17年01月23日(月)

介護等体験発表会を開催  #46 [子ども育成学部]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

  2017(平成29)年1月13日(金)、介護等体験発表会が行われました。介護等体験は、特別支援学校(2日)と社会福祉施設等(5日)で併せて7日間の体験するものです。今年度から3年次に介護等体験が移ったため2名が体験を行いました。この2名の発表を聞くため、小学校免許の取得を目指す2年生67名が発表会に参加しました。
  特別支援学校や社会福祉施設等で、実際に介護や介助を体験した先輩から、相手に合わせて声掛けの回数や声量、トーンを変えて話すこと、非言語的コミュニケーションの大切さに気付いたことなど体験をもとに具体的に紹介がありました。職員の方々の姿から人との関わり方や相手を思いやる気持ちの大切さに気付いたなど深い体験をもとにした発表は心に響くものでした。貴重な体験を聞く2年生の姿にも緊張感を感じました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

  障害者、高齢者等に対する介護や介助、交流といったことの重要性を認識し、子どもに関わる者として、教育者として一回り大きく成長してくれるものと思います。

<2年生の感想>
❑ 介護等体験という言葉から「実習」と「体験」は何が違うのだろうと思いましたが、2人の先輩の話をお聞きして、介護等の現場を体験することで、より深く人との関わり方や相手を思いやる気持ちを学ぶことができることが分かりました。これは教師として必要なことだと思いました。
❑ 学校とは違い、専門の知識が必要であり、なおかつ寄り添うという姿勢の大切さに気付かされた。また、会話することの大切さについても考えさせられた。これから授業の中でも会話のスキルが身に付くように学んでいきたい。

ページのトップへ ページのトップへ

1

2017


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

PHOTO

令和元年度富山国際大学エクステンション・カレッジ特別講演を開催いたしました。

令和元年度富山国際大学エクステンション・カレッジ特別講演を開催いたしました。

観光専攻3年北陸3県の広域観光を研究(1)−富山のデザインを調査

観光専攻3年北陸3県の広域観光を研究(1)−富山のデザインを調査

第59回中日本レガッタにて優勝しました。

第59回中日本レガッタにて優勝しました。

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog

[東黒牧キャンパス] 〒930-1292 富山県富山市東黒牧65-1 TEL:076-483-8000 FAX:076-483-8008

[呉羽キャンパス] 〒930-0196 富山県富山市願海寺水口444 TEL:076-436-2570 FAX:076-436-1530

Copyright©2006-2012. Toyama University of International Studies. All rights reserved.