19年03月07日(木)

富山地学会学生研究発表大会を開催! [現代社会学部]

 2019年3月3日(日)、富山地学会2018年度学生研究発表大会が富山国際学園サテライト・オフィスで開催されました。この発表会は、大学・高校の地学・地理学教員等が会員となっている富山地学会が50年以上にわたって開催しているもので、2012年度からは本学が開催校となっています。
 今年度の発表会では、現代社会学部観光専攻助重ゼミから2件の発表がありました。各大学の発表者と発表題目は以下の通りです(太字は本学学生による発表)。

大西愛理・中川祥平・中島茉莉愛・幅口桃衣・林 力也・牧 杏花(富山国際大・現代社会・3年):伊勢神宮および周辺における観光の現況と課題
藤井アンディ和也(富山国際大・現代社会学部4年):観光地の持続に向けた環境保全の必要性 −山梨県忍野八海を事例として−
野口晴菜(富山大・人文・4年):観光ボランティアガイド組織における育成方法の簡略化 −富山県富山市を事例に−
渡邊大河(富山大・人文・4年):観光農園経営者の経営戦略を変容させる要因 −山梨県笛吹市一宮町を事例に−
赤坂彩佳(富山大・人間発達・4年):「道の駅」を核にした地域活性化の取り組みについて ―富山県を事例に―
戸田遼平(富山大・人間発達・4年):富山県高岡市における「産業観光」の特性
二ノ丸拓哉(富山大・人間発達・4年):地域交通におけるコミュニティサイクルの役割 ―富山市の事例―
松田涼香(富山大・人間発達・4年):日本近代における地域社会の変動と対応 ―八尾町とおわら風の盆―
藤原寛(富山大・院・理工・M2):白山火山群の形成史とマグマ進化

画像(180x119)・拡大画像(640x426)
画像(180x119)・拡大画像(640x426)

ページのトップへ ページのトップへ

3

2019


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

PHOTO

マルタ研修報告2

マルタ研修報告2

特許庁開催「東海・北陸 地域ブランド総選挙」において本学チームが決勝戦進出

特許庁開催「東海・北陸 地域ブランド総選挙」において本学チームが決勝戦進出

東黒牧ニュース「交通安全運動」

東黒牧ニュース「交通安全運動」

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog

[東黒牧キャンパス] 〒930-1292 富山県富山市東黒牧65-1 TEL:076-483-8000 FAX:076-483-8008

[呉羽キャンパス] 〒930-0196 富山県富山市願海寺水口444 TEL:076-436-2570 FAX:076-436-1530

Copyright©2006-2012. Toyama University of International Studies. All rights reserved.