17年12月27日(水)

子ども育成学部の入学前オリエンテーションを実施しました。  #29 [子ども育成学部]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 2017(平成29)年12月27日(水)10:00〜12:00に、子ども育成学部において入学前オリエンテーションを実施いたしました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

  推薦入試合格者及び3年次編入学合格者に対して、入学後の学生生活に円滑に移行できるように、子ども育成学部の教育理念や目標、入学までの学習準備や学生生活に必要な心構えを説明して、グループディスカッション等を通して入学予定者との交流を行い、本学への入学の理解を深めることを趣旨として、実施いたしました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

  まず、辻井学部長より学部の教育理念・目標等の説明がありました。その後、推薦入試合格者はグループごとにアイスブレイクと自己紹介をし、あらかじめ準備してきた課題を提出しつつ、来年4月の入学に備えて共通テーマについてグループディスカッションを行いました。3年次編入学合格者は、編入後の科目履修の方法等について相談をしました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

  最後に、グループごとのディスカッションの内容について、グループごとに思い思いのかたちで全体報告をし合うことによって、大学への入学に備えた心構えを固め準備をする交流を行いました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

【参加者の感想】
❑ 最初はうまく話ができるか不安だったけど、だんだん緊張がほぐれていきました。みんなの話は自分の考えとは違っていたり、同じだったりしておもしろかったです。はやく大学生活を送りたいと思いました。楽しみです。
❑ 学部長のお話し、資料をもとに入学してからの過ごし方、また入学前の過ごし方を特に意識したいと思いました。残り少ない高校生活も目標をもって過ごしたいです。
❑ 私が入学前にすべきことが明確になりました。まずは基礎学力をつけるために、入学前までにおさらいするべきだと分かりました。
❑ 合格してこれから一緒に学んでいくみんなと卒業前に集まって活動を行うことで、緊張もほどけたし、自分以外の人達が思っている教育と福祉に関することを聞くことができたので、今後の参考になりました。
❑ 今日、グループで「教育と福祉のために今の私ができること」について話し合い、一人ひとり考えが違い、多くの意見が出て、おもしろいと思いました。現代のSNSによるネットいじめや少子高齢化などの問題についての課題や大学ですべきことなど、目標が分かり、良い機会になりました。また今日、グループの人と関わり、優しい方ばかりで、楽しい時間を過ごすことができました。
❑ 最初は不安や緊張があったのですが、グループの仲間たちの雰囲気はとても良く、先生も優しく、安心して、自信を持って自分の意見を述べることが出来ました。今まで以上に、高校で習ったことや子ども学について勉強していきます。
❑ 友達ができるか不安でしたが、今回の入学前オリエンテーションで同じ班の人と話すことができたので良かったです。私は失敗を恐れて新しいことにチャレンジする勇気があまりなかったのですが、今日、学部長が「失敗してもいいんです」とおっしゃっているのを聞いて、これからは多くのことにチャレンジし、失敗をして成長していこうと思いました。富山国際大学に入学するのが楽しみです。

ページのトップへ ページのトップへ

12

2017


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

PHOTO

第16回富山県障害者スポーツ大会に運営補助員として参加しました  #8

第16回富山県障害者スポーツ大会に運営補助員として参加しました  #8

観光実習成果報告会を実施しました。

観光実習成果報告会を実施しました。

地(知)の拠点 推進事業ニュース第4号を発行しました。

地(知)の拠点 推進事業ニュース第4号を発行しました。

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog

[東黒牧キャンパス] 〒930-1292 富山県富山市東黒牧65-1 TEL:076-483-8000 FAX:076-483-8008

[呉羽キャンパス] 〒930-0196 富山県富山市願海寺水口444 TEL:076-436-2570 FAX:076-436-1530

Copyright©2006-2012. Toyama University of International Studies. All rights reserved.