18年05月31日(木)

「日本の動き」で、新聞連載「米騒動100年」取材班に聞く  #14 [子ども育成学部]

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

  子ども育成学部の「日本の動き」の授業を受講する1年生8人は、2018(平成30)年5月24日(木)、富山市婦中町島本郷の北日本新聞越中座を訪れ、新聞制作の現場を見学するとともに、第一線記者から貴重な取材談を聞かせてもらいました。
  新聞を主な教材とするこの授業では毎年、同施設の見学を組み入れています。現役の記者から話を聞くコーナーは、ことしが大正7(1918)年の米騒動から100年に当たり、北日本新聞が元日付から「米騒動100年―ひるまず たおやかに」と題した連載記事を掲載していることから、取材班のキャップで社会部次長の室利枝さんにお願いしました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

  米騒動は、米の暴騰に抗して富山県から全国に波及した民衆運動で、初の政党内閣の誕生や普通選挙運動の盛り上がりにもつながった歴史的な出来事です。
  室さんは、その歴史的意義を「民衆の声が国を動かした。日本の民主主義に影響を与えた出来事」と指摘しました。そして、県東部の漁師町で立ち上がった主役が家族に食べさせる米を買えない「おかか」たちであったこと、「越中の女一揆」といわれる所以は「おかかたちの生存権を懸けた闘い」であったから、と強調しました。
  米騒動で勢いを得た民衆の力によって、明治時代から続く普選運動は盛り上がり、大正14(1925)年には25歳以上の男性だけではありましたが普通選挙法が施行されました。しかし、現代はその権利を放棄する人が増えています。
  室さんは、最近の国政選挙や県知事選の投票率の低さを示しながら、「政治に参加する権利は、先人たちが苦労して勝ち取った。それを放棄するのはもったいない。世の中に関心を持ち、おかしいと思うことには声を上げよう」と呼び掛けました。


画像(180x135)・拡大画像(640x480)

  連載の第4部は、漁師町の「おかか」たちが直面したのと同じ、現代の貧困問題に焦点を当てています。国の生活保護費削減で苦しむ人たちの様子を紹介すると、読者から「私も生活保護の申請を断られた。死を考えたこともあった」などの悲痛な声が寄せられたそうです。富山県は比較的に豊かな県といわれますが、人の生死にかかわる生存権の問題は見過ごしてはならないことを、学生たちは教えられました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

  施設見学には、今回も十分な時間を割けませんでしたが、最新の印刷技術によるスピーディーな新聞制作について越中座のスタッフから詳しく説明を受け、感心した様子でした。
(文責・荒木良一講師) 

Posted   パーマリンク

恒例の「ダンアカ」開催!  #13 [子ども育成学部]

画像(180x100)・拡大画像(640x356)

 2018(平成30)年5月17日(木)、18:30から子ども育成棟1階ラウンジで、ダンスサークルとアカペラサークルの合同ライブ「ダンアカ」が開催されました。今年度、学内で初めて行われた合同ライブであり、2〜4年生はもちろん、大勢の1年生も見に来てくれました。
  ダンスサークルは、3年生が新たに自分たちで振付けたダンスを踊り、2年生がオリエンテーション交流合宿や昨年の仁友祭で踊ったダンスのアレンジを披露しました。また、昨年10月に引退した先輩もたくさん集合し、会場が盛り上がりました。

画像(180x100)・拡大画像(640x357)

画像(180x134)・拡大画像(640x479)

  アカペラサークルは、よく知られた曲やアップテンポの曲を多く取り上げ、メンバー全員が楽しんで歌いました。また、卒業生が飛び入り参加したり、富山大学アカペラグループのメンバーの演奏があったり、会場全体が温かい雰囲気に包まれました。

画像(180x134)・拡大画像(640x479)

  ぜひ、1年生もサークルに入会し、活動を盛り上げてほしいと思います。
(ダンスサークル、アカペラサークル代表)

画像(180x134)・拡大画像(640x479)

Posted   パーマリンク

18年05月30日(水)

陸上競技・北信越学生陸上競技対校選手権大会 男子ハンマー投優勝!  #12 [子ども育成学部]

