16年05月11日(水)

【初年次教育】「リテラシーガイダンス」を行いました。  #7 [子ども育成学部]

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

大平先生「統計学の初歩」

  2016(平成28)年5月11日(水)の教養演習の授業で、1年生を対象に「リテラシーガイダンス」を行いました。1年生89名が一堂に集まり、これから学業に加えて、研究活動に取り組む準備として、研究活動に必要な知識と倫理を身に付けるための講義を受講しました。
  まず初めに、大平先生に「統計学の初歩」と題して、収集した数値を意味のあるデータにするための統計の基本を、身近な例を多く交えて分かりやすく教えていただきました。


画像(180x135)・拡大画像(500x375)

村上先生「研究の倫理的問題」

  次に、村上先生に近年の研究に関する諸問題を紹介される中で、正当な研究を進める上での倫理的問題、正しい方法について厳密に説明していただきました。

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

大藪先生「建学の精神に根ざした教養とは」

  最後には、大藪先生から、富山国際大学の建学の精神や、地域の歴史をたどりながら、「教養」というもののとらえ方について、熱く語っていただきました。
  どの講義も、真剣に聞き入る学生たちの視線からは、これから始まる研究活動への高い関心と、真摯な態度が伝わってきました。多くの学生が「自分でもっと調べたくなった」と書いており、これからの学生生活で、今回学んだ正しい知識が生かされ、有意義な研究活動が展開されることが期待されます。


【学生の感想】
□ 統計学の初歩では、高校までに学習した数学が基本となっていることが理解できました。また、研究を進める上で決められているルールを理解し、守り、これから始まるゼミ活動に生かしていきたいと思いました。
□ 高校でデータの勉強をしたことが統計学につながっていることが分かりました。これから様々な場面でデータを扱うようになってくるので、情報を正しく、的確に把握し発信できるようになりたいです。
□ 建学の精神と基本理念の話では、富山国際大学の歴史のみならず、背景にある富山・射水の歴史に焦点を充てて話していただき、「教養」という言葉を日本で初めて掲げた南原先生とこの大学とのつながりの深さを感じ、自分でも調べてみたいと感じました。

ページのトップへ ページのトップへ

5

2016


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

PHOTO

保護者向け「一般企業対象就職説明会及び懇談会」を開催しました

保護者向け「一般企業対象就職説明会及び懇談会」を開催しました

子ども育成学部の「学生・教職員懇談会」を行いました  #13

子ども育成学部の「学生・教職員懇談会」を行いました  #13

歌や会話で日中の文化を学びあう!

歌や会話で日中の文化を学びあう!

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog

[東黒牧キャンパス] 〒930-1292 富山県富山市東黒牧65-1 TEL:076-483-8000 FAX:076-483-8008

[呉羽キャンパス] 〒930-0196 富山県富山市願海寺水口444 TEL:076-436-2570 FAX:076-436-1530

Copyright©2006-2012. Toyama University of International Studies. All rights reserved.