20年02月20日(木)

2019(令和元)年度 「学内企業研究会」を開催しました。 [キャリア支援センター]

 2月14日(金)と2月18日(火)の2日間にわたって、東黒牧キャンパス厚生棟で学内企業研究会を開催しました。
 本学の一般企業及び地元自治体に就職を希望する3年生約100名が参加しました。
 天候の悪い中、146社の企業・団体等の皆様にご参加いただきました。今年は、東京オリンピック開催による影響から採用選考の早期化が予想されます。そこで、3月の選考活動に関する情報公開に向けて、企業研究の機会を設けました。本学は、地元富山県内企業への就職希望者が多いことから地元企業・団体のご担当者様に協力いただき、業種や自社の製品等についてご説明いただきました。
 残り半月足らずで就職活動がスタートします。3月に入ると富山県内各所で合同企業説明会が開催されます。それらに向けて、再度企業研究や自己分析を進めるよう大学全体で指導に励みたいと思います。
 お忙しい中ご協力いただきました企業の皆様には、心より感謝申し上げます。

画像(180x125)・拡大画像(501x350)
画像(180x133)・拡大画像(640x475)
画像(180x134)・拡大画像(640x479)

Posted   パーマリンク

19年12月02日(月)

2019(令和元)年度「富山国際大学・企業・事業所・大学講演会」を開催しました [キャリア支援センター]

 2019(令和元)年11月29日(金)、富山電気ビルデイングにて「富山国際大学・企業・事業所・大学講演会」を開催しました。

 今年度は、リコージャパン株式会社より太田康子氏を迎え、「今こそSDGsで企業価値をあげよう〜SDGsの社内浸透99.6%はこう実現した〜」をテーマにご講演いただきました。当日は、企業・団体・関係機関等の方々及び本学関係者を合わせて約200名にご参加いただきました。
 SDGsについて、ご参加いただいた方の中には「積極的に取り組みたいと思う反面、具体的な取組方法が分からないというのが現状」と考えておられた方がいたようですが、講師の太田先生のお話の中で、実は普段の日常業務の中にすでにSDGsの取組に該当するものがあり、育休を含めた福利厚生に力を入れている、ゴミの分別をしっかりしている等、身近で行われていること、そしてやろうと思えばすぐに出来ることなどを具体的にご説明いただきました。
 SDGsについては、2018年に富山市、2019年に富山県・南砺市が国の「SDGs未来都市」に選ばれました。そのため、開催前より講演に関するお問い合わせも多く、講演内容も大変好評でした。
 今後、本学においてもさらに推進するための多くの参考となるお話を聴くことができました。
 講演会終了後には、企業・事業所の方々との「情報交換会」も開催し、太田先生をはじめリコージャパンのみなさまにもご参加いただき、盛会となりました。
 ご講演いただきました太田先生、ならびにお忙しい中ご参加いただきました企業・団体・関係機関のみなさまには心より感謝いたします。

画像(180x127)・拡大画像(640x455)
画像(180x135)・拡大画像(640x482)

画像(180x130)・拡大画像(640x464)
画像(180x133)・拡大画像(640x474)

Posted   パーマリンク

19年11月25日(月)

現代社会学部「模擬・グループディスカッション」を開催 [キャリア支援センター]

 本大学では就職活動に向けたキャリア支援の一環で、東黒牧キャンパスで3年
生を対象に「模擬・グループディスカッション」を実施しました。
グループディスカッションでは、学生をランダムに10のグループに分けて、教員
のサポートの元、共通テーマをもとに、各チームの結論作成に至るまでの討議を
行いました。「イメージ通り議論を進められなかった」「積極的に議論に参加す
ることができなかった」「就職活動に向けた貴重な機会になった」など、学生に
とって貴重な気づきの場となりました。

画像(180x135)・拡大画像(461x346)
画像(180x135)・拡大画像(461x346)
画像(180x135)・拡大画像(461x346)

Posted   パーマリンク

19年11月20日(水)

「富山国際大学 インターンシップ実施報告会」を開催しました!(現代社会学部) [キャリア支援センター]

画像(180x134)・拡大画像(531x398)

