15年02月04日(水)

「富山に学ぶインターンシップ報告会」を行いました。 #73 [子ども育成学部]

画像(107x81)

実習中の様子

 2015(平成27)年1月30日(金)、小学校教諭をめざす4年生16名、保育士・社会福祉士をめざす3年生15名が、6月から12月までに行われた小学校や保育所、幼稚園、施設等の富山に学ぶインターンシップの報告会を行いました。行く前は、うまく対応できるか心配ばかりしていた学生が、教師や保育士の動きや言葉に触れ、みるみる成長していく様子を見ることができました。教師や保育士の姿に刺激を受け、子供のことを一番に考えて行動したら、褒めることも叱ることもできたと、大学に戻り目を輝かせて語っていた姿に、たくましさを感じました。

画像(151x113)

発表する学生

報告会は、3つのグループに分かれ、各グループ10〜11名が発表しました。実習での学びを共有した体験者、次年度の履修選択の参考にしようと真剣に耳を傾けていた2・3年生が、人と関わる仕事の意味について考えていました。

このインターンシップを通して、「仕事の厳しさを知ったけれど、夢を実現する覚悟ができた」、「夢を叶えるために前向きに頑張る自信がついた」と報告した学生もありました。実習現場での貴重な体験と一生懸命育ててくれた関係職員のおかげであり、感謝したいと思います。

画像(135x101)

報告を聞く学生

【学生の声】
❏他の発表者の話を聞いて、まだまだ知らない教師の仕事がたくさんあると感じ、今できることを精いっぱいやりたいと思いました。
❏教育実習では学べない内容に取り組むことができるよい機会であると知り、違った視点で児童と関われることを知りました。
❏長期的に実習でき、多くの行事に参加したり保育者の助言を受けたりなど学びが多いと感じました。また、子供達の成長する姿を見ることができる素晴らしい機会だと思いました。
❏発表を聞いて、実践を通して学ぶことがたくさんあると感じました。気持ちにゆとりを持ちながら子どもと関わることができたので視野が広がったと思います。

Posted   パーマリンク

15年02月03日(火)

東黒牧ニュース「浦山隆一先生の最終講義」 [現代社会学部]

画像(180x104)・拡大画像(320x186)

1月29日(木)、本学東黒牧キャンパスにおいて、浦山隆一教授の最終講義がありました。

PDFファイル(111KB)

(111KB)


Posted   パーマリンク

15年02月02日(月)

留学生との交流スキー教室開催 [国際交流センター]

画像(180x101)・拡大画像(567x319)

人生初めてのスキー!スキー学校の先生に心構えを聞く。

1月31日&2月1日、国際交流サークル学生主催の「留学生・日本人学生交流スキー合宿」をあわすのスキー場で開催しました。1日目は人生初スキーの留学生10名が、スキー学校の先生の指導を仰ぎました。スキーで歩くのさえ怖いと言っていた人たちですが、1日(4時間)の指導を受けただけで初心者コースをスイスイ滑れるようになりました。自信を付けた数名の留学生が、2日目に果敢に上級者コースに挑戦!日本人学生の指導で無事に降りることが出来ました。雪が降るなかで、心温まるイベントになりました。

画像(180x101)・拡大画像(567x319)

歩く練習からはじまります。

画像(180x101)・拡大画像(567x319)

1時間ほどで滑れるようになりました。

Posted   パーマリンク

15年01月27日(火)

「キャリア入門講座」特別講義(小学校教育分野) #72 [子ども育成学部]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

挙手をして質問に答える学生

  2015(平成27)年1月26日(月)、「キャリア入門講座」(1年必修科目)で小学校教育分野の特別講義がありました。講師は、松山友之さん(西部教育事務所・指導主事)です。松山さんは、小学校、中学校の勤務を経験し、理科を通して様々な取り組みを実践してこられました。「教師のしごとと仕事のよろこび」について講義していただきました。
「しごとと仕事」の違いや教師になって失敗したこと、苦い思い出をエピソード交えて話され、「情熱は力・失敗は肥やしになった」と教師のしごとを語っていただきました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

講師の吹き矢の実験


 
今でも子どもたちのことを思うと眠れない夜があると話されたときには、講師の優しさとしごとへの厳しさを知り、学生は真剣に聞き入っていました。
  目を繋ぐ大切さ、学級づくりの様子、思い出に残る授業、ワクワクする簡単な実験、生徒指導の場面を通して、教師の仕事のよろこびを伝えていただきました。小さい時から白衣にあこがれ、理科教師を選び、教師として生きてきた様子を具体的に話していただき、教師のしごとを知ることができました。自分の将来を見据え、学生としてどのようにすべきか考える貴重な時間となりました。

画像(180x135)・拡大画像(240x180)

電気クラゲの実験中


【学生の声】
❑この講義を聞き、より教職に就きたいと思いました。
❑この講義を聞き、子どもに対する気持ちやどのような保育をしていくのか考える機会となりました。
❑私は子どもと関わるアルバイトで、「子どもが見えるようになると世界が変わる」を体験しました。子どもが見えるを大切にしたいと思いました。
❑先生の話を聞いて感動しました。ぜひ、先生の授業を体験したい。

Posted   パーマリンク

15年01月26日(月)

「キャリア支援講座?」で保育教材を製作 #71 [子ども育成学部]

  2015(平成27)年1月19日、26日(月)両日、幼稚園教諭・保育士を目指す2年生33名が「キャリア支援講座?(保育・幼児教育コース)」で、実技試験対策講座を受講しました。この講座は、毎週月曜日の5限に定期的に開かれています。
 2年生の講座担当の竹田好美講師が、ペープサートやパネルシアター、エプロンシアターなど、たくさんの保育教材を紹介すると、学生たちの顔はたちまち笑顔に。自分が表現してみたい保育教材を選び、製作や練習を行いました。「色塗りが楽しい!」「歌やセリフを覚えなくては」などと、楽しさの中にも真剣さが光る時間となっています。
 次回は、グループごとに一人ずつ練習の成果を発表します。就職採用試験には実技試験を課されることも多く、保育者の表現力向上の機会となることを願っています。

画像(180x120)・拡大画像(640x428)

カレー作りのパネルシアターを演じる竹田講師

画像(180x120)・拡大画像(640x428)

竹田講師のパネルシアターに見入る


画像(180x120)・拡大画像(640x428)

エプロンシアターを友達に見てもらう

画像(180x120)・拡大画像(640x428)

たくさんの保育教材を直に触れる


Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

2

2015


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

PHOTO

『知性・教養・個性』と南原繁の富山哲学〜足立原貫先生が語る南原繁先生の思い出〜を受講  #6

『知性・教養・個性』と南原繁の富山哲学〜足立原貫先生が語る南原繁先生の思い出〜を受講  #6

インターンシップ学内報告会を実施しました

インターンシップ学内報告会を実施しました

平成27年度語学力向上のためのSD研修会開催

平成27年度語学力向上のためのSD研修会開催

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog

[東黒牧キャンパス] 〒930-1292 富山県富山市東黒牧65-1 TEL:076-483-8000 FAX:076-483-8008

[呉羽キャンパス] 〒930-0196 富山県富山市願海寺水口444 TEL:076-436-2570 FAX:076-436-1530

Copyright©2006-2012. Toyama University of International Studies. All rights reserved.