14年02月03日(月)

「平成25年度学内合同企業説明会」を開催しました [キャリア支援センター]

画像(180x119)・拡大画像(640x426)

 2014年(平成26年)1月29日(水)富山国際大学東黒牧キャンパスにおいて、平成25年度学内合同企業説明会を開催しました。
 富山県内や近県より94社の企業・事業所の方にご参加頂きました。
 3年生約80名の学生が興味のある企業ブースをまわり、採用担当者から採用過程や仕事内容等について説明を受けました。
 ご参加頂きました各企業のご担当者様には厚く御礼申し上げます。

画像(180x119)・拡大画像(640x426)
画像(180x119)・拡大画像(640x426)

Posted   パーマリンク

学長との懇談会を開催しました [学生課]

画像(180x119)・拡大画像(640x426)

 2014(平成26)年1月28日(火)、東黒牧キャンパス学友会と学長、現代社会学部長ら大学教職員とで本年度の懇談会を開催しました。
 学友会からは、年間活動報告や学友会費中間決算報告等があり、また、学生からの意見、要望等の意見交換を行いました。
 今後は、学生と教職員とが連携しながら、より良い大学づくりを目指していこうと意見が一致し終了しました。

Posted   パーマリンク

14年01月31日(金)

2014 これに挑戦! [子ども育成学部]

 2014(平成26)年1月、年初めの挑戦項目を自由に貼り付けられるコーナーを設置しました。現在、1年生から3年生がそれぞれの思いを様々な感性で書き込んでいます。
 子ども育成学部では、今春第2期生が県内外の教育・保育・福祉の現場に巣立っていきます。後に続く後輩たちも、「なりたい自分になれる大学」富山国際大学(呉羽キャンパス)での学びに、夢を膨らませています。
教職員共々、夢の実現に向けて最高の作戦を立て、最高の行動を起こしていきたいものです。

【一部抜粋】
□いろんな人に出会い、いろんな面で成長する。(1年生)
□自分の将来と向き合う。(2年生)
□Progress is the activity of today and assurance of
tomorrow.So I try so hard!! (3年生)

画像(320x223)・拡大画像(640x447)

Posted   パーマリンク

14年01月29日(水)

東黒牧ニュース「浜松誠二教授の最終講義」 [現代社会学部]

画像(180x105)・拡大画像(320x188)

1月27日(月)、本学東黒牧キャンパス441教室において、浜松誠二教授の本学最終講義「21世紀の富山を創る」がありました。浜松教授は、2007年富山国際大学地域学部に着任され、2008年からは現代社会学部教授として教鞭を執って来られました。
最終講義の中では、浜松先生のオリジナリティあふれたグラフや図が盛り込まれた多くのスライドが紹介されました。私が注目したのは富山の土地利用についての話です。土地利用についての考え方や都市計画スタンスが結果として富山市の住宅地平均単価の低さにつながっているという解説がありました(右下図参照)。また、誰が地域を創るのか、という問いかけでは、ヒエラルキーソリューション、マーケットソリューション、コミュニティソリューションという話があり、私と共通の問題分析からも新しい刺激を受けました。現状をデータで鋭く読み取るとともに、未来を冷静に展望し見抜く洞察力、私も見習いたいと存じます。浜松先生のご多幸とさらなるご活躍を心よりお祈りいたします。

PDFファイル(112KB)

(112KB)


Posted   パーマリンク

14年01月27日(月)

第26回社会福祉士国家試験受験者への激励会を開催しました [子ども育成学部]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

エールを送る宮田学部長

  2014年(平成26)年1月24日(金)、週末の26日(日)石川県(金沢市)で実施される第26回社会福祉士国家試験の受験者(23名予定)に対して、激励会を開催しました。
 宮田伸朗学部長より、昨年に引き続き3つのキーワード(TKJ、NGU、SKO)を交えながら、あたたかいエールが送られるとともに、いよいよ本番に向けて気合いの入った瞬間となりました。
  今年の3つの言葉の1つ目は、TKJから始まりました。TKJとは、「体調管理には十分に留意して、万全の体制で試験に臨んでほしい。」ということでした。
 2つ目のNGUとは、「Never Give Up」であり、「最後まであきらめない。やるべきことはやったと、これまでのがんばりを認めるとともに、結果がどうであれ、後悔はしないという心境でがんばってほしい。」ということでした。
 そして3つ目は、昨年同様SKOであり、「想定外のことは必ず起きるもの。天候や公共交通機関等、試験当日まで何が起きるか分からない。何が起きても冷静に判断し、行動してほしい。」ということでした。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

今年のキーワード:TKJ・NGU・SKO

 本学部で社会福祉を学んできた第2期生として、そして4年間の学生生活の集大成として、今回の国家試験を無事乗り切ってきてくれるものと思っています。
 なお、昨年苦杯を飲んだ第1期生の先輩8人も、今年の国家試験に再チャレンジすることになっています。

【学生の声】
❏去年の先輩たちの素晴らしい成績(合格率40%)がプレッシャーになっていましたが、学部長先生の話を聞いてホッとしました。自分の力を信じて、自分のために頑張りたいと思います。

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

2

2014


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

PHOTO

子ども育成学部の七夕祭が開催されました  #17

子ども育成学部の七夕祭が開催されました #17

Tazuko McLaren’s visit to TUINS

Tazuko McLaren’s visit to TUINS

観光専攻3年南砺市でフィールドワーク(2)−五箇山和紙などを調査

観光専攻3年南砺市でフィールドワーク(2)−五箇山和紙などを調査

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog

[東黒牧キャンパス] 〒930-1292 富山県富山市東黒牧65-1 TEL:076-483-8000 FAX:076-483-8008

[呉羽キャンパス] 〒930-0196 富山県富山市願海寺水口444 TEL:076-436-2570 FAX:076-436-1530

Copyright©2006-2012. Toyama University of International Studies. All rights reserved.