18年07月02日(月)

児童福祉施設等見学に行ってきました  #17 [子ども育成学部]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

職員からの説明を真剣に聞く

  2018(平成30)年6月20日(水)、保育士資格取得希望者2年生72名が、授業「施設実習指導?」の一環として、県内の児童福祉施設等(6施設)を見学しました。
  学生たちは3コースに分かれ、A班は「セーナー苑」(障害者支援施設)と「ルンビニ園」(児童養護施設)、B班は「四ツ葉園」(障害者支援施設)と「富山市立愛育園」(児童養護施設)、C班は「かたかご苑」(障害者支援施設)と「高岡愛育園」(児童養護施設)をそれぞれ見学しました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

見学のお礼を述べる学生

【学生の感想】
❏ 施設内での児童の生活の状況を見せていただいて、改めて児童にとって生活の場なのだと感じた。想像だけでなく、自分の目や体で味わうことで今までとは違うとらえ方ができたり、児童養護施設の理解や関心が深まりました。
❏ 児童養護施設での生活は、集団生活であるが、部屋はほとんどが一人から二人部屋で、中高生になると家庭にあるようなお風呂があり、プライベート空間がしっかり作られていることに驚きました。
❏ 障害者支援施設に行って、一番印象に残ったことは、利用者さんの明るく元気な姿です。大きな声で「こんにちは」とあいさつしてもらったり、手を差し出してもらったり、こちらの方が元気をもらえました。作業の場では、作業の質の高さにとても驚きました。私は、もっと障害に関する知識を深めたいと感じました。

Posted   パーマリンク

18年06月25日(月)

平成30年度富山国際大学 後援会定期総会、保護者懇談会が開催されました。 [総務課]

 平成30年6月23日(土)ホテルグランテラス富山に於いて、平成30年度富山国際大学後援会定期総会が開催され、88名の会員の皆さまが参加されました。
 総会審議に先立ち、佐藤後援会長、中島学長の挨拶、現代社会学部・子ども育成学部の取組状況、就職状況などの報告がありました。
 総会では、1.平成29年度事業報告、2.平成29年度収支決算、3.後援会役員新任、4.平成30年度事業計画、5.平成30年度収支予算案について審議が行われ、承認されました。

 総会終了後は、懇親会が開催され、佐藤会長の挨拶、原田監事の乾杯が行われ、会員相互、また会員と教職員との親睦を深めました。
 総会の開催前には、保護者懇談会が行われ、学生生活の状況、学業成績や科目履修状況、就職に関することなど、保護者からの幅広い相談に対して教員が個別に対応させていただきました。

画像(180x119)・拡大画像(428x285)

保護者懇談会

画像(180x134)・拡大画像(519x389)

定期総会

画像(180x134)・拡大画像(519x389)

懇親会


Posted   パーマリンク

18年06月18日(月)

TUINS 6月進学説明会を開催しました! [入試広報課]

6月17日(日)、富山駅前CiCビル3階の富山国際学園サテライト・オフィスで『TUINS 6月進学説明会』を開催しました。
午後1:30から4:00まで約2時間半にわたり、平成31年度入試の概要、平成30年度入試結果の説明、学部(現代社会学部・子ども育成学部)の特色について説明を行いました。
続いて希望学部に分かれ、在学生からキャンパスライフの紹介や専攻・分野の紹介などを行いました。

◇当日の様子
http://www.tuins.ac.jp/exam/20180617event.html

Posted   パーマリンク

18年06月15日(金)

農業体験活動に行ってきました  #16 [子ども育成学部]

画像(180x146)・拡大画像(525x426)

  2018(平成30)年5月18日(金)、小中連携特別支援事業の一環として、新湊南部中学校第3学年の田植え体験活動に富山国際大学子ども育成学部の4年生5名が参加しました。
  田植え体験では機械を使わず、苗を植える場所に線を付ける「ころがし」という伝統的な農具を使いました。思ったように真っ直ぐに線を引けないながらも中学生は一生懸命に活動に取り組んでいました。
  大学生も、一緒に田んぼに入って苗を植えたり、苗を田んぼの中にいる人に渡したりしました。足の裏に感じる土の感触がとても心地よく、楽しく中学生と活動しました。

画像(107x180)・拡大画像(382x640)

  2018(平成30)年6月6日(水)、新湊南部中学校第1学年のサツマイモの苗植え体験活動に、4年生4名が参加しました。
 学生が、黒マルチを張った後、中学生たちは等間隔に苗を植え付けました。黒マルチや苗が風で飛ばされないように土をかける、スコップで土をほぐして苗を植えるなど、仲間たちと協力して活動している様子が印象的でした。
 活動を通して中学生は作物を育てる意義や苦労を実感している様子でした。今回植えた苗と一緒に成長し、実りの多い一年間を送ってほしいと思います。

  2018(平成30)年6月14日(木)、新湊南部中学校第2学年の大豆播種体験活動に、4年生4名が参加しました。
 中学生達は、班ごとに決められた場所に、物差しで測りながら10cm間隔に2つずつ豆を丁寧に埋めていました。班内で仕事を分担しながら、声をかけて手際よく作業を進めている様子が印象的でした。
  最後に、各班で手作りの看板を自分たちの畑に立てて完成しました。看板の名前や模様一つ一つに大豆に対しての熱情が感じられ、立派に大豆が実ってほしいと思います。
 大学生と中学生が一緒になって活動し、互いに協力し合いました。これから収穫まで、互いに協力し合って触れ合いを続けていくことを誓いました。

Posted   パーマリンク

18年06月14日(木)

滑川市消防団祝賀会でアカペラを披露 #15 [子ども育成学部]

 平成30(2018)年5月26日(土)、滑川市消防西加積分団主催の滑川市消防団長就任祝賀会で、アカペラサークルが歌声を披露しました。上田滑川市長をはじめ約70名の方々に演奏をお聴きいただきました。
 出席された方々の世代に合わせて、「勝手にシンドバッド」、「涙のキッス」、「年下の男の子」、「上を向いて歩こう」を歌いながら、アカペラについて説明しました。会場は、歌に合わせて手拍子をしたり、一緒に歌ったり、大いに盛り上がりました。アンコールを2回もいただき、予定していた曲数を大幅に超え、サークル員はみな感動しました。
このように、地域のイベントに参加させていただくことで、アカペラを通じた楽しい地域交流が実現できると感じました。これからも、イベントのお誘いがあれば、ぜひ参加したいと思っています。(アカペラサークル代表)

画像(180x134)・拡大画像(640x479)

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

7

2018


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

PHOTO

EPO中部北陸交流会2015 『地域未来を描こう〜山の語り場』にて学生が発表

EPO中部北陸交流会2015 『地域未来を描こう〜山の語り場』にて学生が発表

地(知)の拠点 推進事業ニュース第4号を発行しました。

地(知)の拠点 推進事業ニュース第4号を発行しました。

「算数科教育法」で模擬授業を行いました  #19

「算数科教育法」で模擬授業を行いました  #19

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog

[東黒牧キャンパス] 〒930-1292 富山県富山市東黒牧65-1 TEL:076-483-8000 FAX:076-483-8008

[呉羽キャンパス] 〒930-0196 富山県富山市願海寺水口444 TEL:076-436-2570 FAX:076-436-1530

Copyright©2006-2012. Toyama University of International Studies. All rights reserved.