18年09月07日(金)

デンマーク研修2018(その3) [現代社会学部]

 本日(9月6日)は、ウアンホイ小学校への訪問でスタートしました。小学校で英語をマスターし、精神的に大人にならなければ中学を卒業できないデンマークの教育を現場体験することが目的です。今日は2-3年生と6年生の授業を見学し、6年生のクラスでは学生が準備した日本の遊びを紹介し小学生と英語で交流しました。
 引き続き午前のプログラムとして廃棄物発電所を見学、地域の廃棄物と麦わら、木質チップ、バイオガスを用いた発電および熱供給の仕組みを学びました。
 午後にはデンマークエネルギー政策の要とも言えるバイオガスプラントを見学しました。ここでは近隣の25世帯の農家から出される家畜の糞尿と農業残渣を用いて、発酵によってメタンガスを生成するプラントを見学しました。デンマークでは現在、家畜の糞尿や農業残渣、生ごみなどのバイオ廃棄物の約20%が有効利用されており、今後利用は拡大する見込みであることを学生とともに学びました。
 このようにデンマークではバイオ廃棄物の利用技術が積極的に開発されていることを学び、さらになぜ日本ではそのような技術開発が促進されないかについて学生と共に考える機会となりました。(文責:上坂)

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

ウアンホイ小学校の前で。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

小学生に竹トンボを紹介

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

けん玉はかなり難しい様子

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

折り紙を使ってのトントン相撲

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

廃棄物発電所の内部を見学

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

麦ワラ貯蔵庫の前での解説

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

バイオガスプラントの外観

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

家畜の糞尿を搬入するローリー

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

修理技術者へのヒアリング

ページのトップへ ページのトップへ

9

2018


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

PHOTO

富山県こどもみらい館で遊び体験!(1年生)  #37

富山県こどもみらい館で遊び体験!(1年生)  #37

埼玉県・開智小学校の児童が来校し、学生と交流  #29

埼玉県・開智小学校の児童が来校し、学生と交流  #29

富山国際大学 高橋敬市氏の特別講演会を開催いたしました。

富山国際大学 高橋敬市氏の特別講演会を開催いたしました。

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog

[東黒牧キャンパス] 〒930-1292 富山県富山市東黒牧65-1 TEL:076-483-8000 FAX:076-483-8008

[呉羽キャンパス] 〒930-0196 富山県富山市願海寺水口444 TEL:076-436-2570 FAX:076-436-1530

Copyright©2006-2012. Toyama University of International Studies. All rights reserved.