18年04月09日(月)

学友会&サークル紹介【学友会】  #5 [子ども育成学部]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

  2018(平成30)年4月6日(金)、新入生オリエンテーションの後で、学友会の活動紹介とサークル紹介が行われました。
  山下会長から学友会を代表し歓迎のあいさつと学友会の中心となってがんばる2年生のメンバーの紹介がありました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

  次に、酒井大学祭実行委員長から、スライドを使って仁友祭(大学祭)の模擬店やステージ、サークルの活動などについて楽しく紹介がありました。また、7月の七夕祭、12月のクリスマス会、2月の音茶会など学友会が中心となって行う活動が紹介されました。


画像(180x135)・拡大画像(640x480)

  サークル紹介は、運動系と文化系のサークルが趣向を凝らして新入生の勧誘を行いました。ユニフォーム姿で登場した女子野球など、それぞれのサークルの活動を分かりやすく紹介してくれました。新入生の皆さんもサークルの活動に参加して、人間関係を広げ、充実した大学生活を送ってほしいと思います。

Posted   パーマリンク

キャンパス紹介【学友会】  #4 [子ども育成学部]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

  2018(平成30)年4月5日(木)、新入生オリエンテーションの後に、学友会によるキャンパス紹介が行われました。
  また、緊張感の漂う新入生を学友会のメンバーが案内し、呉羽キャンパスを紹介しました。講義室から美術室、音楽室と授業で使われる部屋を先生方のエピソードを交えて楽しく話すグループもありました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

  学生生活の中でも大切になるラウンジの使い方やプリンタの場所や印刷の仕方、食堂の使い方など丁寧に説明する先輩たちに、緊張も少しとれリラックスして話しかける新入生の姿もありました。早く慣れて充実した大学生活を送ってほしいと思います。

Posted   パーマリンク

大学生活スタート!新入生オリエンテーション  #3 [子ども育成学部]

画像(180x135)・拡大画像(300x225)

  2018(平成30)年4月5日(木)、新入生オリエンテーションが行われました。入学式と同様にまだ緊張した面持ちで緊張感が漂う中、新入生は呉羽キャンパスで子ども育成学部の一員として第一歩を歩み始めました。

  辻井学部長からは、卒業生の就職率が100%と素晴らしい成果を収めたことから自分と向き合い、進路や仕事を見つけることの大切さ話されました。また、春休みに韓国やカナダなどの異文化体験に参加した先輩の例にして、大学生活をどのように過ごすか、どのような選択をするかで充実感が違ってくるので、自分と対話しながら進んでほしいという励ましの言葉がありました。


画像(180x135)・拡大画像(300x225)

  また、子ども育成学部のよさとして、「さわやかな挨拶」「清潔で美しい校舎」「地域との連携、ボランティア」を挙げられ、特に、挨拶は相手を敬うことの実践であると話されました。最後に、東井義雄先生の「心のスイッチ」という詩を紹介されました。心のスイッチを入れて、人の話を感動して聞くこと。心がけで自分を変え、高めることができると新入生にエールを送られました。

  その後、教職員の紹介があり、たくさんの先生方から子ども育成学部の学びについて説明がありましたが、真剣に聞く新入生の表情に大きな期待と可能性を感じました。

Posted   パーマリンク

18年04月06日(金)

子ども育成学部の新年度スタート!  #2 [子ども育成学部]

画像(180x135)・拡大画像(300x225)

  2018(平成30)4月2日(月)平成30年度の2〜4年生の全体オリエンテーションが行われました。新任の瀬戸健教授、宮田徹教授、河?美香准教授、奥田秀巳講師を含め、20名の教員と5名の職員の紹介がありました。
  また、シンクロナイズドスイミングで活躍の2年生の学長功労賞他の伝達も行われました。

画像(180x135)・拡大画像(300x225)

  辻井学部長からは、卒業生の就職状況が100%であり、小学校分野では現役で21名が小学校教諭となったことや幼・保分野でも公立に多数の合格者が出たこと、社会福祉分野では社会福祉士国家試験の合格率が全国の私立大学で一番であったことなど先輩のがんばりが紹介されました。

画像(180x135)・拡大画像(300x225)

  さらに、学年毎に頑張ってほしいことや課題を話された上で、今年度大切にしたいこととして次の5点を話されました。
 ・否定語を使わない。
 ・直ぐに取り掛かる。
 ・きちんと突き詰める。
 ・人の話を聞き流さず、よく聞く。
 ・人を尊敬する。
  最後に、学部長の好きな言葉として、「あいさつ、前向き、汗」という言葉を合言葉として頑張ってほしいこと、特にあいさつは子ども育成学部の素晴らしい伝統であることを再確認し、弱点ばかり気にせず、良さを伸ばすようにという願いを話されました。
  どの学生の顔も新しい学年を始める期待と希望にあふれたさわやかな表情でした。

Posted   パーマリンク

18年04月05日(木)

平成30年度富山国際大学入学式が挙行されました。 [総務課]

 平成30年4月4日(水)に富山国際会議場に於いて、平成30年度富山国際大学入学式が挙行され、新入学生218名(現代社会学部127名、子ども育成学部91名)、編入生7名(現代社会学部3名、子ども育成学部4名)、交換留学生11名(現代社会学部)、合計236名が大学生活への希望を胸に新たな一歩を踏み出しました。
 初めに、中島恭一学長が「グローバル化時代に対応できる力を身につけ、将来における活躍の基盤を築いていただきたい」と式辞を述べ、金岡克己富山国際学園理事長より「好奇心の塊となって、人類の知的資産を積極的に学んでいただきたい」との告辞を賜り、来賓の森雅志富山市長、佐藤栄治後援会長から入学生に対する激励の言葉を賜りました。
 続いて、入学生を代表して、現代社会学部古川七海さんが「仲間と高めあいながら視野を広げ、社会に貢献できるよう、日々取り組みます」と、新しい大学生活に向けての宣誓を行いました。

画像(180x134)・拡大画像(519x389)

学長式辞

画像(180x134)・拡大画像(519x389)

理事長告辞

画像(180x134)・拡大画像(519x389)

富山市長祝辞

画像(180x134)・拡大画像(519x389)

後援会長祝辞

画像(180x134)・拡大画像(519x389)

入学生代表宣誓


Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

4

2018


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

PHOTO

8ヶ月の留学を終えて帰国しました。幅口桃衣(現代社会学部)

8ヶ月の留学を終えて帰国しました。幅口桃衣(現代社会学部)

【初年次教育】中島学長「活力ある生活で、学び多き4年間を!」

【初年次教育】中島学長「活力ある生活で、学び多き4年間を!」

「観光実習」で先進地見学に行きました!

「観光実習」で先進地見学に行きました!

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog

[東黒牧キャンパス] 〒930-1292 富山県富山市東黒牧65-1 TEL:076-483-8000 FAX:076-483-8008

[呉羽キャンパス] 〒930-0196 富山県富山市願海寺水口444 TEL:076-436-2570 FAX:076-436-1530

Copyright©2006-2012. Toyama University of International Studies. All rights reserved.