18年09月28日(金)

観光専攻4年谷脇ゼミ、伊万里市・柳川市で観光振興の実態調査・研究を実施 [現代社会学部]

 現代社会学部観光専攻4年の谷脇茂樹ゼミは、9月26日から27日まで、佐賀県伊万里市、福岡県柳川市で現地の観光振興に関する研究・調査を行いました。
 26日は、鍋島焼の中で門外不出の秘窯として栄えた伊万里市の「大川内山」エリアを訪問しました。畑石真嗣・伊万里鍋島焼協同組合理事長(伊万里・有田焼伝統工芸士、畑萬陶苑代表取締役社長)から、「鍋島焼の伝統と革新」と題し、有田焼や伊万里焼の歴史・文化をはじめ、伝統産業である伊万里焼のイノベーションに向けた取り組みについて説明いただきました。また、平松保男・伊万里商工会議所経営革新支援専門官から、「伊万里焼」「伊万里牛」「伊万里梨」という実例をもとに、地域資源を活かした地域振興の取り組みについて話を伺いました。
 その後、畑萬陶苑の工場を訪問し、伊万里焼の製造工程や職人の絵付け技法などについて解説いただいたほか、伊万里焼のろくろ体験、絵付け体験を行いました。
 2日目となった27日は、柳川市に移動して、「堀割」という地域資源を使った観光振興の取り組み、最近のインバウンドの動向などについて、柳川商工会議所でヒアリング調査をしました。そして、柳川の川下りを体験。船頭さんのガイドのもと、川から見る柳川のまち並み楽しんだほか、土産品店や博物館を訪問し、ブランド認定や土産品開発など、日帰り観光が中心の柳川で展開する観光消費額の増加に向けた取り組みを視察しました。
 滞在期間中、福岡市で「もつ鍋」や「屋台文化」、柳川市の「うなぎのせいろ蒸し」などのご当地グルメも体験しました。旅行者の立場から現地を観光することで、地域資源の魅力創出、観光振興を進めるうえでのストーリーづくりのあり方についても学びました。学生からは、「観光地の視察を通じて、富山との比較研究につながった」「交通の利便性の重要性を体感することができた」「伝統工芸に触れ、この魅力をいかに知ってもらい、普及させるのかについての難しさを痛感した」「地域活性化には観光・ブランド作りが重要、卒業研究に生かしたい」といった声がありました。谷脇ゼミでは、今回の研究・調査を踏まえ、卒業研究をさらに進めていくことにしています。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

伊万里焼の取り組みをヒアリング

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

畑石社長と畑萬陶苑事業所前で記念撮影

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

手の感覚・感触が重要なろくろ体験


画像(180x135)・拡大画像(640x480)

完成が楽しみなお皿の絵付け体験もしました

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

柳川商工会議所でのヒアリングの様子

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

「掘割」を使った地域資源の川下りに挑戦


Posted   パーマリンク

18年09月27日(木)

幼稚園教育実習で3年生が奮闘!  #32 [子ども育成学部]

  2018(平成30)年8月31日(金)〜9月27日(木)の内15日間、幼稚園教育実習が行われました。
  今年度もお忙しい中、19の幼稚園・認定こども園が22名の学生を受け入れてくださいました。他大学の学生も配属されている園もあり、学生同士が協力している様子が伝わってきました。
  実習生は、毎日の実習日誌に苦労しながらも、部分実習(手遊び、絵本の読み聞かせ、エプロンシアター、ピアノ演奏、言葉遊びなど)や全日実習にも果敢に挑戦しました。ある実習園からは、「国際大の学生さんは子どもたちへの接し方や表情がいい」との評価をいただきました。
  序盤は緊張して声をかけられなかったり、名前を覚えるのに苦労していたり、言葉が伝わらないと悩んでいたりしていた実習生たち。すべてが学びととらえて実習で得た貴重な経験を後期の授業につなげていって欲しいと願っています。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

エプロンシアターで想像の世界に

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

ゆったりと絵本の読み聞かせ


Posted   パーマリンク

18年09月26日(水)

観光専攻3年助重ゼミ、伊勢神宮門前町で観光調査を実施 [現代社会学部]

 2018年9月13〜16日に観光専攻助重ゼミの3年生7名と助重教授が三重県伊勢市の伊勢神宮内宮の門前にあるおはらい町で観光動向調査を実施しました。助重ゼミでは2011年から毎年、3年生が県外の観光地に行って、観光の実態や課題を把握するための研究調査を実施しており、今回が8回目となります。
 伊勢神宮には2017年に年間879万人もの人々が訪れました。近年では、外国からの観光客も増加傾向にあります。また伊勢神宮の近隣には風光明媚な伊勢志摩国立公園があり、志摩スペイン村や鳥羽水族館などの人気観光スポットも存在します。しかし、三重県全体を見渡すと、伊勢志摩地域は大阪・京都・名古屋などの大都市からはやや離れており、それらの大都市と伊勢志摩を結ぶルート上には著名な観光地があまりみられません。また、伊勢志摩地域の中では、自然景観が美しい鳥羽や志摩に宿泊する人々が増え、伊勢神宮のある伊勢市が通過観光地化しているといわれています。
 今回の研究調査では、おはらい町を訪れた観光客が伊勢市やその周辺でどのような観光行動をとっているのかを把握するために200人にアンケートを実施しました。このアンケートの結果をもとに、伊勢志摩地域の観光がどのような課題を抱えているのか、その課題を解決するためにはどのような方策が有効であるのかを検討していきます。
 観光の勉強をする際には、観光地を実際に見て歩き、観光客として行動してみることも大切です。今回はアンケート調査の終了後に、伊勢神宮外宮・内宮に参拝するとともに、伊勢志摩地域の代表的観光スポットである志摩スペイン村や鳥羽水族館を訪れました。
 アンケート調査の結果については10月27〜28日に行われる東黒牧キャンパスの大学祭(紅嶺祭)で速報のパネル展示を行います。また、来年3月3日に富山国際学園サテライトオフィスで開催が予定されている富山地学会学生発表大会や、大学の紀要でも結果を公表する予定です。

