19年03月27日(水)

シンガポール研修2019(その1:シンガポールと日本の観光スポットを比較) [現代社会学部]

 現代社会学部観光専攻は、2019年3月3日から7日まで、グローバルキャンパス「シンガポール研修2019」を実施しました。2年生から4年生までの学生20人が参加して、シンガポールの観光振興事業や観光関連施設の調査・視察などを行いました。
 シンガポールは小国にも関わらず、ビジネスや航空などのハブとして注目されている国です。今回の研修では、@シンガポールと日本との観光関連施設・スポットの違いを分析、AシンガポールのIR(統合型リゾート)施設や観光振興策の調査、B日本企業のシンガポールでの事業活動調査、を目的に行いました。
 期間中、マーライオン公園やガーデンズバイザベイ、チャイナタウン、ナイトサファリなどを視察しました。同じ観光施設でも昼と夜で姿、見せ方を変え、狭いエリアに関わらず魅力を創造するシンガポールの取り組みを直接体感する機会になりました。

(文責・谷脇)



画像(180x135)・拡大画像(640x480)

ガーデンズバイザベイで記念写真

画像(180x101)・拡大画像(640x360)

夜はライトアップで別の顔になるガーデンズバイザベイ

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

チャイナタウンを視察


画像(180x134)・拡大画像(640x479)

夜の観光ナイトサファリを体験


Posted   パーマリンク

オーストラリア留学を終えて [現代社会学部]

6ヶ月間のオーストラリア留学を終えた田村駿介くんから最終レポートが届きました。
This is my last Australia report. I graduated from uni on February 7. My host father was surprised about my graduation because I hadn’t told him about that, but he was very glad. After that, we talked a little about uni and my English skill, and my host father said that my English skill had become better than at first. I was delighted. That night, we went to Japanese restaurant, but Japanese restaurant was crowded. There was not enough space, but we didn’t give up. We waited for 1 hour while drinking alcohol at the bar. We went to a Japanese restaurant, because the time had come. The restaurant had a good atmosphere. There were Japanese pictures on the wall and of course only Japanese food on the menu. It’s Japan. I had curry and shabu shabu. They were very yummy, and the rice was especially good, because recently I hadn’t eaten rice. My host father had shabu shabu, and he said it was delicious. It was good night and a fun day.
One day, a new housemate from Japan came. He came to Australia by English tours with many friends. He was planning to stay at home for just 1month, so fast. English tours usually study at uni for 1 to 3 months. They usually talk in Japanese with Japanese friends.
 I made a new friend who come from New Zealand. I heard about him while I was playing basketball. His parents live in New Zealand now, and he came to Australia for study in English. I know about English conversation while taking with international students. International students’ English is easier than local people’s English. So we should talk with international students or local students. I think it’s the most important thing.
He asked me, “Would you teach me to play basketball?” I said, “Of course.” I didn’t know if it would be difficult to teach basketball to a foreigner in English. I have body language, so I explained it using both body language and conversation. It was most difficult to explain the rules of basketball, but I could teach my friend the rules, and he understood. I’m still e-mailing with him. He is not in Lismore anymore, which is where I am staying in Australia. He went to Melbourne to study for two years. I can’t meet him now, but I am going to meet him some day, and he can be a guide in New Zealand for me. I’m looking forward to that.
 I was going to go to the beach of Byron with him but I couldn’t, so I went to the beach alone. It was not difficult to go alone, because I had been to beach once before. I think Byron is a beautiful city and it is near Lismore. I often go to Byron for swimming in the sea and to buy souvenirs of Australia for friends and family. I often used bus for transport. It only costs 5 dollars to go from Lismore to Byron by bus, so it’s very cheap. Australia people usually use the bus. Do you know opal card? Opal card is used by bus in NSW like Suica and Pasmo in Japan. If you have the opportunity to go to NSW, I think that you should by opal card.
I have to back to Japan in one week. In these 6 months, I had many deep experiences through studying abroad. For example, I had to communicate in English everywhere, Christmas was hot, and more. I had fun, and I think I had a nice host. I miss the house, the host family and Australia. I’d like to come to Australia again someday with friend.
Thank you for reading.

