19年01月31日(木)

高濃度CO2栽培に挑戦!ブロッコリーなど大きく育つ! [現代社会学部]

 環境デザイン専攻の3年生数名が平成30(2018)年度、本学の「夢への懸け橋事業」の助成を受けて、木質バイオマスの発酵を利用した高濃度二酸化炭素による農芸作物の栽培促進研究を行いました。大学のキャンパス内に小さなビニールハウスを2棟作成し、その中でブロッコリーやホウレンソウなどの野菜を育成します。ビニールハウスの1棟にはスギの枝葉を粉砕したチップをフレキシブルコンテナに詰め込んで発酵させる「発酵体」を設置し、他方の何もしないビニールハウスとの育成の差を測定しました。その結果、スギの枝葉を発酵させたビニールハウスでは約1.5倍の成長促進が見られ、大きさだけでなく甘味の強いホウレンソウが収穫できました。この研究結果は現在研究論文にまとめています。

 スギの枝葉などは通常は山林に捨てられる「廃棄物」ですが、これを発酵させればCO2が発生します。植物が光を浴びてブドウ糖を合成する光合成作用の中で、大気中のCO2は原材料となる最重要な物質です。CO2濃度をスギ枝葉の発酵によって通常の10倍以上の濃度に高くすることで光合成が飛躍的に促進され、植物が見違えるほど大きく育つことが今回の実験で確認できました。捨てられている木質バイオマスの有効利用の一つのモデルです。「今年の春からはさらに、実のなる作物(果実性野菜)に挑戦したい」と、学生たちは張り切っています。

(注1)「夢への懸け橋事業」とは、本学学生の自由な発想で発案されたチャレンジャブルな事業に大学が補助金を提供して、学生の取り組みを応援する制度。

画像(134x180)・拡大画像(479x640)

実験を説明する自作の看板

画像(134x180)・拡大画像(479x640)

小さなビニールハウスを設置

画像(134x180)・拡大画像(479x640)

育成中のブロッコリの草丈計測


画像(180x134)・拡大画像(640x479)

スギの枝葉チップを入れて発酵体を作成

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

2棟のビニールハウス。右のハウス内に白く見えるのが発酵体


画像(134x180)・拡大画像(479x640)

発酵に使ったスギの枝葉チップ

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

2か月後のホウレンソウの生育状況(左がCO2有り)

「高濃度CO2栽培に挑戦!ブロッコリーなど大きく育つ!」の続きを読む

Posted   パーマリンク

19年01月29日(火)

「富山に学ぶインターンシップ・T」報告会を開催しました  #61 [子ども育成学部]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

  2019(平成31)年1月23日(水)、小学校教諭をめざす3・4年生25名、幼稚園教諭・保育士・社会福祉士をめざす3・4年生5名が、昨年(2018年)の6月から12月にかけて小学校や保育所、幼稚園、社会福祉協議会等で実施した「富山に学ぶインターンシップ・T」の報告会を行いました。報告会は、4つのグループに分かれ、各グループ7〜9名が発表しました。
  「富山に学ぶインターンシップ・T」は、「事前指導」・「就業体験(実習・研修)」・「訪問指導」・「事後指導」で成り立っており、「就業体験(80時間以上)」は、自己開拓を原則とし、学校、施設、事業所等、卒業後の進路を見据えながら、興味・関心のある場所を選定することになっています。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

<学生の声>(履修者)
❏ 他の人の発表も聞いて、改めてインターンシップの良さが感じられました。良き学びになり、行って良かったなと思いました。
❏ ほかの人の発表を聞き、それぞれが経験した学びを知ることができるとともに、自分の発表を通してインターンシップを振り返ることができました。
❏ 他の方の話を聞いて、新たな課題も見つかりました。現場に出てからも頑張りたいと思います。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

<学生の声>(次年度履修希望者)
❏ 富山に学ぶインターンシップIの報告会の資料をもらった時に、話を聞いてみたいと思い今日参加しました。実習とは違った体験がたくさんできると知り、とても魅力的だと感じました。 
❏ インターンシップと実習の違いや、自主研修との違いを知るとても良い機会になりました。社会福祉士分野で行こうと思っているので、その先輩から直接お話も聞けて良かったです。3年生の時にインターンシップ、取ろうと思いました。


Posted   パーマリンク

平成30年度施設実習T報告会を開催  #60 [子ども育成学部]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

真剣に聴き入る1年生

2019(平成31)年1月23日(水)、保育士資格をめざす2年生73名が、昨年11〜12月に実施した「施設実習T」(児童福祉施設及び障害者支援施設での10日間の実習)の報告会を行いました。
  報告会のねらいは、実習を振り返り、実習での学びを共有する(2年生)、「施設実習T」の内容を理解し、履修選択の参考にする(1年生)ことです。
  4グループ(1グループ7〜8施設)に分かれ、実習施設ごとに発表を行いました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

