13年01月21日(月)

「富山に学ぶインターンシップ報告会」を開催しました [子ども育成学部]

  2013(平成25)年1月18日(金)、「富山に学ぶインターンシップ(3・4年次:選択2単位)」報告会を開催しました。今年度履修した11名(3年生5名、4年生6名)の学生が、各自で設定した実習計画にもとづいて、県内の教育・保育・福祉の現場での就業体験(80時間)を通じ、自己成長を図ってきました。
  会場には、来年度に履修予定の2・3年生も聴講していたこともあり、先輩格の各発表者は、厳しい中にもやさしさあふれるアドバイスを含めながら充実した報告を行ってくれました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

報告会に際しての全体説明

 また、インターンシップの活用方法も様々で、
? 小学校教育実習、幼稚園教育実習、保育所実習、社会福祉士をめざす相談援助実習など学外実習のための事前学習の場
? 実習後のフォローアップの場
? 卒業研究論文のフィールドスタディの場
? 就職活動に向けて気持ちを高め、活動そのものに活かすための場
というふうに、有意義な就業体験をしてきました。                     

       
 今後も、「地域で学ぶ」、「地域に学ぶ」、「地域で育つ」をより意識できる子ども育成学部ならではの特色ある科目として、さらに充実・発展させていきます。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

意欲的に取り組んできました

【学生の感想】
❑これから小学校教育実習に行く自分にとって、とても参考となる絶好の機会でした。実習と組み合わせることがとても有効だということが分かりました。
❑インターンシップをきっかけに、就職だけでなく、卒業研究にまで活かせるようにうまく活用された先輩のこれまでの報告は、とても勉強になり、ステキだと思いました。
❑80時間の体験を、教育と保育の現場、福祉と教育の現場といったように、自分のペースで上手く組み合わせて、半期ごとや夏季休業期間中に活動できることが魅力に感じました。

Posted   パーマリンク

13年01月17日(木)

キャリア支援講座?(幼保)〜先輩が語る・先輩と語る〜 [子ども育成学部]

  2013(平成25)年1月17日(木)、「キャリア支援講座?」(3年生)で、「25年度採用試験に向けて」と題して、4年生の就職内定者による体験談紹介と懇談会を行いました。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

「地域の出来事や新聞記事にもに関心を。特技を持つことも大切」

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

「公務員試験講座は、しっかりと」

  公立保育所や民間保育園に就職が決まった4年生6名(女子5名・男子1名)が、幼稚園教諭や保育士を目指す3年生約30名を前に、それぞれの採用試験に向けての思いや、受験勉強の仕方、また各自が受験した試験内容などについて、履歴書などを示しながら、具体的に伝えました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

「忙しいからこそ集中力が大事」

  後半の一人ひとりの先輩(4年生)に個々に質問するコーナーでは、実際に使用した採用試験対策問題集や面接での質問内容や注意事項・留意点など、より詳細にわたり、和やかな中にも活発に話合いがなされました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

「日々の努力と、気持ちの切り替えが大事」

   参加した3年生は、熱心にメモを取りながら、先輩の話に聞き入っていました。保育者への道を目指す気持ちを改めて確認するとともに、意欲をさらに高める機会となりました。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

「子どもと関わる仕事に就きたいという思いが支えでした」

Posted   パーマリンク

13年01月16日(水)

小学校教育研究サークルの結成 [子ども育成学部]

画像(180x134)・拡大画像(626x469)

松本会長のあいさつ

 2013(平成25)年1月12日(土)、小学校教員を目指す3〜4年生により、サークル「富山国際大学小学校教育研究会」が結成されました。会には、3年生15名、4年生13名の合計28名が参加。当日は、呉羽キャンパスD館206教室を会場に、結成総会を開催し、会則の承認、役員の選出、事業の計画などを全会一致で承認しました。

画像(180x134)・拡大画像(618x463)

