20年01月27日(月)

施設実習I報告会を開催しました  43 [子ども育成学部]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

パワーポイントを使って報告

  2020(令和2)年1月22日(水)、保育士資格をめざす2年生50名が、昨年11月に実施した「施設実習T」(児童福祉施設及び障害者支援施設での10日間の実習)の報告会を行いました。
  報告会のねらいは、施設実習Tを振り返り、実習での学びを共有する(2年生)、「施設実習T」の内容を理解し、履修選択の参考にする(1年生)ことです。
  4クラス(1クラス6〜7施設)に分かれ、実習施設ごとに発表を行いました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

報告をする2年生

<学生の声>(2年生)
❏ 皆さんの経験を聞いて、自分が実習中に学んだことや様々な感情を改めて思い出しました。障害のある方と関わるときには、信頼関係を築くことが大切だと気付くことができたり、相手のことを知ろうとする姿勢、相手がこの人に自分のことを知ってほしいと思ってもらえる人になることが大切だと感じることができたりしました。自分が学んだ視点を大切に、その人が持つ強みを発揮、引き出すことができる関りをしていきたいと思いました。

❏ 他の施設の発表を聞いて、共感する部分があったり、新しく知ることがあったりと、とても学びの多い時間だったと思います。障害が重い方ほどコミュニケーションを会話ではできなかったので、支援者側から話しかけることが大切だと思いました。自分から壁を作って利用者さんとの距離をひらかないようにしなければならないと感じました。実習での利用者さんの姿を思い出して、会いたくなりました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

報告を熱心に聞く1年生

<学生の声>(1年生)
❏ 実習に行き、「障害者」としてではなく「一人の人間」として関わることや一人ひとりをよく理解することの大切さを学んだとお話しされ、先輩方のいろいろな思いを知ることができた。障害のある方とかかわるのは大変なことだけど、その分達成感を感じられた先輩方を見て、積極的にかかわることはとても大切だと感じました。

❏ 笑顔や態度など非言語の部分も大切だと感じました。話すことが難しい人でも、こちらからの心は伝わっていると思うので、理解しようとしていることが伝わるように行動するべきであると思いました。

ページのトップへ ページのトップへ

1

2020


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

PHOTO

デンマーク研修2018を開始

デンマーク研修2018を開始

経営情報専攻卒業研究発表会を実施しました

経営情報専攻卒業研究発表会を実施しました

TUINS English Camp 2016 を開催しました。

TUINS English Camp 2016 を開催しました。

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog

[東黒牧キャンパス] 〒930-1292 富山県富山市東黒牧65-1 TEL:076-483-8000 FAX:076-483-8008

[呉羽キャンパス] 〒930-0196 富山県富山市願海寺水口444 TEL:076-436-2570 FAX:076-436-1530

Copyright©2006-2012. Toyama University of International Studies. All rights reserved.