14年01月16日(木)

キャリア支援入門講座特別講義(保育・幼児教育分野) [子ども育成学部]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

キャリア支援入門講座で話される細川先生

 2014年1月15日(水)の5限、平成25年度「キャリア支援入門講座」(1年生対象)の特別講義がありました。今回は、細川優子先生(社会福祉法人富山国際学園福祉会にながわ保育園・主任保育士)に「子どもたちの笑顔とともに…」と題して、保育所・保育士の役割とやりがい、専門性について講演していただきました。
 その中で、パワーポイントの写真を通して、子どもたちの具体的な様子(「花を使った色水遊び」「泥団子作り」「砂場の山に型をずらりと並べる様子など)、環境の構成についてもお話を伺いました。途中、CDの音楽に合わせた手遊び(ネバネバするものが色々出てくる手遊び、グー・チョキ・パーで何か作って最後ジャンケンをする遊び)もあり、学生たちは実際の保育で行われている遊びを体験することができました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

新しい手遊びも体験

 にながわ保育園は、子ども育成学部の関連施設であり結びつきも強いことから、地域社会参加活動やボランティア、実習として多数の学生が関わっています。お話を聞いた後、学生から「ゼミ研究で今年、手遊びを研究しました。保育所でよくされる手遊びは何ですか?」「子どもに手遊びを初めて提示する時の配慮点は?」というような保育に関する具体的な内容の質問が出て、保育の仕事をより身近に感じる充実した時間となりました。



【学生の感想】
❏細川先生は、本当に多くの時間子どもと関わっておられ、子どもが好きだけでなく、深さを感じました。子どものする遊びを保育士も一緒になり真剣に取り組むことで、子どもたちも真剣になり、アイディアを出し合い、発展したものになることを学びました。
❏保育所は、保育士の他に栄養士、看護師もいてみんなで協力し合っていること、地域の方や専門機関など様々な所とつながって成り立っていることがわかりました。とても素敵な職業だと思いました。

Posted   パーマリンク

14年01月14日(火)

4年生が卒業研究論文を提出しました [子ども育成学部]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

卒業研究論文が完成しました

 2014(平成26)年1月10日、子ども育成学部では第2期生の卒業研究論文の提出が締め切られました。当日は、提出を予定していた4年生76人全員が締め切り時刻午後5時までに事務室への論文冊子提出を済ませました。
締め切り時刻直前には、ゼミの仲間の声援を受けながら冊子を抱えて事務室に駆け込む姿も見られましたが、提出後はどの顔も大変晴れやかでした。また、提出された論文のタイトルを見ますと、「教育と福祉のハイブリッド」を謳っている学部らしく、小学校、幼稚園、保育所、社会福祉施設等に関する研究分野のバラエティに富んだテーマが並んでいます。子ども育成学部ではこれらの卒業論文冊子を学部に保管するとともに、それぞれの論文をPDFにして保存することにしています。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

提出された卒業研究論文


卒業研究に関する次の大きなイベントとしては、2月8日(土)に開催される卒業研究発表会があります。この日は、子ども育成学部がある呉羽キャンパスE館4階で4会場に分かれて、一人15分間の持ち時間(発表12分、質疑応答3分)で、パワーポイントを使用して2年間の研究成果を発表します。

昨年の第1回卒業研究発表会の際には、学外からも多くの方々に参加していただきまして、活発な質疑応答が繰り広げられました。今年度は、第1回卒業生も含めてさらに多くの出席者が予想されています。

Posted   パーマリンク

14年01月04日(土)

子ども育成学部の進路状況について [子ども育成学部]

画像(180x41)・拡大画像(640x148)

子ども育成棟から臨む呉羽峠と立山連峰

新しい年2014(平成26)年が明けました。今年もどうぞ、よろしくお願い申し上げます。
昨年の富山国際学園創立50周年を経て、子ども育成学部が立地する呉羽キャンパスの風景も新しくなり、次の50年に向かって新しい歩みが始まっています。

 今春3月には、子ども育成学部1期生に続いて2期生が卒業して、社会に巣立っていきます。
 学部開設以来、富山をはじめ北信越地区の受験生と保護者の皆様にご提示してきました教育目標「健やかな子どもの育成を担う教育・福祉・保育の専門職養成」の達成状況(中間まとめ)について、お知らせします。

1.卒業予定者76名のうち、進路内定者の概況は次のとおりです。(12月末現在)
○小学校教員      5名(他に臨時任用講師申請者15名)
○保育士・幼稚園教諭 34名
○社会福祉士関係    7名
○子ども育成施設等   1名
○一般企業等      5名
○大学院進学      4名

2.卒業予定者76名のうち、資格・免許の取得見込み状況は次のとおりです。(12月末現在)
○小学校教諭一種免許 46名
○幼稚園教諭一種免許 64名
○保 育 士 資 格   47名
○社会福祉士国家試験受験資格 27名(平成26年1月受験・3月合格発表)
○社会福祉主事任用資格 76名
○スクールソーシャルワーカー 6名

画像(180x58)・拡大画像(640x208)

新高岡に向かう新幹線と二上山

画像(180x61)・拡大画像(640x219)

新湊大橋と富山新港工業地帯

Posted   パーマリンク

13年12月27日(金)

「平成26年度入学前オリエンテーション」を開催しました [子ども育成学部]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

学部長の説明を聞きます

 2013(平成25)年12月26日(木)、呉羽キャンパス子ども育成棟7階で、平成26年度入学前オリエンテーションを開催しました。今年は推薦入試合格者27名と、3年次編入学入試合格者4名が参加しました。

