19年07月07日(日)

南富山のまちづくり [現代社会学部]

 富山国際大学 現代社会学部 環境デザイン 川本研究室では、住民主体でまちづくりを考えて行くグループ「南富山まちづくりを考える会」とともに、まちづくりを通して地域活性化を進めています。6月初旬、南富山駅周辺の交通量調査を行いました。休日と平日の48時間ビデオ撮影を行いました。南富山の駅周辺における人と車の交通量と、危険なポイントを計測します。測定ポイントは6か所想定(写真1)し、学生は撮影したビデオをもとに、計量・分析を行っています(写真2)。この分析結果に基づき、南富山駅周辺のまちづくりを、地域の人々と議論して、まちづくりの計画を進めていく予定です(写真3)。

画像(180x123)・拡大画像(640x440)

写真1

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

写真2

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

写真3


Posted   パーマリンク

19年07月02日(火)

第69回「社会を明るくする運動」街頭広報活動に参加してきました  #9 [子ども育成学部]

画像(180x127)・拡大画像(300x212)

  2019(令和元)年7月1日(月)、本学SSW・BBS研究会会員9名が、第69回「社会を明るくする運動」の街頭広報活動に参加してきました。今年のテーマは、「Re:スタート」。犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える強調月間、再犯防止啓発月間となる初日、本学研究会は、「社会を明るくする運動」富山県推進委員会・富山市推進委員会の構成メンバーとして、毎年JR富山駅前において啓発活動を行っています。

画像(180x135)・拡大画像(320x240)

開始式の様子

  当日は、富山駅自由通路において、朝7時55分から本研究会の岩田代表による司会のもと、石井県知事(代読)の挨拶など、開始式が行われた後、ポスターの絵が印刷してあるうちわ1,000本を参加者全員で配りました。
  また、本研究会の上会員と多田会員が更生保護のマスコットキャラクター「更生ペンギンのホゴちゃんとサラちゃん」を抱えて、運動を盛り上げました。

【参加した研究会会員の声】
❑ 本研究会が、毎年「社会を明るくする運動」初日の開始式の司会進行役を務めることになっているということに、改めて感動するとともに、研究会の果たす役割の大切さを感じました。
❑ 様々な問題を抱える少年たちに、兄や姉のように身近な立場で接しながら、少年たちの成長を支援するBBS(Big Brothers and Sisters Movement)の活動をこれからも続けていきたいと感じました。
❑ 犯罪や非行からの立ち直りを支えていく「更生保護」という活動に携われることに感謝しています。
❑ 県内で唯一の学域BBSとして、本研究会があるということの大切さを改めて認識するとともに、後輩達につなげていかなければいけない活動だと思いました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

全体司会を務める岩田代表

画像(180x135)・拡大画像(320x240)

更生ペンギンホゴちゃんとサラちゃんをPR

画像(180x135)・拡大画像(320x240)

啓発用のうちわを配布する様子

Posted   パーマリンク

19年06月25日(火)

令和元年度富山国際大学 後援会定期総会、保護者懇談会が開催されました。 [総務課]

令和元年6月22日(土)富山国際大学東黒牧キャンパスに於いて、令和元年度富山国際大学後援会定期総会が開催され、108名の会員の皆さまが参加されました。
 総会審議に先立ち、佐藤後援会長、中島学長、高木学事顧問の挨拶、現代社会学部・子ども育成学部の取組状況、就職状況などの報告がありました。
 総会では、1.平成30年度事業報告、2.平成30年度収支決算、3.後援会役員新任、4.令和元年度事業計画、5.令和元年度収支予算案について審議が行われ、承認されました。

 総会終了後は、懇親会が開催され、佐藤会長の挨拶、原田監事の乾杯が行われ、会員相互、また会員と教職員との親睦を深めました。
 保護者懇談会も行われ、学生生活の状況、学業成績や科目履修状況、就職に関することなど、保護者からの幅広い相談に対して教員が個別に対応させていただきました。

画像(180x134)・拡大画像(519x389)

定期総会

画像(180x135)・拡大画像(461x346)

懇親会

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

懇談会

Posted   パーマリンク

19年06月18日(火)

TUINS6月の進学説明会を開催しました! [入試広報課]

6月16日(日)、富山駅前CiCビル3階の富山国際学園サテライト・オフィスで『TUINS 6月進学説明会』を開催しました。
13:30から16:00まで約2時間半にわたり、2020年度入試の概要、2019年度入試結果の説明、学部(現代社会学部・子ども育成学部)の特色について説明を行いました。
続いて希望学部に分かれ、在学生からキャンパスライフの紹介や参加された高校生・保護者の皆さまと本学の教職員・在学生とで相談会を行いました。

◇当日の様子
https://www.tuins.ac.jp/exam/20190616event.html

Posted   パーマリンク

19年06月11日(火)

留学生、身近にある世界遺産(白川郷)を見学 [現代社会学部]

令和元(2019)年6月1日、新たに入学した交換留学生18名が、世界遺産「白川郷」合掌の里を訪れ、合掌造り集落とそこから伝わる日本の伝統文化を体験しました。これは留学生に日本の歴史、文化、社会を知ってもらうために、異文化理解の一環として毎年行われている活動です。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

午前中はまず、天守閣展望台で記念を撮影し、そこから白川郷の町並みを一望しました。そのあと、「せせらぎ公園」からスタートして、景色の綺麗な「であい橋」を渡り、集落の中に入りました。「白川八幡神社」「明善寺」の周辺を散策してから、代表的な家屋である「和田家」の家屋内に上がり、多くの美術品や生活用具などを見て回り、合掌造りの内部構造も詳しく知ることができました。白川郷の郷土料理を楽しんだ後、午後から、集落に点在する数多くの重要文化財を見学したり、写真を撮ったりして、文化体験の時間をゆったりと過ごしていました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

留学生たちは、伝統的な合掌造りをはじめ、今でも大切に守られている合掌の里の伝統的な生活、古い景観や文化を自分の目で見て、肌で体感していました。日本の文化と自分の国の文化は同じ面もありながら異なる面も多く、常にこの違いを考えて、早く日本の社会、日本での留学生活に慣れたいと留学生たちは自分の感想を述べていました。

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

7

2019


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

PHOTO

第24回富山国際大学同窓会蒼昊会総会を開催しました

第24回富山国際大学同窓会蒼昊会総会を開催しました

平成30年度 経営情報専攻 卒業研究発表会が行われました。

平成30年度 経営情報専攻 卒業研究発表会が行われました。

「施設実習Ⅱ」の実習報告会  #34

「施設実習Ⅱ」の実習報告会 #34

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog

[東黒牧キャンパス] 〒930-1292 富山県富山市東黒牧65-1 TEL:076-483-8000 FAX:076-483-8008

[呉羽キャンパス] 〒930-0196 富山県富山市願海寺水口444 TEL:076-436-2570 FAX:076-436-1530

Copyright©2006-2012. Toyama University of International Studies. All rights reserved.