18年09月22日(土)

観光専攻3年谷脇ゼミ、北九州市の観光振興策を調査 [現代社会学部]

 現代社会学部観光専攻3年の谷脇茂樹ゼミは、9月17日から19日まで、福岡県北九州市で研究調査を行いました。
 今回訪問した北九州市は、富山県が取り組む産業観光やロケ地ツーリズム、環境都市の先進地域です。北九州商工会議所の協力のもと、同市内をはじめ関門エリアの観光調査、産業観光を運営する企業調査、北九州市などへのヒアリング調査を実施しました。
 初日(17日)は、中心市街地商店街の調査を行い、北九州市立大学が運営する店舗「大学堂」を訪問したほか、歴史的建造物を活かして観光エリアに再生させた門司港を中心とした関門エリア、さらには、新日本三大夜景に選定されている皿倉山を視察しました。
 2日目は、まず、北九州市産業経済局観光課で、「北九州フィルム・コミッション」の取り組みについて、北九州商工会議所から「北九州産業観光」について、それぞれ説明いただきました。
 その後、TOTOミュージアム、安川電機「みらい館・ロボット第一工場」を視察し、それぞれの産業観光の取り組みや、企業方針、地域貢献活動などについて説明いただきました。また、明治日本の産業革命遺産の一つ、「官営八幡製鐵所旧本事務所」を見学しました。
 最終日は、北九州市のエコタウンである若松区を調査しました。無添加石けんで有名なシャボン玉石けんの工場を視察し、無添加・環境対応の製造ラインや同社商品の特徴、製品開発について説明を受けたほか、北九州市と呉市の2つしかないといわれている「軍艦防波堤」を見学しました。
 今回の調査では、企業の方々から直接、創業者の思いや地域貢献などのCSR活動、各社の製品特性などについて具体的な説明を受けることができ、ゼミ生からは、「企業が成長していくためには、会社としての明確な思想・方針が重要」「社員の会社や社会への思いが事業を支えている」といった声がありました。
 なお、谷脇ゼミでは、今回の調査結果を踏まえ、富山県の同類事業との比較調査・分析を行っていくことにしています。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

人道トンネルで県境をまたぐ

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

北九州市でのヒアリングの様子

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

TOTOの製品特性を学ぶ


画像(180x135)・拡大画像(640x480)

安川電機ではロボットの可能性・魅力に迫る

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

固める前の石けんの感触を楽しむ

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

軍艦防波堤で記念撮影


Posted   パーマリンク

18年09月21日(金)

観光専攻3年谷脇ゼミ、大学生観光まちづくりコンテストでJTB賞を受賞 [現代社会学部]

 現代社会学部観光専攻3年の谷脇茂樹ゼミは9月11日、金沢市で開催された「大学生観光まちづくりコンテスト2018」北陸ステージの本選に進出し、審査員特別賞(JTB賞)を受賞しました。

 この大学生観光まちづくりコンテストは、大学生が観光まちづくりプランを競い合うコンテストとして、2008年にスタートしたもので、今年は北陸のほか、茨城、多摩川、長崎県国境離島の4つのステージでコンテストが行われました。

 本ゼミが参加した北陸ステージには、全国24大学30チームが参加しました。予備審査を通過した10チームが本選に出場し、それぞれのプランのプレゼンテーションが行われました。

 今回受賞したJTB賞は、JTBの社員の方々と一緒に、提案したプランの商品化に向けたプロジェクトを進めるものです。今後、ゼミ活動を通じて、プロジェクトを推進するにあたり、ゼミ生からは、「JTBでの就業体験を通じて、提案の実現に取り組める」「企画・開発のプロセスをプロから直接学べる」と喜びの声がありました。

画像(180x120)・拡大画像(450x301)
画像(180x120)・拡大画像(450x301)

Posted   パーマリンク

18年09月19日(水)

【速報】平成31年度富山県教員採用検査(小学校)、現役学生25名が合格しました!  #30 [子ども育成学部]

  2018(平成30)年9月19日(水)、平成31年度富山県公立学校教員採用検査の第2次合格者が発表されました。
  子ども育成学部4年生は、1次合格者32名のうち25名が合格しました。


❏ 富山県小学校教員採用試験・第2次合格者 25名(現役合格率61.0%)

 <参考> 前年度最終合格者  計26名(うち4年生19名:現役合格率46.3%)
         前前年度最終合格者 計18名(うち4年生12名:現役合格率33.3%)
      
     
❏ 既卒者の合格状況については、後日詳細を報告いたします。

Posted   パーマリンク

18年09月13日(木)

埼玉県・開智小学校の児童が来校し、学生と交流  #29 [子ども育成学部]

画像(180x135)・拡大画像(577x433)

福祉の意義について学ぶ

  2018(H30)9月7日(金)、埼玉県・開智小学校6年生19名が来校しました。学校の中での「交流」をテーマに、富山県でフィールドワークに取り組む一つとして、富山国際大学子ども育成学部を訪れくれました。
  辻井学部長が学部の概要、瀬戸教授が「地域と連携した総合的な学習の時間の実践例」、竹田講師が「絵本の魅力」、室林教授が「関わりで大切なこと」について説明しました。児童たちは、説明の途中にも質問し、積極的に説明を聞いていました。予定時間をオーバーしましたが、2時間集中して子ども育成と地域連携について学びました。

画像(180x101)・拡大画像(640x360)

学生に調べた内容を発表する児童

  また、4つのグループに分かれ、学生(4年)に調べた内容を伝え、意見交換をしました。
  自分達で学校を変えていくという意識をもって、富山県の人々と「交流」を通して、学校づくりはどのようにしたらよいか、真剣に取り組んでいる姿がとても印象的でした。

Posted   パーマリンク

18年09月11日(火)

国際交流ひろば「ワールドフレンズ in とやま」を開催しました  #28 [子ども育成学部]

  2018(H30)8月29日(水)、富山国際学園サテライトオフィス(富山駅前CiCビル3階)において、国際交流ひろば「“World Friends in Toyama”の今年度2回目の定例イベントを行ないました。これは、幼児から小学生までの子どもと保護者に、一緒になって諸外国のことばや文化を楽しく体験してもらうイベントです。大学の「夢の架け橋事業」のひとつとして、子ども育成学部の「英語サークル」が中心となって、現代社会学部の留学生の協力を得て運営しています。
  8月29日は、参加者全員の英語の自己紹介から始まり、次にフルーツバスケットや英単語当てクイズなど様々なゲームやクイズを行ない、最後はブラジル、ベトナム、日本、アメリカのブース(屋台)の周りで色々な遊びをするお祭りが実現しました。子ども達は最後に賞品のお菓子をもらい、満面の笑みでした。学生達にとっても心温まる幸せなひと時でした。
  次回はまちなか留学委員会との共催でハロウィン関係のイベントが富山市内で催されます。またたくさんの方達が親子連れで集まってくださることを楽しみにしています。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

9

2018


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

PHOTO

平成28年度法人ボランティア表彰の表彰伝達式が行われました  #50

平成28年度法人ボランティア表彰の表彰伝達式が行われました  #50

野菜の子育てに挑戦!  #17

野菜の子育てに挑戦!  #17

第5回現代社会学部学友会定例総会を開催

第5回現代社会学部学友会定例総会を開催

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog

[東黒牧キャンパス] 〒930-1292 富山県富山市東黒牧65-1 TEL:076-483-8000 FAX:076-483-8008

[呉羽キャンパス] 〒930-0196 富山県富山市願海寺水口444 TEL:076-436-2570 FAX:076-436-1530

Copyright©2006-2012. Toyama University of International Studies. All rights reserved.