16年01月28日(木)

平成27年度富山に学ぶインターンシップの報告会を行いました #59 [子ども育成学部]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

幼稚園での実践報告

  2016(平成28)年1月27日(水)、小学校教諭をめざす4年生13名、保育士をめざす3・4年生7名が、6月から12月にかけて小学校や保育所、幼稚園等で行った「富山に学ぶインターンシップ」の報告会を行いました。報告会は、3つのグループに分かれ、各グループ6〜7名が発表しました。
  「富山に学ぶインターンシップ」は、「事前指導」・「就業体験(実習・研修)」・「訪問指導」・「事後指導」で成り立っており、「就業体験(80時間以上)」は、自己開拓を原則とし、学校、施設、事業所等、卒業後の進路を見据えながら、興味・関心のある場所を選定することになっています。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

楽しい雰囲気で質問に答えています

<報告者の感想>
❏ 実習とは異なり、それぞれインターンシップ内容が違い、多種多様で、勉強になりました。明確なテーマや課題をもって臨むことが充実したインターンシップへと繋がると思いました。
❏ 現場で学んだことは何よりも大きな学びにつながると思いました。考えるだけでなく、実践することが経験として生かされると思いました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

笑顔がこぼれます

<学生の感想>(3年生)
❏ インターンシップに取り組むことで、現場から学ぶことの大切さを知ることができると分かりました。教育実習で学びきれなかったことをインターンシップを通して学んでみたいと思いました。
❏ 目標をもって、仕事現場でしか経験できないことを、自分なりの角度から見てみることが大切だとわかった。
❏ インターンシップでしか体験できないことがあると分かりました。とても楽しみになりました。
❏ 保育分野で学んだことも、小学校の中で活かすことができるということを改めて感じた。インターンシップについて理解していなかったが、報告会を参加して。来年、目標をもって挑戦したいと思いました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

会場の様子

<学生の感想>(2年生)
❏ インターンシップの仕組みがよく分からなかったので、新しい学びになりました。私は、幼保がメインなので、幼保の分を聞けばいいかなと思っていましたが、小学校の分もきくことでその内容の違いも聞くことができ面白く思いました。
❏ 実習とは違ったインターンシップについて知ることで、子どもと関わる機会を増やすためにもインターンシップに行ってみようかなと思いました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

熱心に質問する学生

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

来年度のインターンシップに向けて

ページのトップへ ページのトップへ

1

2016


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

PHOTO

富山国際大学 サテライト市民講座始まる

富山国際大学 サテライト市民講座始まる

教養演習「ゼミ別活動合同発表会」を開催しました!  #22

教養演習「ゼミ別活動合同発表会」を開催しました!  #22

特許庁開催「東海・北陸 地域ブランド総選挙」において本学チームが決勝戦進出

特許庁開催「東海・北陸 地域ブランド総選挙」において本学チームが決勝戦進出

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog

[東黒牧キャンパス] 〒930-1292 富山県富山市東黒牧65-1 TEL:076-483-8000 FAX:076-483-8008

[呉羽キャンパス] 〒930-0196 富山県富山市願海寺水口444 TEL:076-436-2570 FAX:076-436-1530

Copyright©2006-2012. Toyama University of International Studies. All rights reserved.