曲師先生の記念講演

  総会後、曲師(まげし)政隆先生(富山県西部教育事務所指導主事)を講師に、「教師を目指す皆さんへ」と題して、先生の豊富な教職実践を楽しく聴かせていただきました。ワークショップ型の講演に、学生たちは「授業は、様々な想定をしておくことが大事」(3年Kさん)、「教師として大切なことを学んだ」(4年Mさん)、「人間関係づくりは、信頼関係の構築」(4年Nさん)など、講演が終わってもなかなか会場を去ろうとしませんでした。

  研究会では、今後、4月から小学校教育現場に立つ4年生の様々な教育情報を研修材料に、教員としての資質を高める活動を行います。併せて、先輩と後輩の絆を大切にしながら、「教員採用に臨む3年生の道しるべ」となるようなサークルに高めていく予定です。


画像(180x135)・拡大画像(625x469)

会長・副会長・理事などの役員9名を選出

  子ども育成学部では、卒業生への専門性向上支援のためのリカレント教育の一環として、(仮称)富山国際大学子ども育成学会を立ち上げ、小学校教育・保育幼児教育・社会福祉の各分野の研究会組織が相互に連携しながら、子ども育成の実践研究の交流・共有に取り組んでいくことにしています。

Posted   パーマリンク

13年01月11日(金)

【授業風景】3年生「子ども育成専門演習」 [子ども育成学部]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

4グループに分かれての事例検討

  子ども育成学部では、教育課程の基幹科目として、1年前期に「子ども育成入門」、1年後期に「子ども育成論」、3年後期に「子ども育成専門演習」を、それぞれ卒業必修科目として開講しています。そのねらいは、子ども育成のあり方について、教育・発達・福祉の視点から幅広く学ぶことにあります。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

関係機関の連携のあり方を問う熱心な議論

  「子ども育成専門演習」では、1学年80名が3グループに分かれて、3人の教員の指導をローテーションで受けていきます。1月10日の授業(宮田伸朗教授担当)では、東京都江戸川区の児童虐待死亡事例検証報告書を題材に、児童虐待をめぐる学校・児童相談所・医療機関などの連携のあり方について、グループ討議と全体フォーラムを行いました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

グループの代表によるフォーラム

【学生の感想から】
❏虐待がわかるのが早く、情報提供が行われていたのに、Kくんの命が救えなかったことに、何とも言えない気持ちになりました。
❏小学校・子ども家庭支援センター・児童相談所の3者で連携しあったり、小学校をサポートする体制が求められると感じます。
❏小学校に、福祉の視点を持ったスクール・ソーシャルワーカーの存在の必要性を、改めて感じました。

Posted   パーマリンク

初めての卒業論文を提出しました [子ども育成学部]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

  2013(平成25)年1月11日(金)、子ども育成学部第1期生の卒業論文の提出締切日に、卒業予定者64名全員が論文を提出しました。
  2月9日(土)には、初めての卒業研究発表会が予定されています。(詳細は、別途お知らせします。)

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

1

2013


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PHOTO

【速報】関西選手権競漕大会で女子ダブルスカル優勝、シングルスカル2位!

【速報】関西選手権競漕大会で女子ダブルスカル優勝、シングルスカル2位!

EPO中部北陸交流会2015 『地域未来を描こう〜山の語り場』にて学生が発表

EPO中部北陸交流会2015 『地域未来を描こう〜山の語り場』にて学生が発表

東黒牧ニュース「入学前教育スクーリング実施」

東黒牧ニュース「入学前教育スクーリング実施」

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog

[東黒牧キャンパス] 〒930-1292 富山県富山市東黒牧65-1 TEL:076-483-8000 FAX:076-483-8008

[呉羽キャンパス] 〒930-0196 富山県富山市願海寺水口444 TEL:076-436-2570 FAX:076-436-1530

Copyright©2006-2012. Toyama University of International Studies. All rights reserved.