19年07月10日(水)

幼小接続を演じて考える  #12 [子ども育成学部]

画像(180x119)・拡大画像(640x426)

いろんな遊びを経験した子どもたちが就学するんだよね

  2019(令和元)年6月、2年生対象の「生活」の授業で、幼小接続の大切さを学びました。横浜市立池上小学校などの取り組みなどを学び、幼児教育を踏まえた低学年の授業について、簡単な寸劇で表現しながら考えました。幼児期の遊びの大切さと、遊びで経験したことが小学校にどうつながるのかをグループで考える機会となりました。

画像(180x119)・拡大画像(640x426)

せんべいやさんが算数と図工の合科につながるかも

【学生の声】
❑ 幼児期の虫取りの遊びは、生き物に親しみを持ち、命の尊さに気付く経験ができると思うが、その経験を踏まえて、生活科では生き物の育つ場所、変化や成長に関心を持つことにつながると思った。
❑ 遊んでるだけに見えて、教科につながるかもしれないってすごい!
❑ 幼児期は無意識による遊びからの学びの芽生え、そしてそれを踏まえて、小学校では教科を通した自覚的な学びがあり、その学びの連続性が幼小接続なのだと思う。
❑ 小学校における合科の学習形態は、幼児期の遊びという総合的な体験と似ていると思った。ただ、合科の形態は評価するときに大変だと思った。

画像(180x131)・拡大画像(640x466)

さつまいもスタンプ遊びが、野菜を育てる好奇心につながる?

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

大好きなお絵かきを学活の自己紹介で生かせるかも


Posted   パーマリンク

自然遊びから保育者の専門性を学ぶ  #11 [子ども育成学部]

画像(119x180)・拡大画像(426x640)

砂山と川を作ろう!

  2019(令和元)年4月〜7月、2年次の「保育内容(環境)」の授業で、砂場などでの自然遊びを学生自らが体験し、仮のドキュメンテーションで表して、最終的に指導案作成を行いました(ドキュメンテーション:保育者が遊びや生活の中での子どもの発達や学びを視覚化し、育ってほしい姿への願いを込めて保護者へ伝達するもの)。

画像(180x119)・拡大画像(640x425)

久々の砂場☆                                      友達と一緒に遊ぶと発見がいっぱいだね!

  まだ実習経験が少ないため、自らの体験をもとに想像しながらの作業でしたが、指針や要領と照らし合わせながら、グループのメンバーと真剣に取り組んでいました。
  この経験を、今後の学びや実習へと活かしていって欲しいと思います。

画像(180x119)・拡大画像(640x426)

自然遊びで学べることをどんなふうに・・

【学生の声】
❑ 久しぶりの砂遊びで夢中になってあっという間に時間が過ぎました。
❑ ドキュメンテーション作りでは、保護者の方にわかりやすくするために、写真をたくさん使い、言葉の使い方、表現の仕方を考えて、吹き出しで説明する工夫をしました。
❑ ドキュメンテーションの発表では、他の班の遊びを通した学びや育ちを詳しく知ることができて参考になった。


画像(180x119)・拡大画像(640x426)

保護者向け仮ドキュメンテーション完成!

❑ 保育のねらいに沿って環境の構成図を考えるのはすごく難しかったが、道具一つで活動が変わることが分かった。
❑ 実際に遊んでみたからか、指導案がいつもより少し書きやすかったです。回数を重ねてしっかり書けるようになりたいと思います。



画像(180x135)・拡大画像(640x480)

いしころすごろく、こんな育ちが☆

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

乾いた砂は入れ物によって音が違うよ


画像(180x135)・拡大画像(640x480)

子どもと実際に遊ぶ時の環境構成は・・・!

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

水鉄砲で遊ぶときは、乾いた壁があると文字が書けます!


