20年06月02日(火)

【学生の皆さんへ】「学生の“学びの支援”緊急パッケージ」等について [学生課]

文部科学省より、新型コロナウイルス感染症の影響により修学が困難となっている学生等が活用できる主な支援策として、「学生の“学びの支援”緊急パッケージ」【別紙1】の内容が公表されました。


【別紙1】


今般創設された「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』(学びの継続給付金、5月22日付けHPで案内)のほか、日本学生支援機構の緊急特別無利子貸与型奨学金など、家庭から自立してアルバイト収入により学費等を賄っており、その収入が大幅に減少した学生等に対する新たな支援策等も含めて掲載されています。

また、【別紙2】には、こうした修学支援策に加え、学生等が活用できる、幅広い支援策や問合せ先等の詳細を掲載していますので、お知らせします。

PDFファイル(1287KB)

【別紙2】 (1287KB)


関連タグ :

Posted   パーマリンク

20年05月22日(金)

【学生の皆さんへ】学生支援緊急給付金について [学生課]

令和2年5月21日

文部科学省による学生支援緊急給付金給付事業
(「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』について

【概要】
今般の新型コロナウイルス感染症拡大による影響を踏まえ、新たにアルバイト収入が減少した学生向けの学生支援緊急給付金給付事業が閣議決定されました。
世帯収入・アルバイト収入の大幅な減少により、学生生活にも経済的な影響が顕著となっている状況の中で、大学等での修学が困難になっている学生等が修学をあきらめることがないよう現金を支給する事業です。






【給付対象学生】
国公私立大学(大学院含む)・短大・高専・専門学校
家庭から自立してアルバイト収入により学費等を賄っている学生等で、今回の新型コロナウイルス感染症拡大による影響で当該アルバイト収入が大幅に減少し、大学等での修学の継続が困難になっている学生

【給付額】
住民税非課税世帯の学生 20万円
上記以外の学生       10万円






本学に在学している方で申請を希望される場合は、以下の申請の手引きを熟読のうえ、必要書類を本学学生課へ提出して下さい。
「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』申請の手引き

【様式1】学生支援緊急給付金申請書.docx
【様式2】学生支援緊急給付金を受けるための要件に係る誓約書.docx

【募集期間】
令和2年5月25日(月)〜令和2年6月17日(水)

詳しくは、以下の文部科学省「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』ウェブサイトをご覧ください。
https://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/hutankeigen/mext_00686.html

【問い合わせ先】
富山国際大学
 東黒牧キャンパス 学生課
TEL:076-483-8881   E-MAIL: gakusei@tuins.ac.jp
 呉羽キャンパス   事務室
TEL:076-436-2570   E-MAIL: kurehac@tuins.ac.jp


関連タグ :

Posted   パーマリンク

20年05月15日(金)

【学生の皆さんへ】奨学金の申請について [学生課]

                                                                     2020年5月15日(金)更新

以下の内容は、5月07日にホームページに掲載した内容を更新したものです。今回、新たに付加した情報については、下線で示していますのでご確認ください。

学生の皆さんへ
                     
新型コロナウイルス感染症の影響により家計が急変した世帯の学生への支援等について

富山国際大学に在籍する学生さんにおかれましては、新型コロナウイルス感染症に係る影響を受けて家計が急変し修学が困難となった場合、以下の奨学金制度に申請することができます。

1.富山国際大学奨学金制度(第1種奨学金)
本学独自の奨学金制度で、学資負担者の死亡等による家計の急変や風水害等の被災の学生を対象に学納金の全額もしくは一部を給付する制度です。この度の新型コロナウイルス感染症の影響により家計が急変した人も対象になります。
学内締切日:令和2年4月20日(月)→【延長】令和2年5月15日(金)→【再延長】令和2年5月29日(金)

2.国による高等教育修学支援新制度 2020年度4月よりスタート
修学支援新制度とは、経済的理由により進学及び修学の継続を断念することがないよう、授業料等の減免と給付型奨学金により意欲ある学生のみなさんの「学び」を支えるものです。
以下の条件を満たせば支援が受けられます。
【対象】住民税非課税世帯・準ずる世帯の学生で、学業成績が一定の基準を満たすもの
授業料・入学金の免除/減額 + 給付型奨学金の支給
   
