19年08月21日(水)

観光専攻卒業研究のフィールドワーク進行中! [現代社会学部]

 観光専攻の卒業研究では、文献解読や資料分析ばかりに頼るのではなく、全員がフィールドワークを行うことを原則としています。フィールドワークといっても観察調査、アンケート調査、ヒアリング調査など手法はさまざまです。ここで、助重ゼミ4年生3人のフィールドワークをみてみましょう。
 写真1は立山室堂での調査です。研究テーマは「災害時における観光客の誘導体制とその課題」です。室堂や弥陀ヶ原一帯は「弥陀ヶ原火山」とよばれる活火山です。近年、地獄谷での火山ガス噴出量が増えているため、観光客や登山客が火山活動についてどの程度認識しているのかをアンケートにより把握し、観光客の防災に役立てようと考えています。多くのサンプルをとる必要があるため、写真2・3のように観光専攻2年生2人も手伝いました。
 写真4は朝日町での調査です。研究テーマは「富山県における地域スポーツの発展とその基盤」です。この日は朝日町ビーチボール協会に伺い、協会長から朝日町でビーチボールが誕生した経緯や普及過程、全国大会の運営、地域振興や観光との関わりなどについてヒアリングをしました。
 写真5は射水市新湊地区での調査です。研究テーマは「射水市新湊地区内川沿いにおけるリノベーション施設の増加と住民の反応」です。内川沿いでは空き家を活用したカフェやバー、ホテルなどが少しずつ増えています。この日の調査では、地域と連携して空き家のリノベーションを進めている会社の社長さんから、取り組みの現状や課題についてヒアリングした後、現況を観察しました。
 他の4年生も、夏休みを利用してフィールドワークを行い、収集したデータの分析を進めています。 後期に入ると、いよいよ4年間の学生生活の集大成である卒業論文の執筆に取りかかります。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

写真1

画像(120x180)・拡大画像(400x600)

写真2

画像(120x180)・拡大画像(400x600)

写真3


画像(180x135)・拡大画像(640x480)

写真4

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

写真5


ページのトップへ ページのトップへ

8

2019


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

PHOTO

イタイイタイ病「聞き書き」冊子を関係者に贈呈

イタイイタイ病「聞き書き」冊子を関係者に贈呈

金岡 祐一 理事長が「県民ふるさと大賞」を受賞しました!

金岡 祐一 理事長が「県民ふるさと大賞」を受賞しました!

観光専攻3年南砺市でフィールドワーク(3)−木彫りのまち・井並を調査

観光専攻3年南砺市でフィールドワーク(3)−木彫りのまち・井並を調査

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog

[東黒牧キャンパス] 〒930-1292 富山県富山市東黒牧65-1 TEL:076-483-8000 FAX:076-483-8008

[呉羽キャンパス] 〒930-0196 富山県富山市願海寺水口444 TEL:076-436-2570 FAX:076-436-1530

Copyright©2006-2012. Toyama University of International Studies. All rights reserved.