 まず、宮田学部長が、富山国際学園の歴史と富山国際大学の教育理念、子ども育成学部の教育理念・教育目標(人材像)、教育課程編成方針授業科目体系をはじめ、教育の特色教育と福祉のハイブリッド・少人数の実践的専門教育・地域に学び地域で育つ)などについて、説明を行いました。

 その後、推薦入試合格者は3グループに分かれ、自己紹介とともに、入学後の生活についてディスカッションを行いました。はじめは緊張した面持ちでしたが、しばらくするうちに笑い声も漏れはじめ、だんだんと参加者どうし打ち解けていく様子が見られました。

 各参加者の希望する資格や、授業の履修のこと、大学卒業後の進路についてのほか、サークル活動その他の学生生活についての話題も多く出ていました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

教員の自己紹介

 

  コーディネーターの教員は、グループの話し合いやディスカッションの進行役を務めるとともに、先輩の事例なども織り交ぜつつアドバイスを行いました。

 3年次編入学入試合格者については、既修得単位の認定や入学後の科目履修について、担当教員との相談が行われました。編入までの経歴や取得希望資格といった個々の事情に応じて、一人ひとり対応を進めていくこととなります。



画像(180x135)・拡大画像(640x480)

グループでのディスカッション

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

笑みがこぼれます

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

教員が参加者の質問に答えます


【参加者の感想から】

推薦入試合格者

❒色々な人と出会えて良かった。大学に来てからも友だちに関して大丈夫だと思った。
❒グループの人たちの、高校生活の思い出や将来の夢などを聞くことができた。同じ夢を持っている人たちとたくさん関われたのでうれしかった。
❒同じ夢でも、一人一人注目するところが違っていて面白いと思った。グループディスカッションで人の意見を聞くことの重要性にも気づくことができた。大学生活を送ることが楽しみになった。


3年次編入学入試合格者

❒編入後の必要な授業など、直接話をきいたり質問して、疑問が解決できた。
❒学校の雰囲気もすごく良く、4月から大変だけどがんばろうと思えた。

Posted   パーマリンク

2年生の授業科目「理科」の実験風景 [子ども育成学部]

  2013(平成25)年12月19日、「理科」の授業で2年生が電流回路の実験と水溶液の実験を行いました。場所は、今年新築されたF館4階の立山連峰がよく見える実験室です。
この授業は小学校教諭免許取得のために開講されている必修科目の一つで、内容は現在の小学校で実施されている理科の教科書実験とその発展実験を体験することを主とし、3年次の「理科教育法」の前段階となる科目です。
  本学部の学生は、高校時代には文系クラスに属していた人が多く、理科は嫌いではないが得意ではないという人が相当数います。そこで、先ずその不得意感を払拭するために、小学校理科における基本的な9テーマを選び、2人一組になって1テーマ当たり90分間をかけて実験を行います。

画像(180x118)・拡大画像(640x423)

アルコールランプの炎が大き過ぎませんか?

  今年度の実験テーマは、簡易モーターの製作、顕微鏡の使い方、風・ゴム・電気で走る車の製作、ふりこ、酸・アルカリ水溶液、豆電球・LED・モーター・乾電池・光電池で作る電流回路、燃焼、電磁石、ガラス細工の9種目を行っています。ガラス細工は、教育実習へ行ったときに簡単なガラス製実験器具を作ったり、修理したりできるようにするためのものです。このように15週の授業のうち9週が実験で、残りは各実験に関する理論や基本的な実験技術の説明に充てていますので、授業時間のすべてが実験と言えます。

画像(180x118)・拡大画像(640x423)

モーターの回転方向はこれで良しと

 実験した後で避けて通れないのがレポート提出です。最近は実験結果をカメラ付きケイタイで撮影してレポートにペーストする学生が増えましたが、写真枚数は最小限にし、顕微鏡実験等ではしっかりスケッチしてレポートに添付することになっています。この授業だけでもほぼ毎週レポートを提出しなければなりませんので、履修生にとってはかなりきついはずですが、ほとんどの学生が悪戦苦闘しながらもレポートは期限までに提出しています。
  実験室では写真のように、グループで和気あいあいとした雰囲気で試行錯誤を続けています。この経験は、将来、学生達が教員になった時に大きな力になるはずです。

画像(180x118)・拡大画像(640x423)

実験の準備・後片付けは手分けして

【学生の声】
❑実験をしていると、疑問点や注意点などが出てきたので、この経験が教育実習の際に役立つと感じた。
❑モーターづくりでは、子どもたちにモーターが回った時の喜びを感じてほしいので、この回らない要因に気を付けながら指導していきたい。

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

1

2014


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

PHOTO

鞍山師範学院と学術交流及びダブルディグリー協定締結

鞍山師範学院と学術交流及びダブルディグリー協定締結

富山県寄附講義「現代の生活課題と社会福祉」開催  #34

富山県寄附講義「現代の生活課題と社会福祉」開催  #34

「施設実習Ⅱ」報告会を開催しました。  #44

「施設実習Ⅱ」報告会を開催しました。 #44

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog

[東黒牧キャンパス] 〒930-1292 富山県富山市東黒牧65-1 TEL:076-483-8000 FAX:076-483-8008

[呉羽キャンパス] 〒930-0196 富山県富山市願海寺水口444 TEL:076-436-2570 FAX:076-436-1530

Copyright©2006-2012. Toyama University of International Studies. All rights reserved.