画像(135x180)・拡大画像(240x320)
画像(135x180)・拡大画像(240x320)
画像(135x180)・拡大画像(240x320)

Posted   パーマリンク

19年03月26日(火)

カナダ異文化研修旅行4  #74 [子ども育成学部]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

  2018年度カナダ異文化研修の一行は、3月19日(火)に無事に元気で富山に戻ってきました。
  レスブリッジ大学での研修の最終日となった15日(金)には、英語の授業で2人1組になり、初めて日本や富山についてのプレゼンの経験をしました。食べ物、衣類、名所、昔話、国民性という5つのテーマの内の一つを各ペアが担当しました。このように大きくて一般的なテーマを前にして、何をポイントにして話せばよいか、話したい内容を表にはどういう英語表現を使えばいいかということに苦心したようです。皆が懸命に取り組みました。まだ、流暢に雄弁に話すことはできないのですが、今後、日本や富山のことを他国の人に発信するためのよい経験になったと思います。
  15日に行われた最後の活動は、カナダ人学生との Conversation Cafe でした。日本語を学んでいる学生や留学生の会話パートナーとして活躍している学生が来て、私達の大学だけではなく日本の他大学の学生達も集まって、グループ別の会話や全体でのゲームを楽しみました。研修の開始時には緊張していた英語でのやりとりも、この頃になるとかなり楽になっていたと思います。出身国の違う学生達が交流している姿を見るのは楽しいものです。今後も是非連絡を取り合って交流を続けてほしいと思います。
  これで、10日間のレスブリッジ大学での研修が終わり、夕方にはホストファミリーの皆様や会話パートナーのカナダ人学生も参加して、修了式が行われました。その記念写真を掲載します。このプログラムを実施するようになって3年目となり、提供する側にも提供される側にも経験ができてきて改善にも努めてきました。学生達にとって大変充実した10日間になったようです。

画像(180x135)・拡大画像(577x433)

  16日には太平洋岸のブリティッシュコロンビア州のバンクーバー市に移動し、17日は終日、そこの名所旧跡の訪問を行ないました。100人乗りの大きなロープウェイで地元の方達のスキー場となっているグラウスマウンテンに登ったり、長くて大きくて揺れるキャピラノ吊橋をみんなで渡ったり、水上バスに乗船して港の景色を味わったり、マーケットでおいしいクラムチャウダーを食べたりと、大自然に囲まれた大都会での滞在を満喫しました。みんなで相談して決めた2回の夕食(中華料理とギリシャ料理)も好評でした。参加者がこの研修の全体的な感想を送ってくれましたので、その一部をご紹介してこの報告を終わります。長いレポートを読んでくださった皆様に感謝申し上げます。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

【感想】
❑ カナダの人は自己主張を行えて、気持ちを表に出して生活していると感じた。これができればコミュニケーション能力が育つと思った。感情から動いた行動はとても優しくときに迷惑だと感じることもあるだろうが、それは自分が日本人だからだと思う。日本人は日本人らしく趣があることも大切だと思うが、時代が流れていくから、自己主張をするという文化は絶対に必要だと思う。その個性につながっているのが学校での教員の技だと思う。中華料理、ギリシャ料理、カナダ料理を食べておいしいと素直に感じたが、同時に日本食のほうがおいしいと思い、日本も誇れるものが確実にあると実感した。
❑ ペアパートナーのShamと過ごす時間が私にとって本当に大切な思い出になった。最初に会った時は緊張と自分の語学力不足で、あまり話せずにいたが、日を重ねるごとに会話も少しずつできるようになり、お互いの趣味について語れるほど打ち解けられたことが本当に嬉しかった。最終日の修了式でプレゼントをくれるときに”Don’t go back to Japan,stay here forever! Come back here again using the half year or 8 monthstudy abroad program!” と言ってくれた。この他にも、カナダの人々はとても親切で心温まる言葉や対応に2週間の中でたくさん心を救われた。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

