18年01月18日(木)

留学帰国報告 今田彩花 (現代社会学部) [国際交流センター]

12月24日に韓国から日本に帰国しました。帰国時は少し天候が悪く、1時間ほど遅れましたが、無事到着しました。そして、約4カ月間の留学生活が終了しました。留学は本当に良い経験になりました。最初の頃は日本語が伝わらないのでコミュニケーションをとることが難しく大変なことも多かったですが、韓国に来た時よりも話せるようになり、韓国の生活や文化にも触れることができ、観光も多くできたので、とても濃く、思い出に残る4カ月間になりました。

画像(180x135)・拡大画像(320x240)

12月の韓国はとても寒いです。昼過ぎでも−5℃、夜には−10℃まで下がるほどの時もありました。雪も何日か降り、厚着をしないと手や顔が痛くなるときもありました。韓国ではオンドルという床暖房のようなものがあり、部屋の中は過ごしやすかったです。クリスマスのイルミネーションを見に行ったり、留学している子たちとクリスマスパーティーをしました。また、韓国の方とご飯に行ったり、日本語学科の授業に出て、日本語の意味を教えたり、逆に教えてもらったりもしました。日本語を学んでいる韓国の方と一緒に教え合うのはお互いの勉強にもなり、とても良いと感じました。
 4カ月も海外に住むとだいぶ慣れるため、一人でもいろいろ行けるようになりました。時々、道を聞かれたときがあり、初めは戸惑いますが答えられたときには上達したかなと嬉しくなります。

画像(180x135)・拡大画像(320x240)

海外生活も、寮での生活も初めてで、国はもちろん環境や文化、言葉も違う中、最初は不安なことが多く、買い物をするのも手間取ったり、地下鉄も迷ったりとハプニングが何回かありました。その都度、周りの人達に支えられ、最後まで頑張ることができました。韓国の友達とも何回か遊びに行き、韓国語を使い会話をする機会も増え、とても嬉しかったです。留学はなかなか経験できることでもなく、勇気もいります。しかし、留学することを決めて最後まで諦めずに過ごすことができて良かったです。なによりも韓国語が上達できたと感じられることがとても嬉しかったです。
 私が韓国の留学生活の中で印象に残っていることは語学堂です。台湾やミャンマー、カンボジアといった様々な国の人と関わることもでき、とても良いクラスだったため楽しく勉強ができました。また、チームに分かれ、出されたミッションをクリアしていくというバラエティ番組をモチーフにして文化授業を行ったりもしました。先生も優しく、分かり易く教えてくださったためしっかり学ぶことができ、賞ももらうことができたのでとても印象に残っています。また、私が韓国語を勉強したいと思うようになったきっかけがk-popだったので好きなアイドルに会えた時には嬉しく、もっと韓国語を理解できるようになりたいという気持ちにもなりました。
日本に帰国しましたが、これからも韓国語の勉強を頑張り、もっと話せるようになりたいので、検定も積極的に受けていきます。

ページのトップへ ページのトップへ

1

2018


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

PHOTO

4年生が卒業研究論文を提出しました

4年生が卒業研究論文を提出しました

「平成27年度入学前オリエンテーション」を開催しました #61

「平成27年度入学前オリエンテーション」を開催しました #61

日本繊維機械学会北陸支部定期年会を開催しました

日本繊維機械学会北陸支部定期年会を開催しました

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog

[東黒牧キャンパス] 〒930-1292 富山県富山市東黒牧65-1 TEL:076-483-8000 FAX:076-483-8008

[呉羽キャンパス] 〒930-0196 富山県富山市願海寺水口444 TEL:076-436-2570 FAX:076-436-1530

Copyright©2006-2012. Toyama University of International Studies. All rights reserved.