画像(180x119)・拡大画像(640x426)

アンケート調査(おはらい町にて)

画像(180x119)・拡大画像(640x426)

アンケート調査(おはらい町にて)


画像(180x119)・拡大画像(640x426)

アンケート調査(おはらい町にて)

画像(180x119)・拡大画像(640x426)

参加学生(伊勢神宮内宮・宇治橋前にて)


Posted   パーマリンク

稲刈り体験に行ってきました  #31 [子ども育成学部]

画像(180x120)・拡大画像(612x408)

稲刈り

  2018(平成30)年9月19日(水)、射水市立新湊南部中学校第3学年生徒68名の稲刈り体験活動に、辻井ゼミから辻井学部長含む2名が参加しました。
  5月18日に生徒たちと一緒に苗植えしてから4ヶ月がたち、たわわに実った稲穂を見て、収穫できることを実感しました。さっそく、地域の方10名の協力を得て、分からないことは地域の人に聞きながら活動しました。生徒たちは、稲を刈る人、稲をまとめる人、稲を脱穀するところまで運ぶ人と汗をかきながら自主的に活動していました。
  学生は、生徒たちと会話しながら、鎌で稲を刈る、稲まとめる、稲を運ぶ、地域の方と会話するなどの体験ができました。最後に、みんなで田んぼに残った落ち穂を丁寧に拾って活動が終了しました。
  今後、収穫した米を使って地域に貢献できる食べ物を作るそうです。これからも体験活動の支援を通して、地域交流や地域貢献をしていきたいと思います。
 

画像(180x120)・拡大画像(612x408)

協力して稲を運ぶ

学生の感想
❑ 稲刈りは、初体験のため地域の方にやりかたを聞いたり、稲刈りが上手な中学生にコツを尋ねたりしながら活動しました。稲刈りはとても楽しく熱中できました。雲ひとつない秋晴れの空の下、農業体験を行ったことは、私も、中学生も貴重な体験になったと思います。

画像(180x120)・拡大画像(612x408)

残った稲穂を拾う

Posted   パーマリンク

18年09月22日(土)

観光専攻3年谷脇ゼミ、北九州市の観光振興策を調査 [現代社会学部]

 現代社会学部観光専攻3年の谷脇茂樹ゼミは、9月17日から19日まで、福岡県北九州市で研究調査を行いました。
 今回訪問した北九州市は、富山県が取り組む産業観光やロケ地ツーリズム、環境都市の先進地域です。北九州商工会議所の協力のもと、同市内をはじめ関門エリアの観光調査、産業観光を運営する企業調査、北九州市などへのヒアリング調査を実施しました。
 初日(17日)は、中心市街地商店街の調査を行い、北九州市立大学が運営する店舗「大学堂」を訪問したほか、歴史的建造物を活かして観光エリアに再生させた門司港を中心とした関門エリア、さらには、新日本三大夜景に選定されている皿倉山を視察しました。
 2日目は、まず、北九州市産業経済局観光課で、「北九州フィルム・コミッション」の取り組みについて、北九州商工会議所から「北九州産業観光」について、それぞれ説明いただきました。
 その後、TOTOミュージアム、安川電機「みらい館・ロボット第一工場」を視察し、それぞれの産業観光の取り組みや、企業方針、地域貢献活動などについて説明いただきました。また、明治日本の産業革命遺産の一つ、「官営八幡製鐵所旧本事務所」を見学しました。
 最終日は、北九州市のエコタウンである若松区を調査しました。無添加石けんで有名なシャボン玉石けんの工場を視察し、無添加・環境対応の製造ラインや同社商品の特徴、製品開発について説明を受けたほか、北九州市と呉市の2つしかないといわれている「軍艦防波堤」を見学しました。
 今回の調査では、企業の方々から直接、創業者の思いや地域貢献などのCSR活動、各社の製品特性などについて具体的な説明を受けることができ、ゼミ生からは、「企業が成長していくためには、会社としての明確な思想・方針が重要」「社員の会社や社会への思いが事業を支えている」といった声がありました。
 なお、谷脇ゼミでは、今回の調査結果を踏まえ、富山県の同類事業との比較調査・分析を行っていくことにしています。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

人道トンネルで県境をまたぐ

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

北九州市でのヒアリングの様子

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

TOTOの製品特性を学ぶ


画像(180x135)・拡大画像(640x480)

安川電機ではロボットの可能性・魅力に迫る

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

固める前の石けんの感触を楽しむ

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

軍艦防波堤で記念撮影


Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

9

2018


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

PHOTO

イングリッシュカフェ入口リフォーム!

イングリッシュカフェ入口リフォーム!

輪島市で「観光調査・分析法」のフィールドワークを実施

輪島市で「観光調査・分析法」のフィールドワークを実施

東黒牧キャンパスでクリスマスイベント

東黒牧キャンパスでクリスマスイベント

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog

[東黒牧キャンパス] 〒930-1292 富山県富山市東黒牧65-1 TEL:076-483-8000 FAX:076-483-8008

[呉羽キャンパス] 〒930-0196 富山県富山市願海寺水口444 TEL:076-436-2570 FAX:076-436-1530

Copyright©2006-2012. Toyama University of International Studies. All rights reserved.