19年12月02日(月)

「生活環境論U」でインテリアコーディネート体験 [現代社会学部]

 現代社会学部の専門科目「生活環境論U」では、住環境に関する基礎知識を学習しています。11月25日は、実務で活躍しているインテリアコーディネートによるインテリアコーディネート実習が行われました(写真1)。仮想のクライアントを設定し、クライアントの好みのインテリアスタイルを1枚のプレゼンボード(写真2)を作成して説明するという実習です。想定したライフスタイルを表現するには、どんなソファ、ダイニングセット、カーテン、照明器具、床壁天井の素材を選べばいいかを考えて、クライアントにわかりやすく説明します(写真3)。このような実習を初めて経験する学生もいましたが、個性のある様々なインテリアコーディネートのプレゼンテーションができました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

写真1

画像(180x127)・拡大画像(640x452)

写真2

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

写真3


Posted   パーマリンク

19年11月28日(木)

東黒牧キャンパスのイルミネーション、今年も始まります!! [現代社会学部]

 恒例の東黒牧キャンパス・イルミネーションの準備が始まりました。学友会の皆さんや山崎さん、教職員が協力して長く寒い冬シーズン、少しでもキャンパスに彩りと華やぎが灯ればと只今準備中です。
 点灯式は12月12日(木)夕方を予定しています。お時間のある方は、是非ご覧ください!!

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

【手伝ってくれた学友会の皆さん。お忙しい中、有難うございます!!】

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

【トナカイの修復作業中のパブリー先生】

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

【いつもお世話になっています山崎さん。電気系統を担当いただき本当に助かります!!】


Posted   パーマリンク

「自己発見講座」による体験型授業を受講 [現代社会学部]

 11月26日(火)、教養演習Uの授業において、一般社団法人エン人材教育財団の足立美波氏より「自己発見!アクションプランを立てよう!」というテーマで講義が行われ、現代社会学部の2年生100名が受講しました。
 「社会を知ろう!」「自分を知ろう」「なりたい姿を描こう」という3つのステップで、自分自身や今後のキャリア・ビジョンについて周りの学生と対話、アウトプットする時間を持つことができました。学生たちにとって、AIの発展、IT化が進むことが予想される今後の社会においてどのような能力が求められるのか、そのような社会においてどのような未来を描きたいのか、そのために今何をする必要があるのかということを見つめ直す貴重な機会となりました。

画像(180x134)・拡大画像(578x433)
画像(180x134)・拡大画像(578x433)
画像(180x134)・拡大画像(578x433)

Posted   パーマリンク

日本銀行富山事務所長小川万里絵氏による特別講義実施 [現代社会学部]

 11月27日、現代社会学部の経営情報専攻では、日本銀行富山事務所長の小川万里絵氏をお招きし、「日本銀行の役割と最近の金融経済情勢」につき御講義いただきました。講義では日本銀行の役割、金融政策の内容とその判断材料としての金融経済情勢のみかた、日本、世界及び富山の経済状況など、最新のデータや現場ならではのエピソードを交えながらお話し頂きました。そして、日本銀行と金融市場、そして企業や個人の実体経済がいかに互いに影響を及ぼし合っているのか、経済状況を判断する上ではどのような要素が鍵となるのかなど、まさに生きた経済につき学ぶことが出来ました。日々変化する金融経済情勢に対する視点を養うことは、経営につき学ぶ上で必要とされるだけではなく、自分の将来を考える上でも重要なことであり、今回は貴重な学びの機会となりました。

画像(180x120)・拡大画像(567x378)
画像(180x119)・拡大画像(575x383)

画像(180x120)・拡大画像(564x376)
画像(180x120)・拡大画像(587x392)

Posted   パーマリンク

19年11月23日(土)

環境デザイン専攻卒業研究中間発表会実施 [現代社会学部]

 2019年11月22日、現代社会学部環境デザイン専攻では、2020年3月卒業予定者の卒業研究第2回中間発表会が行われました(写真1、写真2)。8月6日に行われた第1回目の中間発表会では、卒業研究の企画段階の報告でしたが、第2回目の発表では、これまでに進めた調査や実験結果に基づき発表を行い、最後のまとめの参考とするものでした。順調に進んでいる学生ばかりではなく、予定した調査がうまくいかなかったケースもあり、研究の難しさを実感したようでした。
 研究内容は、北陸や富山を研究対象としたものが多くあり、地域に根ざし、地域の役立つものが多くみられました(写真3)。先生や学生から多くの質問や意見が出て、とても活気のある発表会となりました。最後に高木学長から「研究について心構え」についてお話しいただき、学生諸君はとても参考になったようです。今後、2020年2月の最終発表を目指して学生の卒業論文の作成は大詰めとなっていきます。

画像(180x127)・拡大画像(640x452)

写真1

画像(180x127)・拡大画像(640x452)

写真2

画像(127x180)・拡大画像(452x640)

写真3


Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

12

2019


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

PHOTO

カナダへ留学する学生にアイペック奨学金授与される

カナダへ留学する学生にアイペック奨学金授与される

富山国際大学エクステンション・カレッジ特別講演を開催しました。

富山国際大学エクステンション・カレッジ特別講演を開催しました。

観光専攻3年谷脇ゼミ、地域活性化に取り組むD&DEPARTMENT TOYAMAを視察

観光専攻3年谷脇ゼミ、地域活性化に取り組むD&DEPARTMENT TOYAMAを視察

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog

[東黒牧キャンパス] 〒930-1292 富山県富山市東黒牧65-1 TEL:076-483-8000 FAX:076-483-8008

[呉羽キャンパス] 〒930-0196 富山県富山市願海寺水口444 TEL:076-436-2570 FAX:076-436-1530

Copyright©2006-2012. Toyama University of International Studies. All rights reserved.