16年06月02日(木)

地球温暖化問題の取材談を聞く  #11 [子ども育成学部]

画像(128x96)

稲垣記者からは取材の裏話も

  2016(平成28)年5月26日(木)、「日本の動き」を受講する1年生38人が、北日本新聞・越中座を訪れ、新聞制作の現場を見学するとともに、第一線記者から貴重な取材談を聞かせてもらいました。
  新聞を主な教材とするこの授業では、毎年、北日本新聞・越中座の見学を組み入れています。昨年からは、「現役の新聞記者の話を聞く」という趣向も取り入れています。
  北日本新聞では、ことし1月3日付から「めぐるチカラ」という連載記事が掲載されています。5月に主要7カ国(G7)環境相会合が開かれることに合わせ、富山の地で地球温暖化やエネルギー問題を考えてみようという狙いだそうです。そこで、今回の越中座見学では、「めぐるチカラ」の連載や環境相会合にまつわる取材のあれこれを、担当記者から聞かせてもらおうと、環境相会合が終わった後に設定しました。


画像(180x135)・拡大画像(640x480)

新聞の印刷方法を聞く

  講師を引き受けたのは、連載班のキャップで社会部次長の稲垣重則記者です。稲垣記者は、「地球温暖化が進む2030年に富山の冬はどうなっているか」、といった暮らしに直結する話題から入り、温室効果ガスの削減や再生可能エネルギーの活用の現状について説明しました。
  G7環境相会合では、昨年末に「パリ協定」としてまとまった、温室効果ガスの排出をゼロにする取り組みが重要議題となり、議論の成果は共同声明として取りまとめられました。ただし、会議は非公開で行われました。そのことが事前に分かったため、北日本新聞は各国の大臣に書面インタビューを申し入れ、ドイツ、カナダ、イタリア、米国の4カ国からあった回答を紙面で紹介したそうです。
  地球温暖化やエネルギー問題は、一人ひとりの生活に直接かかわってくること。稲垣記者は「2030年の自分を想像し、環境問題に関心を持ち続けてください」と結びました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

丸太のようなロール紙に新聞紙を載せて比較する


 施設見学には十分な時間が取れませんでしたが、学生たちは、輪転機の仕組みや巻き取り紙の搬送などについて、越中座スタッフから時間いっぱい説明を受け、最新の技術によるスピーディーな新聞制作を実感した様子でした。

Posted   パーマリンク

16年05月24日(火)

大邱大学校(韓国)から3名の先生が視察されました  #10 [子ども育成学部]

  2016年(平成28)年5月23日(月)、韓国の協定校である大邱(テグ)大学校から、「大邱大学校−富山国際大学協力センター(2016年3月)」が開設されたのを機に、大邱大学校LINC(‘Leaders in INdustry-university Cooperation’の略字で、日本の文科省に相当する教育部が‘地域大学と地域産業の同伴成長’というビジョンのもとで、産学協力の活性化のために、2012 年から実施している大規模の大学支援事業のこと)事業団の3名の先生が本学部を視察されました。

  今回来訪されたのは、LINC事業団団長で電子電気工学部教授の최병재(チェ・ビョンジェ)氏、LINC事業団特性化支援室長でリハビリ心理学科教授の최은영(チェ・ウニョン)氏、そして、이응진(イ・ウンジン)観光経営学科教授の3名の先生方です。
 

画像(180x101)・拡大画像(640x360)

チェ・ビョンジェ事業団団長の挨拶の様子

  まず、中島恭一学長と辻井満雄学部長から歓迎の挨拶がなされた後、チェ・ビョンジェ事業団団長からは、「センターの開設を機に、ぜひともこれからグローバルな視野に立った学術交流を行っていきたい。」との力強いお言葉がありました。
  続いて、村上満学務部次長からは、本学部の説明をした際、「特に、社会福祉について詳しく知りたい。」との要望があったことから、社会福祉士養成カリキュラムの内容や本学部の社会福祉分野への就職状況等についてもお伝えしたところ、熱心に質問等してくださいました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

卒業研究ポスターに熱心に聞き入る先生方

  また、4年生(90名)による卒業研究の中間発表会開催期間中ということもあり、各ポスターをご覧いただくとともに、説明を聞いていただきました。
  わずかな滞在時間ではありましたが、これからの本学と大邱大学校との学術・学生間交流が確実に発展していくことをしっかり確認しあった有意義な時間となりました。本当にありがとうございました。これからの企画に期待したいと思います。

Posted   パーマリンク

16年05月23日(月)

「第5回卒業研究中間発表会」を開催しています  #9 [子ども育成学部]

画像(128x96)

学生同士の学びの場でもあります

  2016(平成28)年5月16日(月)〜26日(木)の11日間 、子ども育成学部4年生による「第5回卒業研究中間発表会」を開催しています。
  4年生89名が3年次から取り組んできた研究テーマを、各自A1版ポスター1枚分にまとめ、子ども育成棟4階廊下に掲示しました。
  一見似ている研究テーマでも、専門分野が異なれば、テーマへのアプローチ方法も、課題の提示の仕方も異なります。ポスターには、テーマ選択の理由や、卒論で取り上げる予定の項目等も、現時点で紹介できる最大限のものが挙げられています。
  今年から、10月の大学祭で中間発表を行う3年生は、食い入るように先輩たちのポスターを眺め、少しでも参考になるところや、他分野の視点についても学び取ろうとしていました。