在学定期採用 申込・推薦スケジュール
申込・マイナンバー提出期限    初回振込日
第1回 4月30日(木)         6月11日(木)
第2回 5月29日(金)         7月10日(金)
第3回 6月30日(火)         8月11日(火)

詳細は、以下のウェブサイトを参照のうえ、各キャンパスの担当部署にご相談ください。
≪文部科学省 高等教育の修学支援新制度≫
https://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/hutankeigen/index.htm
(トップ > 教育 > 大学・大学院、専門教育 > 高等教育の修学支援新制度)
≪日本学生支援機構(給付奨学金、貸与型奨学金、緊急・応急採用など)≫
https://www.jasso.go.jp/index.html


3. 滑川市奨学資金(給与・貸与)
 滑川市では、修学の意欲及び能力を有するにもかかわらず、経済的な事由によって修学が困難な者に対し、奨学金を(給与・貸与)することにより、有用な人材の育成を図ることを目的として奨学金を募集しています。
受付期間:令和2年6月1日(月)〜令和2年6月12日(金)


申請書類の必要な方は、以下の問い合わせ先まで電話かメールにてご連絡ください。
必要書類は郵送にてお送りいたします。(学校へ来ることは避けてください)
その他不明な点がございましたら、以下までご連絡ください。

【問い合わせ・相談先】
(東黒牧キャンパス)学生課
TEL:076-483-8881   E-MAIL: gakusei@tuins.ac.jp
(呉羽キャンパス) 事務室
TEL:076-436-2570   E-MAIL: kurehac@tuins.ac.jp


上記以外の奨学金制度については、各都道府県、各市町村(教育委員会)にお問い合わせください。

また、修学支援以外の制度のうち,経済的に困難な場合に活用できる制度として以下のものがあります。
・「個人向け緊急小口資金等の特例」として、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、休業等により収入
の減少があり、緊急かつ一時的な生計維持のための資金を必要とする世帯に貸付を実施しています。
学生の場合は、保護者の方に仕送りを増やしてもらう等の手立てができない場合に限ります。また、未
成年の場合は、保護者または後見人の同意が必要になります。
詳しくは、住民票のある社会福祉協議会にお問い合わせください。

・生活福祉資金貸付金
【教育支援資金】
低所得世帯を対象として、大学等に修学するために必要な経費について、貸付をうけることができる制度です。また、入学に際し必要な経費についても貸付を行っています。
詳しくは、住民票のある市区町村の社会福祉協議会にお問い合わせください。
申込時期:随時
貸付条件:無利子 月額 65,000円以内(大学の場合) 入学時 500,000円

・母子父子寡婦福祉貸付金
【就学支度資金】
母子・父子・寡婦家庭の方が、就学するために必要な受験料、被服費等に必要な資金として貸付を受けられる制度です。
申込時期:随時
貸付条件:無利子 590,000円以内(私立大学の場合)
【修学資金】
母子・父子・寡婦家庭の方が、大学等に就学するための授業料、書籍代、交通費等に必要な資金として貸付を受けられる制度です。
申込時期:随時
貸付条件:無利子 月額 146,000円(大学で自宅外通学の場合)
就学支度資金および修学資金のいずれも詳しくは、住民票のある都道府県・指定都市・中核市の福祉事務所等のひとり親世帯関係施策担当にお問い合わせください。

・日本政策金融公庫の教育ローン
大学等に入学・在学する方の保護者に対し、貸付を行うものです。
詳しくは、日本政策金融公庫にお問い合わせください。
申込時期:随時
貸付条件:学生等1人あたり350万円 利息 年 1.71%(固定金利) 
・雇用調整助成金の特例措置
新型コロナウイルス感染症の影響を受けた事業主が、休業手当を払う場合、学生アルバイトも含む非正規雇用も対象となる特例があります。


関連タグ :

