19年01月16日(水)

地域課題探求講座で田中幹夫南砺市長にご講演いただきました。 [地(知)の拠点推進室]

 現代社会学部では平成31年1月16日(水)、「地域課題探求講座」に田中幹夫南砺市長をお呼びし、「南砺市の取り組みと展望〜一流の田舎への挑戦〜」と題して、特別講義を行いました。
 本講義は、平成27年度に認定されたCOC事業の一環として、学生への地域課題発見への意識付けとして行うものです。
 本学と南砺市は、平成27年度に包括連携協定を締結しており、講義では南砺市の魅力や課題について説明をしていただきました。
学生たちは市長の言葉に耳を傾け、真剣な表情で熱心に学習していました。

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

Posted   パーマリンク

19年01月15日(火)

2019 Global Collaboration Campを実施しました [国際交流センター]

 2019年1月10〜12日、韓国の協定校 大邱大学・大邱韓医大学の学生20名を東黒牧キャンパスに迎え、本学の学生10名が合流、2泊3日寝食を共にして両国共通の社会的課題の解決に取り組む 「Global Collaboration Camp」 を実施しました。同キャンプは2016年から実施してきたもので、2016年は富山、2017年、2018年は韓国(慶尚北道慶山市)で開催し、今回で4回目となります。
 今回は「Urban Regeneration Idea」、富山市中心市街地の活性化をテーマとし、日韓混合5チームが各々課題解決のアイディアを競いました。11日は株式会社まちづくりとやま様より中心市街地活性化事業を詳細にレクチャーいただき、その後1日かけてフィールドワークを行い、総曲輪通り、中央通商店街を歩き回りました。最終日は富山駅前の本学園サテライトオフィスにて、日本語・韓国語と英語を交えたコミュニケーションでメンバー全員が協力しまとめ上げた中心市街地活性化案をチームごとに発表しました。短時間フィールドワークにもかかわらず、富山市内で撮影した動画を有効に活用して外国人からみた富山の魅力と問題点を提示し、その解決策(空店舗対策、市内公共交通の利用促進策など)を具体的に提案しました。今回のキャンプを通し、共に一つの課題に取り組むことで言葉を越えた信頼関係を築くことが出来たのではないかと思います。
 これからも日韓の学生がコラボして両国の社会の課題解決策を考えるキャンプを継続し、実際的で社会貢献できる提案として採用されるよう完成度を高めていきたいと思います。
キャンプの実施にあたり、ご協力いただいた株式会社まちづくりとやま様及び大邱大学・大邱韓医大学のスタッフの皆様、真剣に取り組んでくれた学生の皆さん、そして最終日にかけつけてくれた前回キャンプ参加学生の皆さんに感謝申し上げます。

画像(180x135)・拡大画像(327x246)
画像(180x135)・拡大画像(327x246)

画像(180x135)・拡大画像(327x246)
画像(180x135)・拡大画像(328x246)

画像(180x135)・拡大画像(328x246)
画像(180x135)・拡大画像(328x246)

画像(180x135)・拡大画像(328x246)
画像(180x134)・拡大画像(330x246)

Posted   パーマリンク

18年12月25日(火)

「学生生活におけるトラブル防止啓発講義」が実施されました [学生課]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

2018年12月12日(水)、現代社会学部の全学年を対象に「学生生活におけるトラブル防止啓発講義」を大講義棟Tにて実施いたしました。
これまで学生生活にかかわるトラブルに関し、本学では違法薬物乱用やアルコールハラスメント、交通マナーの問題等の様々な啓発活動を行ってきました。
近年、高度情報通信社会の進展、商品やサービスの多様化を背景に、アルバイトや就職活動、サークル活動を騙った悪質な商法、投資への誘導や、インターネットにかかわるトラブル等、若者を狙った消費者トラブルが相次いでいます。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

このようなトラブルに巻き込まれないよう、富山県消費生活センターが実施する消費生活講座を活用し、弁護士の山本篤広先生をお招きし、実際に寄せられた相談をもとにトラブルの現状や対処方法について詳しくお話していただきました。
参加学生は、社会的な経験が少なく、悪意を持った人たちの標的になりやすいため、トラブルに巻き込まれないよう、また、巻き込まれても冷静に対処できるように、真剣なまなざしで講義に耳を傾けていました。

Posted   パーマリンク

アカペラサークルがプロのミュージシャンと共演  #58 [子ども育成学部]

画像(180x101)・拡大画像(487x274)

沢田知可子さん・中西圭三さんのサイン

  2018(平成30)年12月16日(日)、滑川西地区コミュニティホールで行われた「沢田知可子&中西圭三コンサート」に、子ども育成学部アカペラサークルから6名がバックコーラスとして参加させていただきました。これは、平成30年度富山県公立文化ホールネットワーク公演事業の一環として行われたものです。

  ご存知のように、沢田知可子さんは「会いたい」、中西圭三さんは「Woman」が大ヒットし、NHK紅白歌合戦にも出演された有名なアーティストです。こうしたプロの方々と共演させていただけくのは、私たちにとって初めての体験でしたので、とても緊張しました。

画像(180x134)・拡大画像(238x178)

おふたりを囲んで

  リハーサルの際に、沢田さんと中西さんから丁寧なアドバイスをいただくうち、だんだん緊張も解けていきました。
  本番では、「いのちからのおくりもの」「Bloom!Bloom!〜サクラ咲け!〜」「夢の中へ」の3曲に参加させていただき、会場もとても盛り上がりました。


  コンサートの後にはお二人と集合写真を撮り、サインもいただきました。参加したメンバーにとって、忘れられない大切な思い出となりました。(アカペラサークル・高村達也)

Posted   パーマリンク

18年12月18日(火)

キャリア入門講座(保育分野) 特別講義   #57 [子ども育成学部]

画像(180x125)・拡大画像(549x382)

笑顔で話す高瀬先生

  2018(平成30)年12月10日(月)、「キャリア入門講座」(1年次必修科目)で、 保育分野の特別講義を実施しました。
  今回は、子ども育成学部の卒業生である高瀬可菜先生(富山市立浜黒崎保育所・保育士)に、講師としてお越しいただきました。

画像(180x127)・拡大画像(640x452)

運動会で行った体操も体験

  まずは音楽にのって元気に体操をするところから始まり、楽しいペープサートの披露もあり、保育の現場で実際に行われている活動を体験することができました。
  また、保育士の仕事内容や仕事のやりがいについて、お話しいただきました。保育士としての勤務が2年目をむかえ、実際に働いてみて感じたことを語っていただき、学生たちにとっては保育の仕事をより身近に感じられる機会となりました。
  さらに、保育の仕事に就くために学生の間にどのようなことに取り組んだかも紹介していただきました。職業の選択や、目指す職業に就くまでの過程についても知ることができる貴重な時間でした。

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

1

2019


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PHOTO

「環境デザイン実習」成果発表会を実施しました

「環境デザイン実習」成果発表会を実施しました

観光専攻3年、黒部の観光まちづくり調査をスタート

観光専攻3年、黒部の観光まちづくり調査をスタート

ボート部「第37回全日本軽量級選手権大会」で、女子舵手無クォドルプルが銅メダル!

ボート部「第37回全日本軽量級選手権大会」で、女子舵手無クォドルプルが銅メダル!

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog

[東黒牧キャンパス] 〒930-1292 富山県富山市東黒牧65-1 TEL:076-483-8000 FAX:076-483-8008

[呉羽キャンパス] 〒930-0196 富山県富山市願海寺水口444 TEL:076-436-2570 FAX:076-436-1530

Copyright©2006-2012. Toyama University of International Studies. All rights reserved.