❑ 周りがすべて英語になってしまった時、本当にもっと英語を勉強しておけばよかったと後悔した。日本にいると日本語を話せば伝わってしまうから、英語で必死に伝えようと頭をフル回転させた。今回は10日間とあっという間の学校だったけれど、日本でも英語の勉学に継続的に取り組んでいきたいと強く思った。
❑ 私は、最後の日が来るまでは、あまり実感がなかったが、いつの間にかホストファミリーと本当の家族になれた気がしてとても嬉しかった。最後の日の夜に、サプライズでカナダのTシャツをもらった。私は、涙が止まらなかった。英語で話さなければならず、言いたいことが言えない時は、とても辛くなって、悩んで考えての繰り返しの日々だったけれど、私は、人生で一番、人の温かみに触れることができたと感じた。
❑ カナダの保育所、小学校訪問では日本と結構違う印象でした。どちらの施設もまず自由。しかし先生の言うことはちゃんと聞いていました。もし、日本で多くのことを自由にすると、もともと厳しいルールに縛られているせいか、好き放題します。そして結局、また厳しくするという悪循環になるでしょう。この自由さを日本の教育に生かすことができれば、もっとレベルの高いものになるのではないかと思います。
❑ このプログラムで私は誰かが動くのを待つのではなく、自分から動く行動力と今までの常識にとらわれない大きな価値観を培うことができた。これらはずっと日本にいたのではなかなか身につかないものであったと思うし、きっとこれからの人生で大きな役割を果たしてくれるものであると信じている。これからもいろんな国に行き、もっとたくさんの文化、生き方に触れ、自分を育てる糧にしたいと考えている。今回のカナダの経験でより一層世界を味わいたいという気持ちが強まった。こんな貴重な経験をさせてもらえたことに感謝し、日々自分を磨き続けようと思う。

担当 福島

Posted   パーマリンク

19年03月22日(金)

上坂教授 小水力発電に関するインタビュー [現代社会学部]

本学現代社会学部の上坂教授が
経産省資源エネルギー庁でインタビューを受けました。
小水力発電に関する記事です。

【インタビュー】「日本の環境に適した小水力発電は、地域の活力を生みだすもとになる」―上坂博亨氏(前編)

現代社会学部環境デザイン専攻では、環境問題に対する対策を考え、持続可能な社会を創造する力を育てています。

Posted   パーマリンク

19年03月17日(日)

カナダ異文化研修旅行の様子3 #73 [子ども育成学部]

  2019(平成31)年3月14日(木)、早いもので、レスブリッジ大学での10日間の研修日程が明日(15日・金曜日)の夕方で終わります。
  今週は様々な活動によって大変密度の濃い、そして忙しい1週間でしたが、学生達は元気で研修に励んでいます。
  今回のレポートは、学生の感想もお伝えします。

画像(180x135)・拡大画像(577x433)

ダウンタウンにて

1.経営学部での授業参加(グローバルマーケティングについて)
  英語で語られる内容が分かるかと心配していましたが、学生達は引率者のそんな杞憂を吹き飛ばしてくれました。発表が立派にできました。
  カナダ人学生のグループ発表の後のディスカッションにも参加し、ここのディスカッションは面白いと言っていました。大学生による地域貢献のための新しいビジネスの創出など、本学の東黒牧キャンパスとの共通点もあったと思います。ディスカッションの時に、カナダ人学生が黙っていたり遠慮したりしていないのが新鮮だと言っていました。
  国の境を超えて同世代の若者が交流する姿を見るのは、引率者としても大きな喜びです。中家君と大西さんの発表内容「日本でのマーケティングの成功例と失敗例」と結びつけて持参した抹茶キットカットは、美味しいと評判でした。

画像(180x135)・拡大画像(577x433)

