18年12月03日(月)

富山大空襲の聞き書き [現代社会学部]

 現代社会学部大谷ゼミでは、「富山大空襲を語り継ぐ会の幹事」を務めていらっしゃる佐藤進氏に、平成30年11月29日に東黒牧キャンパスにお越しいただき、富山大空襲に関する貴重な体験を学生に語っていただきました。佐藤氏をお招きして富山大空襲のお話を伺うのは、今年で3年目です。
 佐藤氏は大空襲の体験を詳細に語られ、学生たちは真剣に聞き入っていました。学生たちの声として、「戦争はどんなことがあっても繰り返してはならないと強く思った」「語り部の方の貴重な体験を風化させることなく、私たち若い世代が次の世代に語り継いでいくことが大切だと感じた」「被害、加害両面から戦争を捉えることが大切だと思った」等の感想が多く見られました。
 今回の聞き書き体験は、学生にとって現在の自分の生き方を顧みる良い機会になったと思います。大谷ゼミでは今回のお話を、今後聞き書き作品としてまとめ、佐藤氏に贈呈する予定です。
 ご協力いただいた佐藤様には、改めて感謝申し上げます。

(文・写真 大谷孝行)


画像(180x134)・拡大画像(406x304)
画像(180x134)・拡大画像(412x308)

Posted   パーマリンク

18年11月29日(木)

黒部市・黒部商工会議所と包括連携協定を締結しました。 [地域交流センター]

 平成30年11月29日(木)、本学は、黒部市・黒部商工会議所との包括連携に関する協定を結びました。当日、午前10時より、黒部市役所で調印式が行われ、大野久芳黒部市長、川端康夫黒部商工会議所会頭、中島恭一富山国際大学長が協定書を交わしました。
 本協定では、地域経済の活性化、観光の振興、地域振興・まちづくり、地域の福祉振興、教育・人材育成、国際交流の推進等について、幅広く連携・協力し、実現性のあるプロジェクトテーマを絞り込んで課題解決を目指します。

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

調印式



関連タグ :

Posted   パーマリンク

18年11月27日(火)

富山県青年議会で本学学生が活躍 [学生課]

 2018年11月15日、富山県議事堂で第62回県青年議会の本会議が開かれました。今年の本会議では、議会最初の代表質問、一般質問、そして議会最後の青年議員代表謝辞の大役をいずれも本学学生が担うなど、参加学生が活躍しました。
現代社会学部からは3年生の朝野百花さん、荒木祐哉さん、塚本貴映さん、畑琢也さん、山田諭子さんの5名が参加しました。経営企画委員会所属の畑さんは、委員会の代表として、広報活動における情報の一元化の推進について代表質問をし、石井隆一知事より答弁がありました。また、朝野さん、荒木さん、山田さんは経済建設委員会に所属し、朝野さんが代表として一般質問に立ち、建設業界の人手不足とICTの導入につきにつき問いました。塚本さんは農林水産委員として、森林資源の有効活用につき検討しました。
 子ども育成学部からは2年生の村上寛太さん、小林優華さん、槻尾瑞希さん、住吉楓香さん、佐藤慶治さんの5名が参加しました。住吉さん、槻尾さんは教育警務委員会に所属し、住吉さんは教員の多忙化について代表質問しました。また、村上さん、小林さんは厚生環境委員会に所属し、村上さんは富山の子育てや福祉の問題について問いました。佐藤さんは農林水産委員会で林業へのICTの導入を提案しました。
 そして、本会議の最後には、40名の議員を代表し、現代社会学部の荒木さんが青年議員代表謝辞を述べました。
 富山県青年議会は、富山県、富山県教育委員会、富山県青年議会実行委員会主催、北日本新聞社共催により、毎年県内の18歳〜40歳の40名の青年議員を募集し、実施されています。今年開催された第62回富山県青年議会は、7月20日の組織議会以降、参加者は県政についての調査、議論を重ねてきました。今回参加した学生がこの経験を活かし、地域のリーダーとして活躍することを期待します。


畑さんによる代表質問

画像(180x135)・拡大画像(640x480)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

朝野さんによる一般質問

画像(180x135)・拡大画像(558x419)
画像(180x136)・拡大画像(551x417)

荒木さんによる代表謝辞

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

「富山県青年議会で本学学生が活躍」の続きを読む

Posted   パーマリンク

イングリッシュカフェ入口リフォーム! [現代社会学部]

English Cafe Entrance Remodelling!


This season, there is a newly remodelled entrance to the English Cafe. We would like to thank the members of English Media Club, international students and all other students who helped with the effort. From autumn 2018, good old Rilakkumas have chosen to sit in the back of the Cafe, closer to customers. And at the entrance we have now encyclopedias and other books, which will be of great help to the most fervent students in their studies.



イングリッシュカフェ入口リフォーム!


 イングリッシュカフェの入り口を改装しました。リフォーム作業に協力してくれたEnglish Media Clubのメンバーや留学生などすべての学生に感謝します! 2018年の秋から、カフェのマスコットとして愛されているぬいぐるみのリラックマちゃんたちはカフェの後ろに移動し、”お客さま”の近く座ることになりました。そして入り口の方には百科事典やその他の本があり、熱心な学生にとって、大きな助けになるに違いありません。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)
画像(180x135)・拡大画像(504x378)

Posted   パーマリンク

18年11月26日(月)

黒部市宇奈月でフィールドワーク実施 [現代社会学部]

 観光専攻科目「観光企画論」のフィールドワークを11月17日(土)に黒部市宇奈月で実施、学生30名と谷脇講師が参加し、道の駅うなづきと宇奈月温泉を調査しました。
 道の駅うなづきでは、宇奈月ビール鰍フ大橋聡司社長から、道の駅うなづきや宇奈月ビールの取り組みについて講演いただいたほか、道の駅内にあるビール工場を視察しました。また、道の駅内にあるレストランや食彩館の代表者から、それぞれの取り組みについて説明いただきました。
 その後、宇奈月温泉に移動し、エリア内の観光資源の発掘や、観光関連施設の調査やヒアリングをグループに分かれて行いました。
 今後の授業では、今回のフィールドワークを踏まえて、宇奈月エリアの活性化に向けた観光商品の企画作成を、7つのグループに分かれて行います。各グループの研究結果については、事業企画書としてとりまとめ、今回の訪問先に報告・提案する予定です。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

「道の駅うなづき」の駅長がレストラン運営について説明

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

ビール工場を視察


画像(135x180)・拡大画像(480x640)

本大学が開発に携わった電気自動車「EMU」

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

フィールドワーク参加者(宇奈月温泉駅前)


Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

12

2018


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

PHOTO

富山国際大学、海外事務所を中国の南通大学杏林学院内に開設!

富山国際大学、海外事務所を中国の南通大学杏林学院内に開設!

マルタ研修報告2

マルタ研修報告2

ミズーリ州立大と学術交流協定を調印

ミズーリ州立大と学術交流協定を調印

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog

[東黒牧キャンパス] 〒930-1292 富山県富山市東黒牧65-1 TEL:076-483-8000 FAX:076-483-8008

[呉羽キャンパス] 〒930-0196 富山県富山市願海寺水口444 TEL:076-436-2570 FAX:076-436-1530

Copyright©2006-2012. Toyama University of International Studies. All rights reserved.