19年10月19日(土)

オスカーホームとの協働森づくり実施 [現代社会学部]

画像(180x101)・拡大画像(640x360)

参加者集合写真

10月19日(土)、オスカーホームさんと本学学生・教職員による森づくり活動を参加者73名(オスカーホームさん49名、本学の環境サークル、サッカー部員に教職員24名)で行いました。大学グランド横の森500uの敷地内は、下草が一面覆い繁っておりましたが、今回の活動で無花粉杉の実験林もすっきりとし、光が差し込むようになりました。晩秋にはキノコも採れるかもしれません。参加された皆様お疲れさまでした。

画像(180x100)・拡大画像(640x359)

下草刈り作業中


Posted   パーマリンク

19年10月03日(木)

住宅史海外研修(ロンドン・グラスゴー編)NO2 [現代社会学部]

 「2019年度住宅史海外研修」は、9月21日グラスゴーに移動しました。グラスゴーはスコットランドの中心的な大都市です。ロンドンで、「ウイリアムモリス」が活躍したころ、グラスゴーでは、「マッキントッシュ」という建築家がたくさんの建物を造りました。グラスゴーでは、マッキントッシュの作品を中心に視察しました。
 グラスゴー市街から北に、電車で1時間半ほどのところにある有名な「The Hill House」(写真1)を視察しました。ダイニングルームにおいて、これも有名なオリジナル「High back chair」を間近で見学できました(写真2)。また、マッキントッシュがデザインしたティールームで、アフタヌーンティーを経験しました(写真3)。その他、ルネッサンス様式で19世紀にたてられた市庁舎(写真4)、スコットランドゴシックの代表作である大聖堂(写真5)、歴史あるグラスゴー大学を視察しました(写真6)。
 9月23日再びロンドンに移動。24日は、研修の最終日です。ロンドンに本社があり、日本にも進出しているインテリア販売会社「コンランショップ」のロンドンショールームを視察しました。Creative DirectorのStephen Briarsさんの説明を受けました(写真7、写真8)。また、ショールームで働いているVMD (Visual Merchandising)担当者の働きぶりを直に見学しました(写真9)。学生にとっては、インテリア販売会社で働く多くの職種について知る初めての機会となりました。最終日は、ゴシック様式のウエストミンスター寺院(写真10)、ネオクラシズム様式のバッキンガム宮殿、ゴシックリバイバル様式のビックベンなど、いろいろな建築様式の建物を訪れ、建築のスタイルの理解を深めました。25日朝、6日間の短くも充実した研修を終え日本への帰路につきました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

写真1

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

写真2


画像(180x135)・拡大画像(640x480)

写真3

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

写真4


画像(180x135)・拡大画像(640x480)

写真5

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

写真6


画像(180x135)・拡大画像(640x480)

写真7

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

写真8


画像(180x135)・拡大画像(640x480)

写真9

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

写真10


Posted   パーマリンク

観光専攻3年、黒部の観光まちづくり調査をスタート [現代社会学部]

 観光専攻3年の谷脇茂樹ゼミは9月30日、立山黒部アルペンルートの現地踏査を行いました。
 同ゼミでは、大学コンソーシアム富山の研究助成金を受け、後期の授業を通して、観光を通じた黒部市の地方創生を研究することにしています。
 研究をキックオフするにあたり、2024年「黒部ルート」の一般開放を視野に入れ、今回は立山黒部アルペンルートを通って黒部ダム周辺の調査を行いました。

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

黒部ダム周辺の観光資源の掘り起こしに挑戦

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

室堂周辺を調査


Posted   パーマリンク

19年09月30日(月)

住宅史海外研修(ロンドン・グラスゴー編)NO1 [現代社会学部]

 現代社会学部環境デザイン専攻の授業には、「生活環境論U」「都市空間デザイン」という授業があります。「生活環境論U」では世界の住宅の歴史を学び、「都市空間デザイン」では、現代日本の住宅事情と住宅産業の国際比較を学んでいます。2019年9月19日〜9月26日には、住宅史に関する海外研修が実施し、参加した学生たちは、ロンドンとグラスゴーを訪問し、授業で学んだ世界の住宅の歴史やイギリスの住宅事情について調査を行いました。
 9月20日、ロンドンでは、「Model Projects」という建築デザイン会社を訪問し、最新技術であるBIMを用いた住宅設計の進め方について、事務所内を案内してもらいながら、スタッフ方に話を聞きました(写真1、写真2)。また、日本の現代インテリアデザインにも大きな影響を与えている「ウイリアムモリス」の「レッドハウス」を視察しました(写真3、写真4)。参加した学生は、初めてのロンドンであり、学生の時にしか経験できない海外での貴重な体験を通して、これからの彼らの進路にきっと役立ててくれることでしょう。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

写真1

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

写真2


画像(180x135)・拡大画像(640x480)

写真3

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

写真4


Posted   パーマリンク

19年09月26日(木)

観光専攻3年「大学生観光まちづくりコンテスト2019」で全国第2位 [現代社会学部]

 現代社会学部観光専攻3年の谷脇茂樹ゼミは9月24日、東京都で開催された「大学生観光まちづくりコンテスト2019」の訪日インバウンドステージ本選(成果発表会)に進出し、総得点第2位で優秀賞(JTB賞)と審査員特別賞(日本政府観光局賞)の2賞を受賞しました。
 この訪日インバウンドステージは、訪日外国人観光客が少ない潜在的な地域を対象に、誘客するターゲット国の分析、特性を踏まえた観光まちづくりプランの作成をテーマにしたもので、全国から64大学128チームが参加しました。今回の本選は、予備審査を通過した10チームで競われたものです。
 谷脇ゼミでは、南砺市を調査地域に、五箇山・井波・城端の地域住民と繰り広げる生活体験プランを提案し、その実現性が高く評価されました。ゼミ生からは、「特別賞に加え、まさかこんないい賞を取れるとは思わなかった」「自分たちの思いが伝わってよかった」「他大学のプレゼンに圧倒されたが、自分たちのプランを最後まで信じてよかった」などのコメントがありました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

プレゼンテーションの様子

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

日本政府観光局賞も受賞

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

第2位(優秀賞:JTB賞)を受賞


Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

10

2019


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PHOTO

第3回卒業研究発表会を開催 #74

第3回卒業研究発表会を開催 #74

第25回紅嶺祭(東黒牧キャンパス大学祭)を開催しました

第25回紅嶺祭(東黒牧キャンパス大学祭)を開催しました

高濃度CO2栽培に挑戦!ブロッコリーなど大きく育つ!

高濃度CO2栽培に挑戦!ブロッコリーなど大きく育つ!

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog

[東黒牧キャンパス] 〒930-1292 富山県富山市東黒牧65-1 TEL:076-483-8000 FAX:076-483-8008

[呉羽キャンパス] 〒930-0196 富山県富山市願海寺水口444 TEL:076-436-2570 FAX:076-436-1530

Copyright©2006-2012. Toyama University of International Studies. All rights reserved.