 11月20日(水)、夏のインターンシップへの参加学生の研修報告会が開かれました。

 インターンシップ研修に参加した学生はその全員が「事後研修」の一環としてすでに一度学内で研修に関する発表をしていますが、本日はその中からさらに選抜された6名があらためて研修報告を行いました。
 このインターンシップ研修は、本学現代社会学部の正規科目(選択科目)として実施しているものです。研修先は主に富山県インターンシップ推進協議会に加わっている企業・公的機関等ですが、本学部では独自に「海外インターンシップ」も実施しているため、今夏はベトナム・ハノイの旅行会社(複数)で研修を行った学生もいます。

画像(180x134)・拡大画像(531x398)

 学生たちは、事前研修を通じて「インターンシップで何を得たいのか」など、各人の目的・目標を明らかにしたうえで、夏休み期間中の実地研修に臨んでいます。

画像(180x135)・拡大画像(535x402)

 報告では、実際の体験を通じて、「仕事をするうえでの自分の認識の甘さを実感した」、「決められた時間の中で与えられた業務をやり遂げることの大切さとやりがいがわかった」、「自分の考え方や視野が広がった」、「有限な時間の効率的な使い方が大事だと感じさせられた」といった意見が述べられていました。また、「うまくいかなかったこと、失敗したことから学び、今後の大学生活、就職活動に活かしたい」との発表もありました。さらに、「仕事をするうえで、まずは『信頼を得ること』がとても大切だと知り、今後『自分を高める努力』をしなければいけないと感じた」と述べた学生もおりました。

画像(180x134)・拡大画像(531x398)

 参加学生は、それぞれに、「今後の糧」となる有意義な体験をしたようです。その発表者の思いや経験は、発表を聴いていた3年生や1年生にも伝わったことでしょう。

 研修先の皆様にはそれぞれ特徴あるよく考えられた研修プログラムを設けていただきました。学生たちにこうした貴重な体験の機会を与えていただきましたことにつきまして、厚く御礼を申し上げます。

Posted   パーマリンク

19年11月07日(木)

現代社会学部OB・OGの体験聞く“カフェ” [キャリア支援センター]

 富山の企業で働く先輩たちに、地元で働く喜びや社会人生活の実際について聞く「Tターンcafe」が10月30日、東黒牧キャンパスで3年生を対象に開かれました。8社で活躍する10名の若手会社員が、就職活動から現在までの経験について語ってくれました。
 Tターンとは「TOYAMAターン」の略称で、富山県内の学生が県内で働き暮らす、という意味です。催しは、県と本学が主催しました。
 参加企業は金融、自動車販売、コンピューター、製薬、小売業などバラエティに富み、全員が本学の卒業生。10名が一人ずつ、お茶菓子や飲み物が用意されたテーブルにつき、その先輩を学生たちが囲んで、まずは先輩が自己紹介。続いて学生からの質問タイムでは、志望の企業をどうやって絞り込んだか、会社生活では休日はどのように過ごしているかなど、次々に投げかけられる質問に、先輩たちが丁寧に答えてくれました。
 「学生時代に何か一つでいいから『自分はこれに打ち込んだ』という経験を持って、就活でそれをアピールして」というアドバイスに、学生たちは熱心に耳を傾けていました。

画像(180x134)・拡大画像(640x479)
画像(180x128)・拡大画像(640x456)
画像(180x126)・拡大画像(640x448)

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

4

2020


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

PHOTO

「子ども食堂」総まとめの発表をしてきました!(SSW・BBS研究会)  #1

「子ども食堂」総まとめの発表をしてきました!(SSW・BBS研究会)  #1

第10回富山県障害者スポーツ大会(陸上競技会) 〜ボランティアとして参加しました〜

第10回富山県障害者スポーツ大会(陸上競技会) 〜ボランティアとして参加しました〜

第13回研究交流サロン #22

第13回研究交流サロン #22

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog

[東黒牧キャンパス] 〒930-1292 富山県富山市東黒牧65-1 TEL:076-483-8000 FAX:076-483-8008

[呉羽キャンパス] 〒930-0196 富山県富山市願海寺水口444 TEL:076-436-2570 FAX:076-436-1530

Copyright©2006-2012. Toyama University of International Studies. All rights reserved.