19年06月03日(月)

田植え体験活動に行ってきました  #6 [子ども育成学部]

画像(180x120)・拡大画像(612x408)

  2019(令和元)年5月17日(金)、射水市立新湊南部中学校の3年生74名の田植え体験活動があり、小中連携特別支援事業の一環として、辻井ゼミから14名の学生が参加しました。中学校横の学校田で、農業委員やJA、地域のボランティア、PTAなど8名の手ほどきを受けながら、中学生や大学生、教員の全員が、裸足になって一緒に、昔の農具「ころがし」を使って印を付け、「コシヒカリ」と「もち米」の苗を丁寧に手で植えました。中学生と大学生の和やかな交流ができました。
 農業委員から、大学生が参加するようになって、だんだん生徒達が元気に活動するようになったきたという言葉をいただき、今後の枝豆の種植えやサツマイモの苗植えにも、参加していきたいと思いました。

画像(180x120)・拡大画像(612x408)

<学生の感想>
❑ 私は、田植えをするのは今回が初めてでした。少しずつ中学生と打ち解けてきてわいわいと楽しく田植えができました。貴重な体験になりました。今回のボランティアはとても楽しかったです。

❑ 中学3年生は、想像以上に明るく活発で、友達や先生と協力しながら田植えを楽しんでいる姿が見られ、私も楽しく関わることができた。泥んこになりながら、みんなで行う田植えと昔の田植えの大変さを知れ、貴重な体験となった。また、先生方が明るく積極的に生徒と関わっている姿も印象的だった。、信頼関係の大切さを実感し、それが生徒にとって安心して活動できる場に繋がると思いました。積極的に生徒達に関わることは忘れず、来年も体験したいと思う。

画像(180x120)・拡大画像(612x408)

❑ 「いやだ。入りたくない。」と言っていた生徒が、田んぼに入ると「ぬるいー」「結構気持ちいい」に変わった。体験することを通して、様々なことに気付く姿を直接見ることができた。また、友達と助け合う声や励まし合う声、心配し合う声など様々な声が飛び交い、田植えを通して人との関わり合いや助け合いができることが分かった。11月には、文化活動発表会でお餅として販売されると教頭先生が言っておられ、すごく楽しみにしています。地域や農協、PTAの方など多様な世代との交流は、様々な人の協力で学習が成り立っていることを実感することができた。

❑ 田んぼの泥の感触が新感覚でした。泥は思ったよりも重く、歩きにくかったです。昔の人の田植えの苦労を感じました。新湊南部中の生徒達から、話しかけてくれることも多く、自然と話すことができました。素直で優しい生徒ばかりで、私が田んぼで足がつったときに、治し方を教えてくれました。田植えも、中学生と一緒に活動することに、私にとっては新鮮でとてもいい経験になりました。

画像(180x120)・拡大画像(612x408)

❑ 生徒や先生方の温かな雰囲気の中、お手伝いすることができ、とても楽しい時間でした。また、地域の方々の教えてもらいながら田植えをし、地域の中での関わりを感じることができました。今後、食べられるようになるまで、皆さんがお米と関わって行くのだろうと思います。今後の成長を楽しみにしています。

❑ 私は人生で初めて田植えを経験しました。裸足で泥の中に入る気持ちよさ、苗を真っ直ぐに植えていく作業の難しさ、みんなで協力し植え終わった時の達成感を感じました。「百聞は一見にしかず」と言われる通り、生徒の皆さんは五感を用いて体験し、田植えとはどのようなものかと学んでいました。また、田植えはコミュニケーションを高め、クラスの団結力を高めることに繋がっていると思いました。このことから、共に苗を植えること、声を掛けること、共に楽しんで田植えを行うことが教師の支援として大切なのだと分かりました。とても楽しかったし、よい経験となりました。本当にありがとうございました。

❑ 田植え体験に参加させていただきありがとうございました。私は、小学6年生以来の田植え体験で懐かしい気持ちになれました。そして、中学生と話すことができ、貴重な機会になりました。最初は、泥でいやがっていた生徒が、時間がたつにつれて泥になれ、足に泥を塗り合っているいる姿がとても印象的で、見ていて微笑ましいかったです。また、機会があれば参加したいです。


ページのトップへ ページのトップへ

6

2019


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

PHOTO

「保育実践演習」で学びを振り返る(4年生)#12

「保育実践演習」で学びを振り返る(4年生)#12

置県130年記念児童健全育成シンポジウムに参加しました

置県130年記念児童健全育成シンポジウムに参加しました

「夜間の交通事故クリア大作戦」講習を実施

「夜間の交通事故クリア大作戦」講習を実施

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog

[東黒牧キャンパス] 〒930-1292 富山県富山市東黒牧65-1 TEL:076-483-8000 FAX:076-483-8008

[呉羽キャンパス] 〒930-0196 富山県富山市願海寺水口444 TEL:076-436-2570 FAX:076-436-1530

Copyright©2006-2012. Toyama University of International Studies. All rights reserved.