19年01月15日(火)

2019 Global Collaboration Campを実施しました [国際交流センター]

 2019年1月10〜12日、韓国の協定校 大邱大学・大邱韓医大学の学生20名を東黒牧キャンパスに迎え、本学の学生10名が合流、2泊3日寝食を共にして両国共通の社会的課題の解決に取り組む 「Global Collaboration Camp」 を実施しました。同キャンプは2016年から実施してきたもので、2016年は富山、2017年、2018年は韓国(慶尚北道慶山市)で開催し、今回で4回目となります。
 今回は「Urban Regeneration Idea」、富山市中心市街地の活性化をテーマとし、日韓混合5チームが各々課題解決のアイディアを競いました。11日は株式会社まちづくりとやま様より中心市街地活性化事業を詳細にレクチャーいただき、その後1日かけてフィールドワークを行い、総曲輪通り、中央通商店街を歩き回りました。最終日は富山駅前の本学園サテライトオフィスにて、日本語・韓国語と英語を交えたコミュニケーションでメンバー全員が協力しまとめ上げた中心市街地活性化案をチームごとに発表しました。短時間フィールドワークにもかかわらず、富山市内で撮影した動画を有効に活用して外国人からみた富山の魅力と問題点を提示し、その解決策(空店舗対策、市内公共交通の利用促進策など)を具体的に提案しました。今回のキャンプを通し、共に一つの課題に取り組むことで言葉を越えた信頼関係を築くことが出来たのではないかと思います。
 これからも日韓の学生がコラボして両国の社会の課題解決策を考えるキャンプを継続し、実際的で社会貢献できる提案として採用されるよう完成度を高めていきたいと思います。
キャンプの実施にあたり、ご協力いただいた株式会社まちづくりとやま様及び大邱大学・大邱韓医大学のスタッフの皆様、真剣に取り組んでくれた学生の皆さん、そして最終日にかけつけてくれた前回キャンプ参加学生の皆さんに感謝申し上げます。

画像(180x135)・拡大画像(327x246)
画像(180x135)・拡大画像(327x246)

画像(180x135)・拡大画像(327x246)
画像(180x135)・拡大画像(328x246)

画像(180x135)・拡大画像(328x246)
画像(180x135)・拡大画像(328x246)

画像(180x135)・拡大画像(328x246)
画像(180x134)・拡大画像(330x246)

ページのトップへ ページのトップへ

1

2019


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PHOTO

福光空家リノベーション No.2

福光空家リノベーション No.2

観光専攻3年北陸3県の広域観光を研究(3)−福井のデザインを調査

観光専攻3年北陸3県の広域観光を研究(3)−福井のデザインを調査

東黒牧ニュース「ハトムギ種まきで地域交流」

東黒牧ニュース「ハトムギ種まきで地域交流」

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog

[東黒牧キャンパス] 〒930-1292 富山県富山市東黒牧65-1 TEL:076-483-8000 FAX:076-483-8008

[呉羽キャンパス] 〒930-0196 富山県富山市願海寺水口444 TEL:076-436-2570 FAX:076-436-1530

Copyright©2006-2012. Toyama University of International Studies. All rights reserved.