13年01月28日(月)

「施設実習?」報告会を開催しました [子ども育成学部]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

実習体験を報告する2年生

  2013(平成25)年1月23日(水)、保育士資格をめざす2年生62名が、昨年11月の「施設実習?」(児童福祉施設及び障害者支援施設での10日間の実習)の報告会を行いました。報告会のねらいは、?実習を振り返り、実習での学びを共有する(2年生)、?「施設実習?」の内容を理解し、履修選択の参考にする(1年生)ことです。
  実習を体験した2年生で運営委員会を結成し、実習終了後から準備を進めてきました。当日は、3グループ(1グループ6〜7施設)に分かれ、実習施設ごとに発表を行いました。


画像(180x135)・拡大画像(640x480)

先輩の報告に聴き入る1年生

1年生の感想を紹介します。
❏「施設実習?」報告会に参加して、施設実習はどんな感じなのか分からなかったので、とても参考になりました。施設の利用者さんへの声かけやコミュニケーションのとり方、相手の伝えたいことを理解することの大切さなど、難しそうだと思いました。また言葉遣いなど、直していかなければいけないと思いました。

❏ 今回のスライドを見て、今まで自分の知らなかった世界のことを詳しく聞けてとても良い機会でした。実際にそれぞれの場所で実習してこられた方々のお話を聞くことで、その施設の様子を知ることができたし、どのような人たちが施設を利用しているのか、どのような活動をしているのかを聞くことができて良かったです。2年生になり自分が行く機会があれば、今日の先輩からのお話や資料などを参考にして、充実した施設実習にしていきたいと思いました。


Posted   パーマリンク

東黒牧ニュース「経営情報実習 成果発表会を開催」 [現代社会学部]

PDFファイル(152KB)

(152KB)


Posted   パーマリンク

13年01月24日(木)

社会福祉士国家試験受験者への激励会を開催しました [子ども育成学部]

2013年(平成25)年1月24日(木)、第25回社会福祉士国家試験の受験者20名(1月27日:金沢会場)に対して、激励会を開催しました。
  宮田学部長より、3つの言葉(SKO、NBP、STR)を交えながら、あたたかいエールが送られるとともに、いよいよ本番に向けて気合いの入った瞬間となりました。
 1つ目のSKOとは、「想定外のことは必ず起きることを前提として、試験当日までどんなことが起こっても落ち着いて行動できる心構えでいてほしい。」ということでした。
 

画像(180x135)・拡大画像(360x270)

学部長からのエール

  2つ目のNBPとは、「Nobody is Perfect」であり、「誰でも完全な人はいないのだから、これまで最大限の努力をしてきた自分自身を信じるとともに、結果がどう出ても後悔はない心境でがんばってほしい。後は、人事を尽くして天命を待つである。」ということでした。

画像(180x135)・拡大画像(360x270)

緊張の中にも静かなファイト

  そして、3つ目のSTRとは、「STRENGTH(ストレングス:強み)」であり、「みなさん一人ひとりには、それぞれのストレングスがある。これを十分活かして、万全の体制で試験に臨んでほしい。」ということでした。
  また、室林・村上・相山の各担当教員からも、熱い応援メッセージが伝えられるとともに、当日に向けた最終確認を行いました。

  今回の国家試験は、非常勤講師や実習施設の先生方をはじめ、地域の福祉関係者の皆さん方のご協力とご支援の中で、子ども育成学部で社会福祉を学んできた第1期生の大学生活の集大成でもあります。3年生も、受験する先輩たちにメッセージカードを準備するなど、学部一体となって応援に取り組んでいます。大きな成果が期待されています。

Posted   パーマリンク

平成24年度「学内合同企業説明会」無事修了 [キャリア支援センター]

画像(180x58)・拡大画像(640x207)

平成25年1月23日(水)14:30より東黒牧キャンパスで開催しました。当日は、昨年より23社多い合計96社の企業・事業所からの参加があり、参加学生113名は終了時間いっぱいまで、熱心に人事採用ご担当者からの説明を聴いていました。ご参加頂きました各企業のご担当者様、ありがとうございました。

Posted   パーマリンク

13年01月21日(月)

「富山に学ぶインターンシップ報告会」を開催しました [子ども育成学部]

  2013(平成25)年1月18日(金)、「富山に学ぶインターンシップ(3・4年次:選択2単位)」報告会を開催しました。今年度履修した11名(3年生5名、4年生6名)の学生が、各自で設定した実習計画にもとづいて、県内の教育・保育・福祉の現場での就業体験(80時間)を通じ、自己成長を図ってきました。
  会場には、来年度に履修予定の2・3年生も聴講していたこともあり、先輩格の各発表者は、厳しい中にもやさしさあふれるアドバイスを含めながら充実した報告を行ってくれました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

報告会に際しての全体説明

 また、インターンシップの活用方法も様々で、
? 小学校教育実習、幼稚園教育実習、保育所実習、社会福祉士をめざす相談援助実習など学外実習のための事前学習の場
? 実習後のフォローアップの場
? 卒業研究論文のフィールドスタディの場
? 就職活動に向けて気持ちを高め、活動そのものに活かすための場
というふうに、有意義な就業体験をしてきました。                     

       
 今後も、「地域で学ぶ」、「地域に学ぶ」、「地域で育つ」をより意識できる子ども育成学部ならではの特色ある科目として、さらに充実・発展させていきます。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

意欲的に取り組んできました

【学生の感想】
❑これから小学校教育実習に行く自分にとって、とても参考となる絶好の機会でした。実習と組み合わせることがとても有効だということが分かりました。
❑インターンシップをきっかけに、就職だけでなく、卒業研究にまで活かせるようにうまく活用された先輩のこれまでの報告は、とても勉強になり、ステキだと思いました。
❑80時間の体験を、教育と保育の現場、福祉と教育の現場といったように、自分のペースで上手く組み合わせて、半期ごとや夏季休業期間中に活動できることが魅力に感じました。

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

1

2013


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PHOTO

環境デザイン専攻学生 浄水場を見学

環境デザイン専攻学生 浄水場を見学

6、7月の保育:壁面構成を考える  #16

6、7月の保育:壁面構成を考える  #16

とやま環境フェアに出展と協力

とやま環境フェアに出展と協力

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog

[東黒牧キャンパス] 〒930-1292 富山県富山市東黒牧65-1 TEL:076-483-8000 FAX:076-483-8008

[呉羽キャンパス] 〒930-0196 富山県富山市願海寺水口444 TEL:076-436-2570 FAX:076-436-1530

Copyright©2006-2012. Toyama University of International Studies. All rights reserved.