19年04月18日(木)

2019年3月 韓国異文化研修II三都物語〜大邱編 [現代社会学部]

 慶尚北道および大邱市では、本学協定校である大邱大学校・大邱韓医大学校との地域課題解決基盤創造キャンプを通じて学生間の交流を深めることを目的とした研修を行いました。
 3月13日、慶尚北道、蔚珍(ウルチン)郡という海岸沿いの地域に行き、蔚珍郡議会、チャン・シウォン議長より「一日名誉議員」の委嘱を受け、大邱大学学生と農漁村開発振興についてのプレゼンと意見交換を行いました。本学学生からは富山県内の活動(海岸漂着ゴミ対策、魚津バイ飯PRを通じた観光活性化、道の駅カモンパーク新湊のお土産売り場改善の提案)についてパワーポイントを用いて発表しました。その後蔚珍郡内の海水浴場で、海岸清掃とごみを活用した造形物の作成に挑戦しました。
 3月14日は大邱韓医大学を訪問し、韓国伝統のお茶の作法や、漢方ハーブを使った匂い袋の作成、伝統楽器演奏を体験し、日本語の授業に参加しました。その後韓医大の学生と合流し、グループに分かれて市内散策や夕食、買い物を楽しみました。以下、参加学生の研修レポートの一部を紹介します。
 「大邱韓医大学では、日本語授業に参加し韓国の授業の受け方や私生活について翻訳アプリなどを活用しつつ様々な会話ができた。夜には、学生と一緒にご飯を食べに行き言葉の壁を越えて様々なお話ができた。」「夕食の時には多くの韓国語を教えてもらい、彼らが好きな日本のアニメの話をした。またカラオケでは日本の曲を歌ってくれた。お互いに相手の言語には不慣れだったが、その分相手の言いたいことを理解したい気持ちが強く、ジェスチャーなどをしながら話すことで意思疎通には不自由がなかった。」「韓国の学生と交流をしていて、とても印象的だったことがある。それは、初対面にもかかわらず、いろいろと世話を焼いてくれたことだ。日本ではあまりない光景だったので、情が深い韓国人ならではの優しさだと思った。短い時間ではあったものの、韓国の学生と親しくなれてよかったと思う。これからも連絡を取り合いたい。」
 学生たちは言葉の壁をものともせず、積極的に交流を楽しんだ様子がよくわかります。実質的には2日間の交流であったが、充実した大邱での研修でした。

画像(180x132)・拡大画像(490x361)

蔚珍郡議会にて「一日名誉議員」委嘱状を受取る(前列、右から3人目がチャン・シウォン蔚珍郡議会議長)

画像(180x101)・拡大画像(640x361)

富山県内の海岸漂着ゴミ対策について発表(蔚珍郡庁舎内)

画像(180x73)・拡大画像(640x260)

蔚珍郡内海水浴場にて清掃活動


画像(180x101)・拡大画像(552x312)

回収したごみを活用して作成した造形物

画像(180x101)・拡大画像(612x346)

韓国伝統のお茶の作法を習う(大邱韓医大学校内)

画像(180x101)・拡大画像(636x360)

伝統楽器演奏を体験(大邱市内伝統文化公演場)


ページのトップへ ページのトップへ

4

2019


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

PHOTO

とやま環境フェアに出展と協力

とやま環境フェアに出展と協力

平成29年度入学式が挙行されました。

平成29年度入学式が挙行されました。

2月の日商簿記検定で2名が2級に合格

2月の日商簿記検定で2名が2級に合格

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog

[東黒牧キャンパス] 〒930-1292 富山県富山市東黒牧65-1 TEL:076-483-8000 FAX:076-483-8008

[呉羽キャンパス] 〒930-0196 富山県富山市願海寺水口444 TEL:076-436-2570 FAX:076-436-1530

Copyright©2006-2012. Toyama University of International Studies. All rights reserved.