14年05月14日(水)

幼稚園教育実習に向け、保育教材研究が始まりました。(3年生) #8 [子ども育成学部]

画像(180x121)・拡大画像(640x432)

いも掘りのお話ペープサート

  2014(平成26)年5月に入り、幼稚園教諭免許取得を目指す3年生の授業「幼稚園教育実習指導?」において、保育教材研究が始まりました。

画像(180x128)・拡大画像(640x456)

石に毛糸を巻いてさつまいも作り

  「夏の思い出」「いも掘り」「運動会」など、実習時期の9月の保育を想定し、絵本や製作活動、手遊びのアレンジなど、一人ひとりが積極的に取り組んでいます。

画像(180x128)・拡大画像(640x458)

この絵本を通して伝えたいことは・・・

  後半(6月ごろから)は教材研究を生かし、2〜3人でチームを組み、模擬保育で実践力を高めます。

画像(120x180)・拡大画像(428x640)

手作りミニパネルシアター

【学生の声】
❏子どもたちが行事を楽しみに思う気持ちが増すような活動をしたいと試行錯誤し、様々な素材に触れることを楽しみつつ取り組んでいます。
❏友達の保育展開も参考になるので、教材研究の一回一回を大切にしたいと思っています。

Posted   パーマリンク

東黒牧ニュース「男子バスケ部、昇格決定」 [現代社会学部]

画像(180x91)・拡大画像(320x163)

5月3日から5日まで福井県で第48回笹本杯争奪北信越大学バスケットボール春季リーグ戦が開催されました。22の大学が参戦した男子の部で、富山国際大学男子バスケ部は北信越の大学ランキング11位から14位が所属する3部Aリーグで戦い、3戦全勝の成績を収め、ランキング6位から10位の2部リーグへの昇格を決めました。

PDFファイル(144KB)

(144KB)


Posted   パーマリンク

14年05月13日(火)

金岡 祐一 理事長が「県民ふるさと大賞」を受賞しました!

【学校法人富山国際学園HPより転載】

2014(平成26)年5月10日(土)、富山県民ふるさとの日記念式典が富山県教育文化会館で行われ、「県民ふるさと大賞」が、金岡 祐一 富山国際学園理事長を含む6団体・個人に授与されました。

【金岡理事長の功績概要】
 富山国際学園理事長並びに富山県私学振興会理事長として、本県私学教育の振興に尽力するとともに、社会的ニーズに応えるふるさとに有為な人材の育成を通じて地域社会の発展に大いに貢献している。また、薬学の研究及び企業経営の立場から、本件の薬業振興にも大きく寄与している。

画像(180x134)・拡大画像(640x479)

右から2人目(金岡理事長)

  「県民ふるさと大賞」は、平成25年3月の「県民ふるさとの日」の制定を契機に、これまでの「ふるさと教育 とやま賞」に代えて設けたもので、ふるさと教育の振興に関する取り組みを幅広く顕彰するものです。

 「県民ふるさと大賞」の創設以前は、富山県と教育委員会が「ふるさと教育」の振興を図るため、平成22年度から「ふるさと教育 とやま賞」で、ふるさと教育に関する継続的かつ先進的な取り組みを表彰してきました。

Posted   パーマリンク

14年05月12日(月)

富山県障害者スポーツ大会に運営補助員として参加(1年生) #7 [子ども育成学部]

画像(180x135)・拡大画像(500x375)

係ごとに打ち合わせ

 2014(平成26)年5月11(日)、富山県総合運動公園陸上競技場において開催された「第14回富山県障害者スポーツ大会」に、子ども育成学部1年生98名が運営補助員として参加しました。これは、授業「地域社会参加活動」の一環として毎年参加している活動です。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

招集係を務める

  子ども育成学部では、2009(平成21)年度の学部開設以来、毎年1年生全員が運営補助員として参加してきました。教育・保育・福祉の専門職をめざす学生として、大学の中だけでは得難い貴重な体験となっています。
  「2000年きらりんピック富山」のスローガン「自分にチャレンジ!明日にチャレンジ!」の意味を学ぶ場でもあります。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

投てき競技で選手にボールを渡す

  爽やかな五月晴れの下、学生たちは、競走や跳躍、投てきなど、さまざまな競技で誘導係や記録係等を熱心に務めました。今まで障害のある方たちとあまり接する機会がなかった1年生にとって、係の仕事の合間に言葉を互いに交わし合ったり、競技の応援をしたりして、教室では得られない大切なことを学んだようです。
 

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

記録掲示係を務める

【学生の声】
❏最初は自分にできるのだろうかと心配していましたが、指導員の方に教わりながら何回も誘導の仕事をやっていくうちに慣れてきて、最後はとても楽しい気持ちで活動することができました。
❏記録・掲示係の仕事は大変でしたが、新記録が出る度に自分のことのように嬉しい気持ちになりました。
❏たくさんの指導員やボランティアの方たちがてきぱきと係の仕事をこなしておられる姿を見て、自分も指導員の資格を取って行事を運営してみたいと思いました。

Posted   パーマリンク

14年05月01日(木)

滑川市民生委員児童委員協議会の皆さんが呉羽キャンパスを訪問されました。#6 [子ども育成学部]

画像(180x101)・拡大画像(640x360)

富山短期大学の紹介(宮田徹教務部長)

  2014(平成26)年4月25日(金)、滑川市民生委員児童委員協議会46名の皆さんが呉羽キャンパスを訪問されました。保育士・介護福祉士・社会福祉士など福祉人材養成の学校現場の視察が主な目的でした。

画像(180x101)・拡大画像(640x360)

富山国際大学の紹介(宮田伸朗学部長)

   まず、富山国際学園及び富山国際大学の説明を宮田伸朗子ども育成学部長より、富山短期大学の説明を宮田徹教務部長よりそれぞれ説明をしました。

画像(180x101)・拡大画像(640x360)

熱心に聴き入られる民生児童委員の皆さん

 
  その後、子ども育成棟の教室や実習室など(ピアノレッスン室・美術室・小児保健実習室・学生自習室)、福祉学科(入浴実習室・介護実習室)をはじめ、新築されたG館(学生ホール・学内コンビニ)、F館(食物栄養学科・調理実習室)などの施設をそれぞれ見学していただきました。

  来校された皆さんの中には、前身の富山女子短期大学の卒業生の方もおられて、A館(学園本部)・B館(旧:幼児教育棟)などに当時を懐かしまれたり、学園創立50周年を経て大変身した呉羽キャンパス(新校舎群)の姿に驚かれたりしていました。
  当日は、暖かくて好天にも恵まれ、来校された皆さんも新しくなった呉羽キャンパスを目の当たりにされて、富山国際学園への認識を新たにされたようでした。

画像(320x149)・拡大画像(640x299)

呉羽キャンパスのA館・B館(左)と新校舎群(右)

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

5

2014


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

PHOTO

3大学連携講座が始まりました

3大学連携講座が始まりました

観光専攻学生 郡上八幡で観光調査

観光専攻学生 郡上八幡で観光調査

東黒牧ニュース「オスカーホームとの森林づくり活動」

東黒牧ニュース「オスカーホームとの森林づくり活動」

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog

[東黒牧キャンパス] 〒930-1292 富山県富山市東黒牧65-1 TEL:076-483-8000 FAX:076-483-8008

[呉羽キャンパス] 〒930-0196 富山県富山市願海寺水口444 TEL:076-436-2570 FAX:076-436-1530

Copyright©2006-2012. Toyama University of International Studies. All rights reserved.