保育所訪問

2.デイケア(大学キャンパス内の保育所)訪問
  5人ずつのグループに分かれ、3〜4歳児のクラスを訪問しました。最初のグループは「ひな祭りのお人形作り」、次のグループは「えびかにダンス」を子どもと行ない、後で園庭に出て子ども達と一緒に遊びました。まだ雪の残る園庭ですが、疲れを知らない子ども達と一生懸命遊んでいる姿が印象的でした。それぞれ2時間だけの訪問でした。

【感想】
❑ 子どもが反応したこと、やったことに対して、それに応じた評価や褒める言葉が先生から返ってくるので、子どもたちの自己肯定感が高まりそうです。子どもがしたいと思うことをできる範囲でさせているところは日本と同じですが、危ないところは先生は見張っていて子どもと一緒に遊びません。活発な子も静かな子もいますが、「私はこうしたい」と言う子の方が多いような印象です。(中島)
❑ 環境に違いがありました。廊下がなくて中心に大きなプレールームがあり、各部屋に大きな冷蔵庫があって、そこに弁当と水筒を入れていて、子どもは自由に水筒を出し入れしています。園庭には飛行機の形のシーソーがあって、子どもたちがとってもたのしく遊んでいました。プラスチックのカップの空き箱を再利用して遊ぶところも見ました。(高木)
❑ 外に出て遊ぶ時には、ドアの前に1列に並んで待つといったルールが設定されていました。座るところが決まっているのは日本と同じですが、靴は脱ぎません。後片付けは基本的に先生の役目のようです。園庭の遊び道具は、あまり片付けられていませんでした。園庭に置かれたタイヤの中に、ぬいぐるみのクマが凍った状態でいたので私達はみんなびっくりしたのですが、先生は "Oh, a frozen bear!" と鷹揚に言い、怒るような様子は見られません。(島崎、中家)

画像(180x135)・拡大画像(577x433)

本で創られたアーチ

3.YWCA訪問
  家庭内暴力などから逃れてくる人々のシェルターとなっている市内のYWCAを訪問し、居住空間や子ども達のための学習室などを見学しました。ここには、アメジストという名の、性的被害者のための団体もあり、そこの担当者からもお話しを聞くことができました。

【感想】
❑ アメジストでは、性的被害について本人が話せるようになるまで1年間待つというシステムがあり、それは良いと思いました。日本にもこういう団体ができるとよいと思います。(桐)


画像(180x135)・拡大画像(577x433)

4.カナダの多様性についての講義
  私達のプログラムで学生アシスタントを務めているシャレットさん(女性・科学学部)が、カナダの多様性について、先住民、移民と難民、少数民族、障害を持つ人々、性的嗜好の5つの観点から分かりやすく説明してくれました。最後の観点は、私達にすでに馴染みのあった「LGBTQ」という用語から「lGBTQIAP+」に変化し、4項目増えていることに気づきました。

【感想】
❑ シャレットさんの説明はとても分かりやすかったです。多様性について、これまでの自分の視野は狭かったなと思いました。(山元)

5.株の売買のトレーニングプログラムに参加
  レスブリッジ大学の経営学部にある Stock Market Lab で学生達のために行なわれている株の売買のトレーニングプログラムをみんなで受講しました。お金も市場もシミュレーションの第1段階から両方とも本物のものにする第3段階までいくトレーニングで、初心者の私達は両方シミュレーションで「リンゴ」と「石油」に関してコンピューター上で株の売買を経験しました。株価の上がり下がりが表示される中で、どこで買うか、どこで売るかと悩み、BUY や SELL をクリックするのですが、1サイクル終わるごとに参加者全員の順位が発表され、「うわーもうかった」、「だめだった」、と声が聞こえてきました。みんなにとって初体験で、とても楽しい時間となりました。日本の大学でこういうプログラムが行われないのはどうしてなのかという疑問が聞かれましたが、確かな答えは不明です。儲け方について質問した人もいて、インストラクターから、失うことも多いので気を付けなければという訓諭もありました。

