19年12月06日(金)

富山県こどもみらい館で子ども文化を学ぶ #37 [子ども育成学部]

  2019(令和元)年11月27日(水)、1年生の「子ども文化」の授業で、富山県こどもみらい館に行ってきました。
  この授業では、富山県の特色ある児童施設(大型児童館)富山県こどもみらい館での講義や様々な活動体験を通して、児童館の役割や児童文化財の生かし方について理解を深めることを目的としています。
  まず、藤田美貴雄 館長より富山県こどもみらい館の歴史や子どもたちの健全育成についてのレクチャーがあり、その後、色紙を使った「紙のプログラム」、館内での遊び体験を行いました。

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

みらい館に向かう

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

藤田館長から6種類の遊び方を学ぶ

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

紙のプログラムを受講

  学生97名は実際の活動を通して、子どもにとっての児童館や児童文化財の意味について学びました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

紙トンボがクルクル回る!

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

大型遊具を体感

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

プレイトンネルは狭さが魅力

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

屋上発見!鏡の前ではポーズをとりたくなる

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

俺だって負けない

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

コマは手の上で回すのが基本

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

コマを紐で回す難しさ

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

友達と「スス」!?


画像(180x135)・拡大画像(640x480)

今後の教育活動に活かしていきます!


学生の声
❑ 児童館は、子どもたちが家と学校以外で人間として成長していくために重要な場となっていることが分かった。
❑ 児童館は、子どもの興味を引き出し、探求心をかきたてる役割をもつ施設だと思った。              
❑ 児童文化財の中で子どもに是非経験して欲しいものは絵本です。情緒を安定させ、創造性を高め、文字との出会いもあり、想像力を後押しすることができるからです。
❑ 今日行った色紙は、「折る」「曲げる」「切る」「重ねる」「戻す」という様々な工夫ができ、友達や親など誰とでも楽しさを共有できる、昔からある大切な児童文化財だと思う。
❑ 独楽回しは重要な三間(時間、空間、仲間)がそろう遊びなので、子どもに経験してもらいたい。長時間集中することで回せるようになったり、友達や家族が集まる場で回すコツを教えてもらったりできるからだ。また、たくさんの種類があり、手作りすることもできるため、想像力も豊かになる、無限の可能性があると考える。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

藤田館長先生と一緒に

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

今日は久々に童心に返ったな


ページのトップへ ページのトップへ

12

2019


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

PHOTO

【初年次教育】中島学長「活力ある生活で、学び多き4年間を!」

【初年次教育】中島学長「活力ある生活で、学び多き4年間を!」

環境デザイン専攻学生 浄水場を見学

環境デザイン専攻学生 浄水場を見学

子ども育成学部第8回公開セミナーを開催しました  #36

子ども育成学部第8回公開セミナーを開催しました  #36

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog

[東黒牧キャンパス] 〒930-1292 富山県富山市東黒牧65-1 TEL:076-483-8000 FAX:076-483-8008

[呉羽キャンパス] 〒930-0196 富山県富山市願海寺水口444 TEL:076-436-2570 FAX:076-436-1530

Copyright©2006-2012. Toyama University of International Studies. All rights reserved.