発表を行う2年生

<学生の声>(2年生)
❏ それぞれの施設の利用者や子どもたちのことがよく分かりました。一人ひとりに合った援助の重要性や様々なニーズに対応する必要があることを学びました。
❏ 発表を終えて、自分の学びや経験を他者に伝えることの難しさを実感しました。他の発表を聴いて、改めてこの施設実習が私たちの価値観に大きな影響を与えていることが分かりました。

画像(180x135)・拡大画像(320x240)

質問をする1年生

<学生の声>(1年生)
❏ 表情や行動を見て、一人ひとりに合った援助が大切だと分かりました。どの先輩も実習に行く前と行った後で、施設の利用者さんを通して障がい者のイメージが変わったと言っておられました。施設実習では積極的にコミュニケーションをとっていくことが大切だと思いました。
❏ 皆さんが実際に利用者の方と関わっていく中で、不安感もなくなり、自分たちの偏見に気づいたり、行動の背景を考えられるようになったと言っておられました。また。利用者さんからの働きかけに心が温まったり、環境構成や好みをなどで利用者さんとの関わり方がわかるなど、とても有意義な実習だったことが伝わってきました。私も頑張りたいと思いました。

Posted   パーマリンク

19年01月28日(月)

保護者向け「一般企業対象就職説明会及び懇談会」を開催しました [キャリア支援センター]

平成31(2019)年1月26日(土)、東黒牧キャンパスにおいて、一般企業に就職を希望する3年生の保護者を対象とした説明会と懇談会を開催しました。悪天候にも関わらず、20名以上の保護者の方々と教職員が参加しました。
まず、株式会社アイバックの石井謙一氏による記念講演が行われ、「富山県内学生の就活状況」と題して、就職活動の時期や活動内容を保護者の皆様へお話しいただきました。
続いて、上坂キャリア支援センター長から、本学4年生の就職内定状況やキャリア支援センターの支援体制等を説明しました。また、長尾地(知)の拠点事業推進室長より、COC+地域創生人材育成プログラムを中心に、本学の特色ある学びについての説明がありました。
後半の懇談会では、パネルディスカッション形式で、保護者の方々からこれからの就職活動に関する質問や要望を伺い、大学側が回答するという意見交換を行いました。本日の説明会・懇談会を通じて、3月の就職活動に関する情報公開に向けて、保護者の皆様と大学が相互に情報交流を図るよい機会となりました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

画像(180x135)・拡大画像(640x480)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

Posted   パーマリンク

19年01月18日(金)

「子供が育つ自然体験活動」セミナーin呉羽2019に参加しました! #59 [子ども育成学部]

画像(180x135)・拡大画像(300x225)

  2019(平成31)年1月18日(金)、自然体験活動の授業の一環として、富山県呉羽青少年自然の家で行われた「子供が育つ自然体験活動」セミナーin呉羽2019に参加しました。
  午前中は、金沢大学大学院教職実践研究科教授の松本謙一先生から「体験を学びにする指導者のはたらき」と題して講演を聞きました。先生が富山市立堀川小学校で1年生を担任していたころ実践された生活科「みんななかよし −ひよこー」のお話を中心に、どうやって子供一人一人が思いや願いを見取り、体験を子供の主体的な学びに結び付けていくかを教えていただきました。ひよこを育てる中での子どもたちの思いや願いを話し合うことで深く学ぶことができました。
  1年生のみんなは大変意欲的で、活発に意見が出て、その意見に自然に拍手が起きる素晴らしい講義になりました。

画像(180x135)・拡大画像(300x225)

  午後からは、「石窯で焼くピザづくり」に挑戦しました。雪があれば、雪の呉羽丘陵のトラッキングやスノーチューブ体験ができなかったのは残念でしたが、グループで生地を練り、ピザ生地を作り発酵させ、きれいに形を整えて、具材を乗せ焼くまでに真剣に取り組みました。
  焼きあがった美味しいピザを食べて協力のよさを味わいました。

画像(180x135)・拡大画像(300x225)

  短い時間でしたが、将来、幼稚園や小学校教員、保育士など子供と関わる仕事に就く者として、体験の大切さを再確認し、それぞれの子供との関わりかたを考え直す、素敵な機会になりました。松本先生、呉羽青少年自然の家の皆さんに深く感謝したいと思います。

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

1

2019


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PHOTO

シンガポール研修2019(その1:シンガポールと日本の観光スポットを比較)

シンガポール研修2019(その1:シンガポールと日本の観光スポットを比較)

キャンパス紹介【学友会】  #4

キャンパス紹介【学友会】  #4

ALL富山COC+主催「とやま塾inTOGA」が開催されています。

ALL富山COC+主催「とやま塾inTOGA」が開催されています。

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog

[東黒牧キャンパス] 〒930-1292 富山県富山市東黒牧65-1 TEL:076-483-8000 FAX:076-483-8008

[呉羽キャンパス] 〒930-0196 富山県富山市願海寺水口444 TEL:076-436-2570 FAX:076-436-1530

Copyright©2006-2012. Toyama University of International Studies. All rights reserved.