6.小学校訪問
  今回の訪問では、新たに授業参観の時間が加わり、音楽、算数、コンピュータなどの授業や特別教室を見せてもらいました。そのあと2年生のクラスで折り紙(紙飛行機作り)と日本語の簡単な単語の伝言ゲームを行ないました。

【感想例】
❑ 日本と比べて特別支援が必要な子どもに手厚く、軽度なら通常クラスに入れて1人に1人の(担任以外の)先生がついています。普通15人程度のクラスに2〜3人の先生がいるわけです。(喜)
❑ 障害のある子どものための部屋がひとつあって、車椅子、ソファ、水の中でおもちゃが浮いたり沈んだりする装置などが置いてありました。子どもを落ち着かせたいときには照明を落として使うそうです。校長先生によれば、こうした部屋を持っている小学校は少ないそうです。重度の自閉症児はこの部屋で過ごさせ、そうでない自閉症児は通常クラスにいるそうです。(高木)
❑ 将来のIT化のためにコンピューターを使う教育(機械、教員、プログラム)が整っています。また、算数では、前に出て発表した子と先生がハイタッチしてコミュニケーションをしていました。見ていいなと思いました。(島崎)
❑ 算数の筆算の仕方が違います。どの子も小型のホワイトボードで書いては消し、書いては消ししていたので、ノートの方がよいのではないかと疑問に思いました。(上田、宿波)
❑ ホワイトボードで計算ができた子からホワイトボードを挙げて先生に伝え、先生が "Good!" と言っていました。(山元)
❑ 図書館だと思っていた部屋が実は学習室で、レゴとかゲームも置いてありました。こういうものを置くことは日本はかなり制限されています。(桐)
❑ 音楽の授業で使われていたスクリーンは大型の iPadのようなもので、先生がタッチしてYouTubeの動画を動かしたり、
楽譜を写しだしたりしていました。
❑ 2年生の担任の先生は、言葉がけによる仕切りが上手で、5秒以内に子ども達を座らせることのできる先生でした!私達の折り紙のセッションでは、ひとつできるごと "Perfect!" と言っておられました。(宿波、山元、高木)
❑ 文化の違いが見えました。内履きに履き替えない、机ではなくテーブルが使われていて色々な種類の椅子が置かれている、校舎の作り方が違う、等です。でも、先生達が子どもを見る目線は日本と同じようだと感じました。(大西)


画像(180x135)・拡大画像(577x433)

英語の授業の様子

7.ESL (英語の授業)
  毎日3時間ずつ受講している、ジル先生の英語の授業でも、様々な活動が仕組まれていて、良い体験がもたらされています。例えば、5人の学生が先生と一緒に輪になって座り、突然先生が1人にお題を与えて、すぐにそのお題について話すという活動をしました。一般的に、準備をしたスピーチは何とかこなせますが、いきなりとなるとなかなか上手くいきませんので、スピーチのよい練習になっていることを実感しているようです。最終日の明日(15日)は、2人1組で日本文化についてプリゼンをすることになっています。

  明日の夕方に行なわれる修了式と送別会が終わりますと、あさっての朝にはバンクーバーに向けて出発します。
  もう一度、カナダ便りがお送りできればと思っております。


担当 福島

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

3

2019


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

PHOTO

Santa Claus came to TUINS!

Santa Claus came to TUINS!

環境デザイン専攻卒業研究中間発表会を実施しました

環境デザイン専攻卒業研究中間発表会を実施しました

平成22年度入学式

平成22年度入学式

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog

[東黒牧キャンパス] 〒930-1292 富山県富山市東黒牧65-1 TEL:076-483-8000 FAX:076-483-8008

[呉羽キャンパス] 〒930-0196 富山県富山市願海寺水口444 TEL:076-436-2570 FAX:076-436-1530

Copyright©2006-2012. Toyama University of International Studies. All rights reserved.