19年10月03日(木)

住宅史海外研修(ロンドン・グラスゴー編)NO2 [現代社会学部]

 「2019年度住宅史海外研修」は、9月21日グラスゴーに移動しました。グラスゴーはスコットランドの中心的な大都市です。ロンドンで、「ウイリアムモリス」が活躍したころ、グラスゴーでは、「マッキントッシュ」という建築家がたくさんの建物を造りました。グラスゴーでは、マッキントッシュの作品を中心に視察しました。
 グラスゴー市街から北に、電車で1時間半ほどのところにある有名な「The Hill House」(写真1)を視察しました。ダイニングルームにおいて、これも有名なオリジナル「High back chair」を間近で見学できました(写真2)。また、マッキントッシュがデザインしたティールームで、アフタヌーンティーを経験しました(写真3)。その他、ルネッサンス様式で19世紀にたてられた市庁舎(写真4)、スコットランドゴシックの代表作である大聖堂(写真5)、歴史あるグラスゴー大学を視察しました(写真6)。
 9月23日再びロンドンに移動。24日は、研修の最終日です。ロンドンに本社があり、日本にも進出しているインテリア販売会社「コンランショップ」のロンドンショールームを視察しました。Creative DirectorのStephen Briarsさんの説明を受けました(写真7、写真8)。また、ショールームで働いているVMD (Visual Merchandising)担当者の働きぶりを直に見学しました(写真9)。学生にとっては、インテリア販売会社で働く多くの職種について知る初めての機会となりました。最終日は、ゴシック様式のウエストミンスター寺院(写真10)、ネオクラシズム様式のバッキンガム宮殿、ゴシックリバイバル様式のビックベンなど、いろいろな建築様式の建物を訪れ、建築のスタイルの理解を深めました。25日朝、6日間の短くも充実した研修を終え日本への帰路につきました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

写真1

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

写真2


画像(180x135)・拡大画像(640x480)

写真3

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

写真4


画像(180x135)・拡大画像(640x480)

写真5

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

写真6


画像(180x135)・拡大画像(640x480)

写真7

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

写真8


画像(180x135)・拡大画像(640x480)

写真9

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

写真10


ページのトップへ ページのトップへ

10

2019


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PHOTO

富山国際大学 サテライト市民講座始まる

富山国際大学 サテライト市民講座始まる

アカペラサークルの卒業ライブ  #70

アカペラサークルの卒業ライブ  #70

観光専攻3年北陸3県の生活文化をテーマに観光調査(3)−福井眼鏡発祥の企業を視察

観光専攻3年北陸3県の生活文化をテーマに観光調査(3)−福井眼鏡発祥の企業を視察

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog

[東黒牧キャンパス] 〒930-1292 富山県富山市東黒牧65-1 TEL:076-483-8000 FAX:076-483-8008

[呉羽キャンパス] 〒930-0196 富山県富山市願海寺水口444 TEL:076-436-2570 FAX:076-436-1530

Copyright©2006-2012. Toyama University of International Studies. All rights reserved.