画像(128x96)

「見てわかりやすい」ポスターを目指して

【学生の感想】
□ 同じテーマが選択されていても、それぞれどのように研究を深めていくのか違いがわかり、興味深かった。(4年)
□ 「他人から見てわかりやすい」ポスターの掲示方法、色使い、テーマ選択がわかった。(4年)
□ 成長過程にある子どもについて、ある面に特化して研究をしていくのは改めて面白いと感じた。(4年)

画像(100x96)

指導にも熱が入ります

□ 配置が工夫されていて見やすいポスターが多かったし、子ども育成学部ならではの研究テーマも多かった。(3年)
□ それぞれ自由な発想で、色々なテーマで研究できることがわかった。先輩方の「中間発表」では続きが気になるものも多かったので、早く、卒業論文を読みたいと思った。(3年)

Posted   パーマリンク

16年05月16日(月)

第16回富山県障害者スポーツ大会に運営補助員として参加しました  #8 [子ども育成学部]

画像(180x119)・拡大画像(640x426)

開会式のようす

 2016(平成28)年5月15日、富山県総合運動公園陸上競技場で開催された「第16回富山県障害者スポーツ大会」に、子ども育成学部1年生89人が運営補助員として参加しました。これは、授業「地域社会参加活動」の一環として毎年参加している活動です。



画像(180x119)・拡大画像(640x426)

記録係を務める

  爽やかな五月晴れの下、学生たちは、競走や跳躍、投てきなど、さまざまな競技で誘導係や記録係等を熱心に務めました。今まで障がいのある方たちとあまり接する機会がなかった1年生にとって、係の仕事の合間に言葉を交わし合ったり、競技の応援をしたりして、教室では得られない大切なことを学んだようです。



画像(180x119)・拡大画像(640x426)

係の打ち合わせ

【学生の声】
・ 最初は自分にできるのだろうかと心配していましたが、指導員の方に教わりながら何回も誘導の仕事をやっていくうちに慣れてきて、最後はとても楽しく活動することができました。

画像(180x119)・拡大画像(640x426)

投てき競技

・ 障がいのある人に接するのは初めてで、最初は緊張していましたが、お互いに言葉を交わすうちにすっかり打ち解けることができました。
・ 障がいがあっても一生懸命に競技に参加しておられる姿を見て、とても感動しました。


Posted   パーマリンク

16年05月11日(水)

【初年次教育】「リテラシーガイダンス」を行いました。  #7 [子ども育成学部]

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

大平先生「統計学の初歩」

  2016(平成28)年5月11日(水)の教養演習の授業で、1年生を対象に「リテラシーガイダンス」を行いました。1年生89名が一堂に集まり、これから学業に加えて、研究活動に取り組む準備として、研究活動に必要な知識と倫理を身に付けるための講義を受講しました。
  まず初めに、大平先生に「統計学の初歩」と題して、収集した数値を意味のあるデータにするための統計の基本を、身近な例を多く交えて分かりやすく教えていただきました。


画像(180x135)・拡大画像(500x375)

村上先生「研究の倫理的問題」

  次に、村上先生に近年の研究に関する諸問題を紹介される中で、正当な研究を進める上での倫理的問題、正しい方法について厳密に説明していただきました。

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

大藪先生「建学の精神に根ざした教養とは」

  最後には、大藪先生から、富山国際大学の建学の精神や、地域の歴史をたどりながら、「教養」というもののとらえ方について、熱く語っていただきました。
  どの講義も、真剣に聞き入る学生たちの視線からは、これから始まる研究活動への高い関心と、真摯な態度が伝わってきました。多くの学生が「自分でもっと調べたくなった」と書いており、これからの学生生活で、今回学んだ正しい知識が生かされ、有意義な研究活動が展開されることが期待されます。


【学生の感想】
□ 統計学の初歩では、高校までに学習した数学が基本となっていることが理解できました。また、研究を進める上で決められているルールを理解し、守り、これから始まるゼミ活動に生かしていきたいと思いました。
□ 高校でデータの勉強をしたことが統計学につながっていることが分かりました。これから様々な場面でデータを扱うようになってくるので、情報を正しく、的確に把握し発信できるようになりたいです。
□ 建学の精神と基本理念の話では、富山国際大学の歴史のみならず、背景にある富山・射水の歴史に焦点を充てて話していただき、「教養」という言葉を日本で初めて掲げた南原先生とこの大学とのつながりの深さを感じ、自分でも調べてみたいと感じました。

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

6

2016


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

PHOTO

算数科教育法で模擬授業をしました  #24

算数科教育法で模擬授業をしました  #24

富山国際学園創立50周年記念 富山国際大学子ども育成学部 第5回公開セミナー を開催しました

富山国際学園創立50周年記念 富山国際大学子ども育成学部 第5回公開セミナー を開催しました

富山県こどもみらい館で児童文化に触れる  #47

富山県こどもみらい館で児童文化に触れる  #47

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog

[東黒牧キャンパス] 〒930-1292 富山県富山市東黒牧65-1 TEL:076-483-8000 FAX:076-483-8008

[呉羽キャンパス] 〒930-0196 富山県富山市願海寺水口444 TEL:076-436-2570 FAX:076-436-1530

Copyright©2006-2012. Toyama University of International Studies. All rights reserved.