Posted   パーマリンク

20年05月11日(月)

【学生の皆さんへ】特別定額給付金の給付について [学生課]

                                                令和2年5月11日
特別定額給付金の給付について

【概要】
 令和2年4月20日、「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」が閣議決定され、感染拡大防止に留意しつつ、簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行うため、特別定額給付金事業が実施されることになりました。

【給付対象者および受給権者】
・給付対象者は、基準日(令和2年4月27日)において、住民基本台帳に記録されている者で、国内在住の外国人も対象になります。
・受給権者は、その者の属する世帯の世帯主となります。

【給付額】
給付対象者1人につき10万円

【申請方法】
 世帯主が、市区町村から世帯主宛てに郵送された申請書によって郵送又はオンライン(マイナンバーカード所有者が利用可能)で行い、給付は原則として申請者本人名義の銀行口座への振込により実施されます。
受付開始日及び給付開始日は市区町村において決定され、申請期限は郵送申請方式の申請受付開始日から3カ月以内となっています。

【給付金の詐欺等に注意】
 市区町村や総務省などから現金自動預払機(ATM)の操作をお願いすることや、市区町村や総務省などが「特別定額給付金」の給付のために、手数料の振込みを求めること、さらにメールを送り、URLをクリックして申請手続きを求めることは、絶対にありません。

【別添】
・特別定額給付金事業の概要
(https://www.soumu.go.jp/menu_seisaku/gyoumukanri_sonota/covid-19/kyufukin.html?fbclid=IwAR2_Yjv0VKT-YMHG7Rrha3MmhqXbMzZ3R1V7FtYVVdMvQZzp0lHutJYcIUA)
・特別定額給付金詐欺被害防止ポスター
(https://www.soumu.go.jp/main_content/000684021.pdf)
・新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた生活福祉資金貸付制度における緊急小口資金等の特例貸付の拡大について
(https://www.mhlw.go.jp/content/12003000/000606493.pdf)
・雇用調整助成金の特例措置
(https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/pageL07.html)
 


関連タグ :

Posted   パーマリンク

20年04月20日(月)

【学生の皆さんへ】学生課からのお知らせ [学生課]

【学生のみなさんへ】 学生課からのお知らせ

<現代社会学部の1年生の皆さんへ>

・検尿について
 4月20日(月)に予定していた検尿の提出は延期とします。
 対面授業開始後に改めてメールで提出の日時をお知らせします。

・奨学金のID・パスワード返却について
 日本学生支援機構の奨学金を申請する際、お渡ししたID・パスワードの用紙については、対面授業が開始された時に返却してください。

 以上の提出のために大学に来ることのないようにしてください。

<現代社会学部の全学年対象者の方へ>

・再検査について
 血圧や検尿などで再検査になった学生は、対面授業開始後にメールで再検査の実施日時をお知らせします。
 再検査が必要な方の健康診断書は、再検査後の発行となります。ご了承ください。

・健康診断書の発行について
 要検査、要経過観察の結果がでた場合、学校医の診察後に健康診断書を発行します。4月の学校医診察は中止です。5月27日(水)に予定されている学校医の診察に関しては、メールで個別にお知らせします。

・健康診断未受診の方について
 対面授業開始後、施設で健診が可能な日を改めてメールで連絡します。

以上、よろしくお願いします。


Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

7

2020


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

PHOTO

富山市女性の翼(WWT)会員と留学生がひな祭り交流

富山市女性の翼(WWT)会員と留学生がひな祭り交流

第1回入試直前相談会を開催しました

第1回入試直前相談会を開催しました

【初年次教育】中島学長「活力ある生活で、学び多き4年間を!」

【初年次教育】中島学長「活力ある生活で、学び多き4年間を!」

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog

[東黒牧キャンパス] 〒930-1292 富山県富山市東黒牧65-1 TEL:076-483-8000 FAX:076-483-8008

[呉羽キャンパス] 〒930-0196 富山県富山市願海寺水口444 TEL:076-436-2570 FAX:076-436-1530

Copyright©2006-2012. Toyama University of International Studies. All rights reserved.