18年10月31日(水)

富山県こどもみらい館で児童文化に触れる  #47 [子ども育成学部]

 2018(平成30)年10月24日(水)、1年生全員が授業「子ども文化」で、富山県こどもみらい館に行ってきました。
 この授業は、子どもにとっての児童館の役割を学び、児童文化や子ども文化についての知識と経験を得ることを目的としています。
 まず、館長の藤田美貴雄先生(本学非常勤講師)の講義を聞き、紙のプログラムで折り紙の様々な遊び方を学んだり、実際に館内で遊んだりしました。
 大人が子どものためにと育んできた文化、子どもが自ら生み出した文化、いずれも意味のあることに気づき、学外活動や将来の職場で生かしていってほしいと思います。

【学生の声】
❑ 児童館は子どもの健全な育成を図るために、良好な遊び場と機会を提供していることがわかった。
❑ こどもみらい館は、仙田満氏の「環境構造理論」に基づいていることが分かった。また、毎月新しいプログラムを考えているので、子どもの発達の良い手助けになると感じた。
❑ 紙トンボや紙ヒコウキ、筒形のヒコウキは、どう飛ばせば遠くまでいくのかを考えたり、手首のスナップの利かせ方を身に付けたりする力が育つと思った。
❑ プレイカプセルゲームは年長児から高学年の児童によいと思った。遊び方を考える探求心や発想力、恐怖に挑戦する力を育めると思う。

画像(180x120)・拡大画像(407x273)

藤田館長の指導で紙の遊び

画像(180x120)・拡大画像(465x312)

真剣に、また楽しく


画像(180x120)・拡大画像(581x389)

通称「ヘコヘコ」命を吹き込む

画像(180x120)・拡大画像(523x351)

教材談義


画像(180x135)・拡大画像(389x292)

紙ヒコーキ「せーのっ!」

画像(180x135)・拡大画像(312x234)

藤田館長を囲んで


画像(180x135)・拡大画像(389x292)

館内探検

画像(180x135)・拡大画像(389x292)

プレイカプセル体験


画像(180x135)・拡大画像(389x292)

壁をつたって

画像(180x135)・拡大画像(389x292)

懐かしいサッカーゲーム


画像(180x135)・拡大画像(370x278)

CDのコマで競争

画像(180x135)・拡大画像(389x292)

ドイツ製カプラで構成遊び


ページのトップへ ページのトップへ

10

2018


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

PHOTO

LINE@新アカウントが開通されました!

LINE@新アカウントが開通されました!

にながわ保育園園児のみんなが、大学構内で「森の探検」を行いました

にながわ保育園園児のみんなが、大学構内で「森の探検」を行いました

富山県寄附講座 環境デザイン特別講義 を実施いたしました

富山県寄附講座 環境デザイン特別講義 を実施いたしました

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog

[東黒牧キャンパス] 〒930-1292 富山県富山市東黒牧65-1 TEL:076-483-8000 FAX:076-483-8008

[呉羽キャンパス] 〒930-0196 富山県富山市願海寺水口444 TEL:076-436-2570 FAX:076-436-1530

Copyright©2006-2012. Toyama University of International Studies. All rights reserved.