Posted   パーマリンク

第4回全国学生ビーチボール交流大会(予選うみひこリーグ部門で優勝)で大健闘!  #10 [子ども育成学部]

画像(180x101)・拡大画像(640x362)

力和(パーワ)のメンバー

  2019(令和元)年7月6日(土)〜7(日)、「第4回全国学生ビーチボール交流大会」が朝日町サンアリーナで開催され、本学部からは、SPORTYサークルの5名が参加してきました。チーム名は、新元号“令和”にちなみ、「力和(パーワ)」と命名。字のとおり、みんなで力を合わせようとの願いが力一杯込められました。

画像(180x101)・拡大画像(640x362)

開会式直前の力和のメンバー

  当日初日は、高知大学や仙台大学といった全国の大学から24チームが参加し、8チームずつが3リーグ(@ひすいリーグ、Aうみひこリーグ、Bやまひこリーグ)に分かれて、予選リーグを行いました。本学部の力和は、うみひこリーグで、見事優勝を果たし、2日目の決勝トーナメントに進むことができました。

画像(134x180)・拡大画像(479x640)

予選リーグ優勝の賞状

  大会2日目は、4名での参加となりましたが、決勝トーナメントでは、総合優勝とはならなかったものの上位3チームに入るという好成績で無事大会を終えることができました。

【参加した選手の感想】
❑ 「みんなで力を合わせて勝てますように!」と短冊に願いを込めて試合に臨みました。おかげさまで思い出に残る七夕となりました。
❑ 初出場ではありましたが、頑張りました。来年こそ優勝してみせたいと思います。
❑ 地域のイベントに参加することで、少しでも大学の活動のPRにもつながればよいかと思います。


画像(180x134)・拡大画像(640x479)

試合の様子

画像(134x180)・拡大画像(479x640)

大健闘のビーチボール

画像(101x180)・拡大画像(362x640)

うみひこリーグで優勝した力和のメンバー

Posted   パーマリンク

19年07月08日(月)

福野まちづくり協議会主催「みんなで考えるこのまちの未来!!」が開催されました。 [地(知)の拠点推進室]

7月7日(日)福野文化創造センターヘリオスで、福野まちづくり協議会主催「みんなで考えるこのまちの未来!!」が開催されました。本学は、南砺市との連携協定をはじめてから、福野まちづくり協議会にも委員として参加しており、当日は、長尾治明地(知)の拠点事業推進室長がまちづくりの方向性について報告されました。住民の方々の事例報告もあり、40名近くの参加者が熱心に耳を傾けていました。地(知)の拠点事業推進室では、各自治体や、住民の方々の地域を盛り上げたいという声を随時受け付けています。

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

Posted   パーマリンク

19年07月07日(日)

南富山のまちづくり [現代社会学部]

 富山国際大学 現代社会学部 環境デザイン 川本研究室では、住民主体でまちづくりを考えて行くグループ「南富山まちづくりを考える会」とともに、まちづくりを通して地域活性化を進めています。6月初旬、南富山駅周辺の交通量調査を行いました。休日と平日の48時間ビデオ撮影を行いました。南富山の駅周辺における人と車の交通量と、危険なポイントを計測します。測定ポイントは6か所想定(写真1)し、学生は撮影したビデオをもとに、計量・分析を行っています(写真2)。この分析結果に基づき、南富山駅周辺のまちづくりを、地域の人々と議論して、まちづくりの計画を進めていく予定です(写真3)。

画像(180x123)・拡大画像(640x440)

写真1

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

写真2

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

写真3


Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

7

2019


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

PHOTO

1年生がロシア語スピーチコンテスで優勝(Поздравляем с победой!!)

1年生がロシア語スピーチコンテスで優勝(Поздравляем с победой!!)

東黒牧キャンパスでクリスマスイベント

東黒牧キャンパスでクリスマスイベント

特許庁開催「東海・北陸 地域ブランド総選挙」において本学チームが決勝戦進出

特許庁開催「東海・北陸 地域ブランド総選挙」において本学チームが決勝戦進出

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog

[東黒牧キャンパス] 〒930-1292 富山県富山市東黒牧65-1 TEL:076-483-8000 FAX:076-483-8008

[呉羽キャンパス] 〒930-0196 富山県富山市願海寺水口444 TEL:076-436-2570 FAX:076-436-1530

Copyright©2006-2012. Toyama University of International Studies. All rights reserved.