じており、今回、第三者評価を受審することを機会に有志が集まり、「地域社会出講プログラム」を活用しての研修会が開催されました。

画像(180x134)・拡大画像(640x479)

熱心に質問が飛び交います

 
  第1回の竹田講師は、「環境を通した保育について―法制度から考える―」と題し、数ある関係法規の内容と、この度の改定のポイントについて講義しました。
  具体的には、日本の保育の核は「環境を通した保育」です。それは、法律に基づいて定められていること、保育所、幼稚園、認定こども園によって根拠となる法律が異なるため運用上違いがあること、平成29年に「保育所保育指針」「幼稚園教育要領」「幼保連携型認定こども園教育・保育要領」が同時に改訂・改定(大臣告示)され、それぞれの「幼児教育施設としての保育内容」「小学校との接続」の部分が共通化されたことが解説されました。

画像(180x134)・拡大画像(640x479)

憲法の原理を改めて学びます

 
  第2回の彼谷教授は、「子どもの権利について考える―日本国憲法の理念から考える―」と題し、講義しました。
  日本国憲法の制定過程、基本的人権の種類と内容、統治機構(国会・内閣・裁判所)と基本的人権との関係、日本も批准している子どもの権利条約の成立過程と意義について解説しました。日本国憲法を解説する際には、どうしてもヨーロッパの近代史までさかのぼる必要がありますが、その昔、教科書に出てきた「ロック」や「ルソー」、マリー・アントワネットらが、現在の憲法にどう影響を与えているのか、味わっておられました。

  後日、研修会に参加された先生方から、
「学ぶ楽しさが感じられた会でした。」
「今回紹介された人物や歴史を検索してみました。興味が広がって、もっと知りたい気持ちが高まっています。」
「学びをどう活かすかですね。」
という感想をいただきました。

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

9

2019


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

PHOTO

稲刈り体験に行ってきました  #31

稲刈り体験に行ってきました  #31

アイペック奨学金が2名の学生に授与されました。

アイペック奨学金が2名の学生に授与されました。

クリスマス・イルミネーション点灯式を行いました

クリスマス・イルミネーション点灯式を行いました

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog

[東黒牧キャンパス] 〒930-1292 富山県富山市東黒牧65-1 TEL:076-483-8000 FAX:076-483-8008

[呉羽キャンパス] 〒930-0196 富山県富山市願海寺水口444 TEL:076-436-2570 FAX:076-436-1530

Copyright©2006-2012. Toyama University of International Studies. All rights reserved.