画像(135x180)・拡大画像(302x402)

表彰式の様子(中央)

  第92回北信越学生陸上競技対校選手権大会が新潟県・新潟市陸上競技場にて2018(平成30)年5月19日(土)〜20日(日)に開催され、廣田虹輝選手(子ども育成学部・1年)が、男子ハンマー投(7.26kg)において53m94の自己ベスト記録をマークして優勝しました。
  廣田選手は、本大会優勝をもって9月6日から等々力陸上競技場(神奈川県)で開催される、全日本学生陸上競技対校選手権大会への出場することが決定しました。


画像(135x180)・拡大画像(302x402)

悪条件の中、集中を高めて出した自己ベスト記録!

  廣田選手は、高校時代に同種目でインターハイ・国体で入賞する等、全国レベルの実績を保持していましたが、ハンマー投は大学1年生の年からハンマーの重さが1.26kg増量するため、一般の部(7.26kg)で活躍するレベルになるまでには長い年月を要します。そんな状況下で、1年生の内から、上級生を抑えて全国の切符を得たことは今後の大きな飛躍が見込まれる結果といえるでしょう。
  廣田選手は、今年度から発足した「陸上競技サークル」の一員としてサークルの全体練習と個人練習を組み合わせながら、毎日練習に励んでいます。全日本学生対校選手権(日本インカレ)に向けて、さらなる努力を重ねていきますので、より一層のご声援をお願いいたします。

Posted   パーマリンク

18年05月29日(火)

観光英語を学ぶ〜街歩きツアー体験〜 [現代社会学部]

 2018年5月27日の日曜日、観光英語の受講生・留学生と伊藤雄馬ゼミ生の22名と谷脇茂樹講師が、富山市内の観光資源を知り、それを英語で紹介できるようになることを目的に、富山市内の街歩きツアー「スカベンジャーハント」(地域・観光マネジメント敢行)を、体験しました。
 5月の晴天の中、城址公園エリアと総曲輪商店街エリアに分かれて歩き、郷土博物館の隠された模様を探したり、日本一小さい神社を探してその「雌雄」を当てるなど、いろいろな課題に悪戦苦闘しました。留学生だけでなく、地元の学生にとっても、まちなかの魅力を再発見するよい機会となりました。
 今後は、この街歩きツアーの改善案を考えたり、英語や中国語などの多言語対応を学生たちで行っていく予定です。

(文責: 伊藤雄馬)


(写真は谷脇茂樹講師の提供)



画像(180x134)・拡大画像(640x479)
画像(180x134)・拡大画像(640x479)
画像(135x180)・拡大画像(215x286)

Posted   パーマリンク

ふるさと龍宮まつりを滑川商工会議所と運営連携 [現代社会学部]

 18年7月14、15日に滑川市で開催される「ふるさと龍宮まつり」のイベントを、文科省の地方創生推進事業(COC+)として、本学の学生が滑川商工会議所青年部と企画・運営することになりました。今後は、定期的に開催される運営会議や各部門のミーティングに参加をしながら、イベントの演出、地元企業への参加依頼の営業活動、まつりの広報活動などに携わっていきます。学生目線での意見やアイディア、SNSなどを用いた龍宮まつりのPRなど、若い感性を活かして、龍宮まつりを盛り上げていきます。

 本活動の様子は2018年5月11日の北日本新聞において紹介されました。
関連URL(北日本新聞webun http://webun.jp/item/7460363

画像(180x156)・拡大画像(640x556)

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

5

2018


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PHOTO

とやま地域学を開催しました。

とやま地域学を開催しました。

異文化研修(タイ)2016実施しました。

異文化研修(タイ)2016実施しました。

校舎屋上(8階)で星空観望会

校舎屋上(8階)で星空観望会

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog

[東黒牧キャンパス] 〒930-1292 富山県富山市東黒牧65-1 TEL:076-483-8000 FAX:076-483-8008

[呉羽キャンパス] 〒930-0196 富山県富山市願海寺水口444 TEL:076-436-2570 FAX:076-436-1530

Copyright©2006-2012. Toyama University of International Studies. All rights reserved.